CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
イスラム世界との結びつきを通じて、多様性を許容する社会の構築についてともに考えるサイトです。

« パキスタンに接近を図るイラン | Main | カタールとアラブ封鎖4か国との関係修復のアル・ウラー宣言 »

検索
検索語句
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中東イスラム世界社会統合研究会さんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/meis/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/meis/index2_0.xml
3年半ぶりのアラブ4か国によるカタール封鎖解除の見通し[2021年01月05日(Tue)]
1月4日、湾岸諸国内の関係修復の調整にあたってきたクウェートのアフマド・ナーセル・アル・ムハンマド・アル・サバーハ外相は、サウジアラビアは、2017年6月以来3年半にわたって閉鎖されていたカタールとの国境を開放し、領空と海の国境を再開する予定であると発表した。この画期的な発表は、湾岸協力理事会首脳会議(GCC)の前夜に行われ、サウジとその同盟国がカタールにボイコットを課す原因となった政治紛争の問題解決に向けての途を開くこととなった。サウジアラビア、UAE(アラブ首長国連邦)、バーレーン、エジプトのアラブ4か国は、2017年6月5日にカタールが「テロ」を支援しているとの理由で、カタールと外交関係を断絶し、陸海空の封鎖を行った。この結果、カタール航空は、アラビア半島の上空のほとんどを飛行することができず、カタールと近隣諸国の人の往来も遮断されることになった。アラブ4か国は、カタールに対して、封鎖を解除し、関係を正常化する前提として、トルコ軍の撤収やイランとの関係格下げ、アルジャジーラ等のカタール系メディアの閉鎖を含む13項目の要求を突き付けていたが、カタールはそのいずれにも応じていなかった。
サウジのサルマン国王は、1月5日からサウジ国内で開催されるGCCサミット開催に際して、カタールのタミーム首長に招待を発し、タミーム首長は招待に応じ、サミットに出席するとみられている。GCC諸国内の関係修復を祝う形で、トランプ政権を代表して、クシュナー大統領上級顧問が出席する予定。
(コメント)2017年6月のアラブ4か国によるカタール断交・封鎖は寝耳に水という措置であった。同年6月4日にジュベイル外相がカイロを訪問し、シュクリ外相と会談したにもかかわらず、カタール断交・封鎖についてはひとことも発言はなかった。同5日断交・封鎖が間違いなく実施されるとの最後の念押しのための訪問であったことは間違いない。4か国は、陸海空の封鎖で早晩カタールは干上がってしまい、13項目の要求に応じるか、カタール内部でのタミーム指導体制が崩壊することを想定していた可能性がある。しかし、ムスリム同胞団に対しては同情的で、かつ、エジプトやUAEとは関係が冷却しているトルコが、間髪をいれずに軍隊をカタールに派遣したこと、カタールを陸の孤島にしないため、トルコとイランがカタールを往来する民間航空機の領空通過を認め、サウジやUAE領空から排除されたカタール航空の運航を歓迎したこと、食料品や医薬品等の緊急供給にも応じ、カタール国内住民のパニックが起きないようサポートしたことが心理的・物理的に効果が大きかった。また、米国トランプ大統領とクシュナー上級顧問を含む側近は、トランプ大統領が直前の2017年5月下旬にサウジを訪問し、直後にタミーム首長に関するフェーク報道が流れたことから、少なくともクシュナー顧問はサウジ、UAE等の封鎖措置実施を事前に聞かされていた可能性が強く、反対はしなかったとみられるが、他方で、カタールには、中東・中央アジアを管轄する米中央軍の前線基地であるウデイド空軍基地が存在しており、また、当時はカタールともかつてビジネス関係を有していたエクソン・モビル出身のティラーソンが国務長官であったため、カタールにアラブ4か国の要求をのませる方向で動くことはなかった。結果として、アラブ4か国の動きは、カタールを屈服させることにはならず、逆に、カタールを、サウジと対立するイラン側に押しやり、また、UAE・エジプトと対立するトルコとの関係強化に向かわせることとなった。
●5日の首脳会議では、GCC3か国とエジプトの指導者が一堂に会し、カタールへの封鎖を終了させ、一方、カタールは封鎖によって被ったカタール航空の50億ドルの損害補償訴訟を取り下げる協定に調印するとみられている。
●表面的には、関係修復の途を歩み始めるアラブ4か国とカタールであるが、カタールがトルコにトルコ軍の帰国を求めたり、イランとの関係格下げを実施したり、アルジャジーラの閉鎖を実行したりすることは想定されていない。カタールのテロ支援を最大の理由として、断交・封鎖に参加したエジプトは、カタールが庇護しているムスリム同胞団に強い影響力を有するとされるユースフ・カラダーウィ師の娘とその夫を拘束したままであり、解放が近いとはみられていない。UAE、エジプトは、リビアでハフタル将軍側を支援してきており、トルコとカタールがシラージュ暫定政権側を支援してきたことに反発している。すなわち、カタールとアラブ4か国が当面温かい関係に戻ることは想定されない。
https://www.middleeasteye.net/news/saudi-arabia-qatar-end-blockade
https://www.aljazeera.com/news/2021/1/4/saudi-to-lift-qatar-blockade-live-news

4か国によるカタール封鎖のこれまでの経緯については、次のサイトを参照願います。
http://meis.or.jp/products/gulfstat/QatarBlockadeFourYears.php

Posted by 八木 at 12:07 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/meis/archive/452

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント