CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
イスラム世界との結びつきを通じて、多様性を許容する社会の構築についてともに考えるサイトです。

« イスラエルとの正常化の列車を待つアラブ4か国 | Main | イスラエル商業機アブダビに初飛来 »

検索
検索語句
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中東イスラム世界社会統合研究会さんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/meis/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/meis/index2_0.xml
本年のイスラム暦1月10日のアシューラ(8月29日)[2020年08月31日(Mon)]
イスラム暦の最初の月であるムハッラムの10日目にあたるアシューラは、すべてのイスラム教徒によって特別の日と記憶されている。
それは、ノアが箱舟を離れた日とモーセが神によってエジプトのファラオから救われた日と一致する。預言者ムハンマドは、マディーナでアシューラの断食を行い、それが初期のイスラム教徒にとって共通の習慣になった。今年のアシューラは、8月29日に実施された。
しかし、シーア派にとっては、西暦680年のカルバラの戦いで亡くなった預言者ムハンマドの孫であるフサイン・イブン・アリーの殉教を記念する重要な宗教行事でもある。それ以来毎年、多くのシーア派がアシューラを、イマーム・アルフサインの霊廟に巡礼を行っている。
スンニー派イスラム教徒は、自発的な断食を通してその日を祝う。
今年、コロナウイルスのパンデミックが激しさを増しているため、イラン政府と保健当局は厳格な健康ガイドラインでアシューラを祝うよう人々に警告した。8月初めにイランのサイード・ナマキー保健大臣への書簡で、イラン精神医学会は、ムハッラムのアシューラの集会、特に共同の追悼式典の完全な禁止を要請した。レバノンのヒズボラ・リーダーであるナスラッラー師は、信者に公共のアシューラ集会を一時停止するように求めた。その結果、シーア派教徒は、社会的距離を保つ形で、アシューラの行を行った。
(参考1)ムハンマドの断食開始
イブンアッバースは、次のように述べている。「預言者がマディーナにやって来て、ユダヤ人がアシューラの日に断食しているのを目撃した。 これは何か」と彼は尋ねた。 ユダヤ人らは言った、「これは正しい日であり、アッラーがイスラエルの民を敵から救った日であり、それでモーセはこの日断食した。 彼らは、私たちにはあなた(預言者)よりもモーセの権利がある、と言ったので、彼(預言者)はその日断食し、ムスリムにその日に断食するように命じた。」 [ブハーリ]
(参考2)カルバラの悲劇
•フサインが率いていたのは、女性・子どもを含め、わずか数十名であった。それを4000名のウマイヤ軍が包囲した。戦闘になる前の3日間、水の補給が断たれ、全員がのどの渇きに苦しんだ。戦闘当日、フサインがのどの渇きに苦しむ赤子を抱け上げた時、飛んできた矢が赤子を刺殺した。戦闘は、イスラム暦1月10日の朝から始まり、日没の少し前に終わった。ウマイヤ軍は、最後にフサインを殺害し、首を切り取り、遺体を放置したまま、女性・子どもを捕虜にした。ウマイヤ軍が槍の穂先に掲げた首級は全部で72あったとされる。
•捕虜になったフサインの妹は、「預言者ムハンマドの死後、わずか50年にして、彼の最愛の孫が、ムスリムによって惨殺されるとは」と嘆いたとされる。
•宗教的な理念としてのシーア派は、カルバラーの事件を境に誕生したといっても差し支えない。フサインの死を防げなかったクーファの支持者たちは、自分たちの無力さを嘆き、沈黙していた卑怯さを自ら責めた。その慚愧の念が、シーア派的信条の基礎を構築する。クーファの民は、自ら「悔悟する者たち(タウワーブーン)」と名乗り、宣教を開始した。その内容がやがて、シーア派信条として確立していく。
https://www.aljazeera.com/news/middleeast/2020/08/ashoura-day-muslims-fast-mourn-muharram-200825143119399.html
(本年のアシューラの行事の写真)https://www.middleeasteye.net/news/coronavirus-ashura-shia-worshippers-amidst-pandemic

Posted by 八木 at 15:31 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/meis/archive/432

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント