CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
イスラム世界との結びつきを通じて、多様性を許容する社会の構築についてともに考えるサイトです。

« リビアで、シリア人同士が暫定政権側、ハフタル将軍側に分かれて戦う背景 | Main | モディ首相出席のイスラム教モスク跡地でのヒンドゥー教寺院起工式 »

検索
検索語句
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中東イスラム世界社会統合研究会さんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/meis/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/meis/index2_0.xml
ベイルートの港付近での大規模爆発[2020年08月05日(Wed)]
1.レバノン当局は、首都ベイルートの港での大規模な爆発で少なくとも73人が死亡し、約3,700人が負傷したと語った。
8月4日の爆発は都市全体に衝撃波を送り、首都の郊外でさえ広範囲にわたる被害を引き起こした。ベイルート港に停泊中のイタリア商船も被害を受けた。
レバノンの内務大臣ムハンマド・ファハミは、爆発は明らかに港の倉庫に保管されていた硝酸アンモニウムが原因であると述べた(2750トンもの硝酸アンモニウムが倉庫に保管されていた趣き)。
2.レバノン大統領ミシェル・アウンは爆発の後に国の高等防衛評議会を招集した。会議後以下が発表された。
@調査委員会は、5日以内に誰が爆発の責任者であったかを明らかにするよう命じられた。
A被害者の家族には補償が支払われる。
B 輸入路は、レバノン北部のトリポリ港に(臨時に)設定される。
3. イスラエルとヒズボラは、それぞれ爆発には無関係であるとの声明を発出した。
https://youtu.be/oKFupx9x0-k?t=8
https://www.aljazeera.com/news/2020/08/huge-explosion-rocks-lebanon-capital-beirut-live-updates-200804163620414.html
https://www.aljazeera.com/indepth/inpictures/pictures-lebanon-capital-beirut-shaken-massive-explosion-200804162150133.html

Posted by 八木 at 07:53 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/meis/archive/427

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント