CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
イスラム世界との結びつきを通じて、多様性を許容する社会の構築についてともに考えるサイトです。

« サウジ巡礼省は本年のメッカ巡礼を国内滞在者に限定 | Main | サウジ人ジャーナリスト・カショーギ殺害欠席裁判開始と英国による制裁発動 »

検索
検索語句
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中東イスラム世界社会統合研究会さんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/meis/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/meis/index2_0.xml
サウジアラビアのVAT(付加価値税)引き上げ[2020年07月01日(Wed)]
サウジアラビアでは、本日7月1日からVAT(付加価値税)の税率を現在の5%から15%に引き上げる。オイルマネーで潤ってきた大産油国サウジも、最近の原油価格下落や新型コロナウイルスの感染拡大で、財政収入が打撃を受けており、VATの引き上げも苦しい台所事情を反映したものに間違いない。サウジは、2018年1月1日に、商品とサービスに初めて5%のVATを導入した。対象は、ガソリン、ディーゼル、食品、衣類、公共料金、タバコ、ソフトドリンク、ホテル宿泊施設など、ほとんどの商品とサービスを対象としている。サウジは、7月28日頃開始予定のイスラム教徒にとっての宗教的義務5行のひとつである大巡礼(ハッジ)の海外からの巡礼参加を取りやめ、国内滞在者のみに人数を限定して実施する旨発表した(昨年は全体で2百数十人参加)。巡礼月の特定時期以外にメッカを巡礼する年間8百万人規模のウムラも中止されており、サウジは、財政維持の緊急対応を迫られている。IMFが6月に発表したGDP成長見通しでは、サウジは、2020年マイナス6.8%の成長が見込まれている。VAT引き上げ前に、サウジ国内の消費者は、食料品や必需品購入のため、ショッピングセンターや市場に殺到したとのこと。
関連報道https://www.aljazeera.com/ajimpact/pre-tax-spree-saudis-pack-shops-buy-gold-cars-vat-hike-200630135912379.html

Posted by 八木 at 08:57 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/meis/archive/419

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント