CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
イスラム世界との結びつきを通じて、多様性を許容する社会の構築についてともに考えるサイトです。

« 中東におけるコロナウイルス感染拡大(一日当たりのイラン感染増初めて千件下回る、4月27日時点) | Main | 中東におけるコロナウイルス感染拡大(イラン感染者総数は急増のロシアを下回る、4月28日時点) »

検索
検索語句
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中東イスラム世界社会統合研究会さんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/meis/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/meis/index2_0.xml
EU統計局発表の2019年EU諸国の庇護付与の第一位はシリア人、第二位はアフガニスタン人[2020年04月29日(Wed)]
4月27日EUの統計局Eurostatが発表した最新のデータによると、EU加盟国は、2019年に295,800人の庇護希望者に庇護を認めた。庇護は@難民認定、A補助的庇護、B人道的庇護の3つに分類される。出身国別の最大の受益者グループはシリア人であり、全体の27%を占めた。庇護されたシリア人全体の71%、56,100人はドイツによってホストされている。庇護が認められた2番目と3番目に大きなグループは、アフガニスタンとベネズエラ出身で、それぞれEU全体の14%と13%を占めた。
ドイツは、アフガニスタンに対してEUで認められた全体の41%(16,200人)をホストし、一方、スペインは全体の94%(35,300人)をホストしている。トルコは、2016年のギュレン教団によるとみられるクーデター企てに関与したとみられる自国民のオランダ、ベルギー等による受け入れに神経を尖らせている。
(参考1)EUの2019年庇護ステータス決定数の発表(2019年4月27日)
●2019年、27の加盟国で構成される欧州連合(EU)は、295 800名の庇護希望者に庇護ステータスを付与した。 2018年の実績316 200名と比較して、庇護ステータスを付与された人の総数は6%減少した。さらに、EUは2019年に21,200人の第三国定住難民を受け入れた。この情報は、欧州連合の統計局であるEurostatによって発表された。
●2019年にEUで庇護ステータスを付与された庇護希望者の総数は、難民認定141100件(保護決定全体の48%)、補助的庇護82100件(同28%)、および人道的庇護72700件であった(同25% )。
●2019年EUでの庇護ステータスを得た最大の受益者グループはシリア人のままで(EUで保護ステータスを付与された全体数の27%、78 600件)、アフガニスタン人(同14%、40 000件)およびベネズエラ人(13%、37 500件)が続いた。 2019年に庇護ステータスを受けたベネズエラ人の数は、約1,000人であった2018年と比較して、40倍近く増加した。
●EUで庇護ステータスを付与されたシリア人のうち、71%(56,100)がドイツで登録された。アフガニスタン人にとっても最多の41%(16,200)がドイツで登録された。ベネズエラ人への庇護ステータスの付与は、EU全体の94%がスペイン(35,300)で登録された。
●2019年、EUのすべての庇護ステータス付与のうち、最大の39%(116 200)はドイツで登録された。仏(14%、42 100)、スペイン(13%、38 500)およびイタリア(10%、31,000)がこれに続いた。これらの4つの加盟国は、EUで付与された庇護総数の3/4を占めた。
●2019年、庇護申請540 800件について、原審での決定がEU加盟国で行われ、控訴後にさらに293 200件の最終決定が行われた。原審の決定により、206 000人が庇護ステータスを付与され、さらに89 800人が控訴後、庇護ステータスを受けた。認定率、つまり申請総数における庇護決定の割合は、EUでの原審での決定率は38%、控訴後の最終決定率は31%であった。
●庇護希望者の認定率は、出身国により異なる。 2019年に最初に決定が下された亡命申請者の20の主要な市民権のうち、EUでの認定率は、ジョージア市民の4%からベネズエラ人の96%、シリア人の85%、エリトリア人の81%の範囲にまたがっている。
https://ec.europa.eu/eurostat/documents/2995521/10774018/3-27042020-AP-EN.pdf/b8a85589-ab49-fdef-c8c0-b06c0f3db5e6

(参考2)トルコ人への庇護認定に関するトルコ ディリーサバーハ紙報道関連部分
●EUで庇護が認められた全体のうち3%がトルコ国民であり、52%と比較的高い認定率であった。トルコの庇護希望者の認定率はオランダでは二番目の17%(975人)、ベルギーで三番目の10%(695人)であった。そのほとんどは、ギュレン・テロリストグループ(FETÖ)に所属していると想定されている。
●FETOは、2016年7月にトルコでクーデターを企て、その結果251人が死亡、2,200人が負傷した。トルコの政治家は長い間、欧州諸国がFETÖのメンバーにとって安全な避難所になっていると非難しており、クーデターに関与した主要なFETO容疑者をトルコに帰国させ、公正で透明な裁判を行うよう求めている。トルコ政府は、FETÖがトルコの機関、特に軍隊、警察、司法機関への侵入を通じて国家を転覆させるための長期にわたるキャンペーンの背後にいると非難している。
https://www.dailysabah.com/politics/eu-affairs/eu-grants-protection-to-nearly-300000-asylum-seekers-in-2019#gallery

Posted by 八木 at 09:46 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/meis/archive/402

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント