CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
イスラム世界との結びつきを通じて、多様性を許容する社会の構築についてともに考えるサイトです。

« 水資源をめぐる実務的関係を基礎に、二国間のパイプを強化してきたオマーンとイスラエル(11月16日の近藤洋平氏の講演に関連して) | Main | ノルウェーのイスラム排斥主義運動代表のコーラン焼却に果敢に立ち向かった男 »

検索
検索語句
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中東イスラム世界社会統合研究会さんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/meis/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/meis/index2_0.xml
マスジド・アッサラーム主催の非ムスリム日本人を対象にしたオープン・マスジド・デー[2019年11月18日(Mon)]
11月24日(日)、御徒町のマスジド・アッサラームで、非ムスリム日本人を対象にした「マスジド開放デー」が開催されます。今回は5回目ということで、案内によれば、午前10時、午後2時の2回にわたって開催されます。同マスジドは、台東区と連携して訪日・滞日のムスリムにやさしい観光マップ発行に協力したり、ハラール認証取得の支援をしてきた実績があります。今年発生したスリランカの同時多発テロで、日本人女性が犠牲になった際も、連帯と哀悼の意を表明するため、マスジドの事務所を弔問者に開放し、日本人、日本社会との連携を重視しています。日本を訪問し長期滞在するムスリムが増加する中で、在日ムスリムを如何に日本社会に包摂し、共生、相互理解を深めることがますます重要になってきていると当研究会も認識しています。オープン・マスジドデーの参加には定員があるようですので、下記のURLからアクセスのうえ、QRコードを読み込み、登録をお勧めします。
http://assalaamfoundation.org/na/news/masjid-day-information

Posted by 八木 at 16:00 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/meis/archive/278

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント