CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
イスラム世界との結びつきを通じて、多様性を許容する社会の構築についてともに考えるサイトです。
検索
検索語句
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中東イスラム世界社会統合研究会さんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/meis/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/meis/index2_0.xml
社会デザイン学会で承認された中東イスラム世界社会統合研究会が運営する団体ブログです。
中東イスラム世界社会統合研究会公式サイト http://meis.or.jp
社会デザイン学会研究会案内 http://www.socialdesign-academy.org/study/study_application.htm
日本とイスラム世界とのネットワーク強化を目的として、以下の項目で記事を発信していきたいと考えています。
日本とイスラム世界との出会い:日本人や日本がどのようなきっかけでイスラム世界への扉を開いていったかを紹介します。
イスラム世界で今注目されている人物:イスラム教徒であるか否かを問わず、イスラム世界で注目されている人物を紹介していきます。
イスラムへの偏見をなくすための特色のある活動:イスラムフォビア(Islamophobia)と呼ばれるイスラム教への偏見、イスラム教徒排斥、イスラム教徒警戒の動きが非イスラム世界で高まっています。これらの偏見や排斥をなくすための世界の各地で行われている特色のある活動を紹介していきます。
中東イスラム世界に関心を抱くあなたへの助言:さまざまな分野で中東・イスラム世界に関心を抱き、これから現実に接点を持っていこうと考えておられるあなたへのアドバイスを掲載します。

情報共有:当研究会のテーマに関連したイベント、活動、寄稿などの情報を提供しています。

新着情報:中東イスラム世界社会統合研究会公式サイトの「中東イスラム世界への扉」に、現地駐在の本田圭さんから投稿のあった2020年11月の「UAE、ある日の砂漠」と題する紀行文を掲載しました。UAEの砂漠がとても魅力的なので、ぜひ一度アクセスしてみてください。
http://meis.or.jp/products/door2me/OnceUponATimeInUAEDesert01.php




東エルサレムでのパレスチナ・イスラエル衝突の原因のひとつとなったシェイク・ジャッラーハ地区の画像[2021年05月12日(Wed)]
中東のエルサレムで、イスラムの断食月ラマダンが始まった4月中旬以降、イスラエルの警察が旧市街の入り口の一部にバリケードを設置したことなどをきっかけに東エルサレムを支配するイスラエル当局とイスラエルへの抗議行動を行うパレスチナ人の間の衝突が激しさを増している。これまでにパレスチナ人700人以上が負傷したとされる。今回の衝突の原因のひとつが、東エルサレムのシェイク・ジャッラーハ地区のパレスチナ人世帯の立ち退き期限が5月6日に迫っていたことであった。その直後5月10日はイスラエルが東エルサレム支配を実現した「エルサレムの日」にあたっていた。これを受けてイスラム原理主義組織ハマースが実効支配するガザ地区からイスラエル側に向け、ロケット弾が発射され(合計300発以上といわれる)、これに対応する形で、イスラエル軍がガザに空爆を行い、ガザ地区では5月10日夜以降、少なくともパレスチナ人30人が死亡(うち10人が子ども)とされる。一方、イスラエル側でも3人の死者が出ており、ここ数年では最大の衝突に発展している。ミドル・イースト・アイが今回の衝突の原因のひとつとなったシェイク・ジャッラーハの歴史を画像で紹介しているので、関心ある方は次のURLからアクセス願いたい。シェイク・ジャッラーハ地区は、十字軍を破ったイスラム軍の英雄サラハッディーンの主治医であるフッサム・アル・ディン・アル・ジャラヒにちなんで命名されたとのことである。
https://www.middleeasteye.net/discover/israel-palestine-sheikh-jarrah-jerusalem-neighbourhood-seven-facts
1枚目 シェイク・ジャッラーハの歴史は、12世紀に、十字軍の支配からエルサレムを奪った伝説のイスラム軍の将軍サラハッディーンの主治医であるフッサム・アル・ディン・アル・ジャラヒにさかのぼる。 アラビア語のジャッラーハjarrahは外科医を意味し、Sheikhは宗教およびコミュニティの指導者に与えられる敬語である。この地区には、ナブルスの道沿いにあるジャラヒの墓を通してその地域に彼の名前にちなんだ名称がつけられることになった。 19世紀の地図では、上部近くのど真ん中に位置する小さな灰色の長方形として表示されている。
二枚目 付近はエルサレム北部、旧市街の城壁の外、今日のヘブライ大学のあるスコパス山の斜面から始まる地域にある。 1860年代に、裕福なイスラム教徒の家族が近所に大きな家を建て始め、最終的には他の人々をこの地域に引き寄せた。
三枚目 1880年代以降、この地域には、エルサレムの聖書ゆかりの道筋に沿ってユートピア社会を構築したいと考えていた米国と欧州のキリスト教徒が集まった。 米国の植民地のメンバーは、シェイク・ジャッラーハに定住し、地元のイスラム教徒とユダヤ人の学校で農民と教師として働いていた。 航空写真は、シェイク・ジャッラーハを含むエルサレム北部を示している。
四枚目 第一次世界大戦でオスマン帝国が敗北した後、英国はパレスチナを委任統治し、エルサレムに大英帝国全体から集めた軍隊を駐留させた。 その戦略的重要性のために、砲兵ユニットはスコパス山の斜面に配置された。 写真では、1918年の日付で、オーストラリアの兵士がスコパス山に向かう途中でシェイク・ジャッラーハを通り抜けている光景が見られる。
五枚目 この写真にある1940年ごろのシェイク・ジャッラーハの土地では、山羊と羊が放牧されている。20世紀への変わり目頃のオスマン帝国の記録によると、この地域には167家族のイスラム教徒が住民の過半数を占めていた。 今日、パレスチナ人口は約3,000人である。
六枚目 イスラエル建国とナクバ(パレスチナ人にとっての大災禍)後、この地域はヨルダンの支配下に置かれ、イスラエルが支配した地域から追放されたパレスチナ人の家族28世帯が1956年シェイク・ジャッラーハに定住した。 1967年の第三次中東戦争の結果、イスラエルは東エルサレム、ヨルダン川西岸、ガザを占領した。 それ以来、すべてがイスラエルの占領下におかれ、占領された東エルサレムは1980年に一方的にイスラエルに併合された。
七枚目 2010年のこの写真では、パレスチナ人がイスラエル人入植者によるパレスチナ人の家、建物、土地の流用に抗議している。 イスラエルの警察官に支えられた80年代の入植者は、ユダヤ人側に所有権に戻されているという口実で、パレスチナのエルサレム住民から財産を押収してきた。 イスラエルの裁判所は、その領土が占領地であるため、その領土に対する法的権限がないにもかかわらず、そのような場合の最終的な裁定者であり続けている。現在、シェイク・ジャッラーハには38世帯のパレスチナ人家族が住んでおり、そのうち4世帯は5月6日までの差し迫った立ち退きに直面しており、他の3世帯は8月1日に立ち退きを強いられる予定。残りの世帯は、訴訟のさまざまな段階にあり、イスラエルの裁判所で強力なイスラエル人入植者グループと直接対決している。
(立ち退きを強いられているパレスチナ人の住居位置)https://www.middleeasteye.net/sites/default/files/Sheikh%20Jarrah%20map%20evacuation-latest.jpg
(記事全体)https://www.middleeasteye.net/news/israel-palestine-sheikh-jarrah-jerusalem-neighbourhood-eviction-explained

Posted by 八木 at 10:07 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

本田圭執筆「ワクチン接種率で独走中、コロナを起爆剤としたUAE・イスラエル関係」報告のご紹介[2021年05月10日(Mon)]
4月3日に、このブログでアブダビ駐在の本田圭さんによる、VOGUE JAPANに公開された現地からみたアラブ首長国連邦(UAE)の最新のコロナ事情のレポートをご紹介しました。
https://blog.canpan.info/meis/daily/202104/03
https://www.vogue.co.jp/lifestyle/article/life-after-covid-19-abu-dhabi-2

今回は、5月2日に戦略検討フォーラムに掲載された「ワクチン接種率で独走中、コロナを起爆剤としたUAE・イスラエル関係」と題するコロナ対策に関連したUAE・イスラエル関係の進展に関する本田さんの現地からの報告をご紹介します。
http://j-strategy.com/opinion2/5051

人口が極めて少ない国を除き、イスラエルとUAEはワクチン接種率で世界の第一位、第二位を走っています。イスラエルでは、コロナ感染の第三波が収まり、2021年4月18日野外でのマスク着用指示解除され、ワクチン接種完了者や感染回復証明者が取得するグリーンパスを提示する市民は、経済・社会活動の自由を手に入れましたUAEもコロナ関連でイスラエルとの共同研究協力を進めているほか、両国間の往来、ビジネス関係も急速に進展しているとのことです。両国のコロナ対策に関する積極的動きは、我々日本人にとっても、参考にすべき点が多々あります。ご関心のある方はぜひご一読願います。本田さんが予告した中華系CEOが率いるアブダビのAI・クラウドコンピューティング会社Group42(G42)をはじめとするUAEと中国関係のレポートも楽しみです。続編に期待しましょう。
(イスラエル感染状況関連サイト)https://www.worldometers.info/coronavirus/country/israel/
(UAE感染状況関連サイト)https://www.worldometers.info/coronavirus/country/united-arab-emirates/

Posted by 八木 at 16:33 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

次期シリア大統領選挙は、5月26日[2021年04月20日(Tue)]
シリア国営通信SANAによれば、4月18日ハムーダ・サッバーグ・シリア議会議長は、次期大統領選挙が5月26日に行われると発表した。
在外投票も実施され、2021年5月20日に投票が開始される。候補者は10日間のうちに立候補登録を済ませる必要がある。立候補には、アサドのバアス党が支配する議会で、35人の国会議員の支持を必要としている。
前回の大統領選挙は2014年6月に行われ、アサド大統領が88.7%の得票率で当選した。任期は7年
シリア大統領官邸は、3月18日アサド大統領とアスマー夫人は、新型コロナ・ウィルス陽性が確認されたと発表していた。アスマー夫人は、2019年に乳がんの手術を受けた経緯がある。夫妻は、その後陰性が確認され、大統領は、3月30日には通常の職務に復帰したことが確認された。
https://www.rudaw.net/english/middleeast/syria/180420211
https://www.middleeasteye.net/news/syria-presidential-elections-slammed-farce
https://www.voanews.com/covid-19-pandemic/syrian-president-assad-his-wife-have-recovered-covid-19
(コメント)軍事的には、2016年12月にアレッポを解放し、反体制勢力をシリア北西部のイドリブに封じ込め、シリアの領土の多くを解放し一息ついたアサド政権であるが、これから復興に力を入れようとした矢先の2020年6月に、トランプ政権下の米政府はシリアの中央銀行の資金洗浄疑惑、シリア政権中枢の戦争犯罪を理由に、シーザー・シリア市民保護法を発動した。当時のポンペイオ国務長官は、米財務省と国務省がシーザー法と大統領令第13894号に従い、39の個人・団体を制裁対象に指定したと発表した。それは、シリア政府に経済的・政治的な圧力をかけ、その収入を断ち、それが戦争やシリア国民の大量虐殺に拠出されるのを食い止める持続的なキャンペーンを開始するのが目的とされる。制裁対象に指定されたのは、バッシャール・アサド大統領、アスマー夫人、ビジネスマンのムハンマド・ハムシュー氏、ファーティミーユーン旅団、アサド大統領の弟のマーヘル・アサド准将、姉のブシュラー・アサド、マーヘル准将の妻のマナール・アサドなど。これをきっかけにシリアポンドは大暴落し、さらに、シリア政権側のレバノンにおける銀行口座も打撃をうけ、レバノンの金融危機にも発展した。
シリア内戦で、アサド大統領を守ってきたのは、まちがいなくロシアのプーチン大統領である。2015年9月30日からのロシア軍のシリアでの軍事作戦開始は、シリア内戦の行方を占う意味で決定的であった。シリアはロシアにとっての長らくの軍事パートナーで、ロシアの海軍がタルトゥース基地を利用できるほか、中東への橋頭保としてシリアの重要性を認識していた。しかし、2020年4月、ロシアのメディアが、盟友であるはずのアサド大統領が次期大統領選挙に出ても30%の得票しか期待できないとの衝撃的な世論調査結果を発表した。これを巡って、プーチン大統領がアサドを見捨てようとしているのではなかとの観測も一部で生じた。しかし、自身も2036年まで大統領に留まることを可能にする憲法改正を行い、ロシアの反体制指導者ナワリヌイ氏の扱いなどを巡って激しく欧米と対立するロシアのプーチン大統領は、欧米が歓迎するような形で、アサド大統領を引きずり落とすことに影響力を発揮することは期待できない。長年アサド政権と対立してきたUAEはすでに2018年末に大使館をダマスカスに戻しており、米国との間でカショギ氏殺害をはじめとする人権問題を抱えるサウジも、アサド政権への立場を軟化する方向にあり、アラブ諸国内では、凍結中のシリアのアラブ連盟加盟資格停止を解くべきであるとの意見も出始めている。いずれにせよ、ロシアがアサド大統領の首に鈴をつけない限りアサドが大統領の座を降りることは考えられない

Posted by 八木 at 16:37 | イスラム世界で今注目されている人物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

スエズ運河庁は、スエズ運河を塞いだコンテナ船の日本船主に9億ドルを請求[2021年04月14日(Wed)]
3月23日にスエズ運河を塞ぐ形で座礁し、同月29日離礁した日本企業所有のコンテナ船エバーギブンの保護および補償保険会社であるUKクラブの声明によれば、エジプトのスエズ運河庁はエバーギブンの船主である正栄汽船に対して9億1600万ドルの補償請求を提出した。船主側の保険会社は、補償金が支払われるまでコンテナ船とその乗組員が運河に勾留されることに失望したとコメントした。船主である正栄汽船の船隊管理部門の副マネージャーである篠原由美氏は、スエズ運河庁が補償請求を行ったことを確認したが、それ以上の詳細は明らかにしなかった。
●エバーギブンは、スエズ運河の中間地帯にあるビター湖に停泊させられている。スエズ運河庁は、イスマイリアの裁判所への法的措置を求める文書提出の中で、エジプトの海事貿易法の第59条と第60条に言及し、その請求が全額支払われるまで船は押収され続けることを明らかにした。
●公式の数字によると、スエズ運河は2019/20会計年度に57億ドル強の通行料収入を得た。運河庁のラビエ長官は国営テレビに運河当局による不適切な行為はなかったと語った。彼は、船の速度や砂嵐の際に船を襲った強風など、考えられる原因については話し合うことを拒否し、船主に過失があるかどうか尋ねられたとき、彼は「もちろん、そうである」と回答し、船主側は(賠償請求に対して)支払いを行おうとしていないと述べた。当局の事故原因調査結果が、15日に出ることが予想されている。
(参考)エバーギブン属性


@ 運航会社:台湾のエバーグリーン・マリン(長栄海運)
A 船主:今治造船グループの正栄汽船(愛媛県今治市)
B 全長:399.94m
C 総重量: 21.9万総トン(エッフェル塔20個分の重量とのこと)
D 製造元:今治造船。エバー・ギブンは連続建造されたシリーズ船の第7船
E 竣工:2018年
F 建設費用:推定約1.7億ドル
G 乗組員:25名(すべてインド人) 負傷者なし
H 積載コンテナ:TEU(20フィートコンテナ換算)で1万8349本のコンテナ
I 座礁日時:現地時間3月23日午前7時40分ごろ
J 座礁地点:スエズ運河の紅海側入り口に近い地点で座礁(下図参照)
K 座礁原因:調査中(砂嵐による視界不良との説がある一方で、スエズ運河庁は技術的、あるいは操船ミスとの見方をとっている模様)
L 航路:エバーグリーンが所属するオーシャンアライアンス(OA)のアジア―欧州航路に就航し、ロッテルダムに向けて航行中であった

https://www.aljazeera.com/news/2021/4/13/egypt-seizes-megaship-over-nearly-1bn-suez-claim
https://english.ahram.org.eg/NewsContent/1/64/409138/Egypt/Politics-/Egypts-Suez-Canal-Authority-impounds-Ever-Given-sh.aspx

Posted by 八木 at 18:22 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

4月9日亡くなった英王室フィリップ殿下と中東要人接触の懐かしい画像[2021年04月11日(Sun)]
英王室は4月10日、エリザベス女王の夫で4月9日、99歳で亡くなったエジンバラ公フィリップ殿下の葬儀について、ロンドン郊外ウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂で4月17日に執り行うと発表した。英国は、歴史的に中東とは深いつながりを持っているが、ロンドンを拠点とするミドル・イースト・アイは、フィリップ殿下の中東要人との興味深く懐かしい画像を紹介しているので、中東にご関心の方は、下記URLからアクセス願いたい。
https://www.middleeasteye.net/news/pictures-prince-philips-history-middle-east
@ イラクのファイサル2世国王(1952年9月スコットランド北部のバルモラル城パーク)
A ヨルダンのフセイン国王(1955年6月ウィンザー城)
B イランのシャー・レザー・パフラビー国王(1961年3月テヘラン)
C イスラエルのワイツマン大統領(1997年2月ロンドン)
D サウジのアブドッラー皇太子(1998年9月バルモラル城)
E ヨルダンのアブドッラー2世国王(2001年11月ウィンザー城)
F サウジのアブドッラー国王(2007年バッキンガム宮殿)
G トルコのアブドッラー・ギュル大統領(2008年5月アンカラ大統領宮殿)
H カタールのハマド・ビン・ハリーファ・アルサーニー首長(2010年10月ウィンザー城)
I UAEのムハンマド・ビン・ザーイド・アルナヒヤーン・アブダビ皇太子(2010年11月アブダビのシェイク・ザーイド・グランドモスク)
J オマーンのカブース国王(スルタン・カブース)(2010年11月マスカット)
K トルコのハイリュンニサ・ギュル大統領夫人(2011年11月バッキンガム宮殿に向かう途中)
L バーレーンのハマド・ビン・イッサ・アルハリーファ国王(2012年5月ウィンザー城)
M カタールの首長夫人モーザ妃(2012年5月ウィンザー城)
N クウェートのサバーハ首長(2012年11月ウィンザー城)
O UAEのハリーファ・ビン・ザーイド・アルナヒヤーン大統領(2013年ウィンザー城)

Posted by 八木 at 08:57 | イスラム世界で今注目されている人物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

本年のラマダン月開始は、4月12日ごろ[2021年04月06日(Tue)]
世界中のイスラム教徒は、新月の目視によるが、4月12日ないし13日の夜明け前から断食を実行し、ラマダン月期間中、毎日夜明け前から日没まで断食を継続する。ラマダンは、日中飲食を断つことで、貧困者の苦難を思い起こし、イスラム教徒の連帯を高める行事とみられている。ラマダン期間中の夜は、例年親族や友人が集まる機会が増えるが、昨年同様本年についても、コロナウイルス感染拡大の影響で、大人数の集まるイフタール(毎日日没後の最初の飲食)や集団礼拝は実施されないか制限されるところが多いとみられている。

UAEのナショナルニュース・サイトはラマダンに関連する15の用語を紹介している。
1.Ramadan Kareem or Ramadan Mubarak:「ラマダン・カリーム(寛大なるラマダン月)」、「ラマダン・ムバーラク(ラマダン月おめでとう)」と言って、人々は期間中挨拶を交わす。
2.Sawm or siyam:サウム・シヤーム右矢印1アラビア語で断食、断食しているとの意味
3.Iftar:イフタール右矢印1一日の断食があけて最初にとる食事のこと。例年家族や友人、知人が集まって食事を共にする
https://amp.thenationalnews.com/image/policy:1.1197022:1617547162/na3-MAR-dubai-tent.jpg?f=default&q=1.0&w=1024&$p$f$q$w=0d4c348
4.Madfa:マドファ右矢印1日没と一日の断食終了の合図となる大砲の音が響くこと
5.Suhoor:スフール右矢印1夜明け前の、長時間の断食に備えてとる食事のこと
6.Imsak:イムサーク右矢印1一日の断食開始を意味する。スフールをとっていた人も中止する必要がある
7.Mosaharaty:モサハラティ右矢印1夜明けの前、スフールをとることを促すため、ドラムを叩いたりして人々の起床を促す人を指す。この伝統は多くの地方で廃れたが、エジプトやインドネシアの一部で残っているとのこと
https://amp.thenationalnews.com/image/policy:1.1197020:1617547156/wk10-may-smccu-cover.jpg?f=4x3&q=1.0&w=1024&$p$f$q$w=5bd0607
8.Qada:カダー右矢印1断食の義務を怠ったことの埋め合わせ。断食は、イスラムの5行(義務)のひとつであるが、健康状態が悪い人、旅行中、月経中の女性は、断食しないことが許されるが、その埋め合わせをどこかで行うこと。間違って飲食したりした人も埋め合わせを行う必要がある
9.Kaffara:カッファーラ右矢印1上記以外の理由で、断食しない人には60日間の追加断食のペナルティが課されることを意味する。あるいは、60人の恵まれない人に食事を提供することで、ペナルティを解消できる
10.Salah:サラー右矢印1イスラム5行のひとつで、ムスリムが、メッカに向かって一日5回行う礼拝のこと
11.Tarawih:タラウィー右矢印1ラマダン月の間にムスリムが、イシャー(夜最後の決められた礼拝)のあとに行う夜の自発的礼拝のこと。通常の祈りが10分程度にかかわらず、1時間に及ぶこともあるとのこと
https://amp.thenationalnews.com/image/policy:1.1197021:1617547160/EGYPT.jpg?f=default&q=1.0&w=1024&$p$f$q$w=3afdeb6
12.Laylat Al Qadr:ライラト・カダル右矢印1ラマダン月最後の10日間で、この期間に預言者ムハンマドが、神アッラーから、天使ガブリエルを通じて、コーランの最初の章句を預かったとされる。この期間に精神を清め、夜の礼拝に励むことは、とりわけ功徳が大きいとされる
13.Itikaf:イッティカーフ右矢印1ラマダン月の最後の10日間、自己隔離して、モスクで過ごしたりすること
14.Eid Al Fitr:イードアルフィトル右矢印1イスラム教の2大大祭のひとつで、アラビア語のEid al-Fitrは、「断食を破る祭」を意味する。大巡礼(ハッジ)終了を祝うイードアルアドハーがもうひとつの大祭
15.Zakat and Zakat Al Fitr:ザカートとザカート・アルフィトル右矢印1ザカートはイスラム5行のひとつで、ムスリム個人の所有する財産に応じて一定額を喜捨すること。ザカート・アルフィトルは、ラマダン月の終わりにイードアルフィトルの前に行う喜捨のこと
https://amp.thenationalnews.com/uae/heritage/ramadan-2021-15-key-words-used-throughout-the-holy-month-1.1197025

Posted by 八木 at 11:50 | 中東イスラム世界に関心を抱くあなたへの助言 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ファラオのミイラ展示を国家発揚の機会ととらえるエルシーシ大統領と展示を禁止したサダト大統領[2021年04月05日(Mon)]
4月3日、エジプトでは、エジプト王(ファラオ)のミイラ22体(王18体、女王4体)をカイロ博物館から、新たに完成したエジプト文明博物館に移動するパレードが実施された。ファラオのミイラは、1台ずつ王または女王の名前が刻まれた金色の車列で移送された。ファラオのミイラには、有名なラムエス2世やハトシェプスト女王が含まれている。車列は、カイロ中心部タハリール広場を出発し、カイロ市内を移動したのち、エルシーシ大統領が待ち受ける新博物館に到着した。移送されたファラオたちのミイラは、4月18日から「ミイラの間」で展示される。観光は、エジプトの4大外貨収入源のひとつで、エジプト政府は、2011年のアラブの春、2013年の軍部によるクーデター、2020年からのコロナパンデミックによる外国人観光客の減少による収入減の反転攻勢を目指している。

今回のファラオのミイラ移送パレードは、エジプト国民に対しては、エルシーシ政権による国威発揚と観光産業の復活のメッセージであり、外国人に対しては、四大文明発祥の地であるエジプトをぜひ訪問してほしいとの呼びかけである。

エルシーシ政権は、あたかも古代の王たちに敬意を表したかのような大々的なパレードを行った。一方、王たちのミイラの一般公開を禁じたエジプトの大統領もいた。1979年にイスラエルとの和平を実現し、1981年10月6日の戦勝記念日に、イスラム過激派によって暗殺されたサダト大統領である。サダト大統領は1980年にカイロ博物館でラムセス2世のミイラを見学した後、ミイラの展示を禁止した。大統領は、薄い亜麻布を除いて、偉大なラムセス2世がほとんど裸の状態で置かれて観光客の目に晒されるのを見たとき、大きなショックを受けたとされる。サダト大統領は自らをファラオのイメージとダブらせていたとされる。
https://youtu.be/DXdR4Prv1zA?t=4
https://www.aljazeera.com/gallery/2021/4/4/in-pictures-egyptian-mummies-paraded-through-cairo

Posted by 八木 at 10:44 | イスラム世界で今注目されている人物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

VOGUE JAPAN掲載本田圭執筆UAEの最新のコロナ事情報告[2021年04月03日(Sat)]
アブダビ駐在の本田圭さんによる、VOGUE JAPANに公開した現地からみたアラブ首長国連邦(UAE)の最新のコロナ事情の紹介レポートです。3月30日時点での最新の現地からの報告ですので、ご関心のある方はぜひご一読願います。
https://www.vogue.co.jp/lifestyle/article/life-after-covid-19-abu-dhabi-2

補足しますと、国・地域別の人口100人あたり新型コロナ・ワクチン累計接種回数(4月2日現在)の世界第一位は、イスラエルの110.8回、第二位は、UAEの85回です。日本は、G7の中では最低の0.8回に過ぎません。また、コロナPCR検査の100万人当たりの実施数を、累積感染者数の多い50の国で、比較すれば、一位UAE381.5万回、二位オーストリア266.2万回、三位英187.1万回、四位イスラエル147.6万回、五位米国122.9万回です。因みに、日本とサウジも累積感染者数は、50位以内ですが、日本は7.8万回、UAEの隣国のサウジは43.2万回に過ぎません。
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-vaccine-status/
https://www.worldometers.info/coronavirus/

本田さんのレポートからは、UAEのコロナ対策は、@厳格なルール適用、A積極的なPCR検査とワクチン接種推奨、B最新テクノロジーの導入によるスピード感のある対応、により人々の生活とビジネスをできる限り円滑かつ正常化しようと取り組んでいることが特徴です。昨年8月に国交を正常化したばかりのUAEとイスラエルがコロナ対策では世界のトップを進んでおり、PCR検査でも、ワクチン接種数でも遅れをとっている日本は、それらの国の経験と取り組みから学ぶところが大きいと思われます。

Posted by 八木 at 12:57 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

宇宙を目指すエルドアン・トルコ大統領の野望−進むロシアとの協力− [2021年03月31日(Wed)]
(投稿者)拓殖大学非常勤講師、当研究会会員 新井春美

トルコのエルドアン大統領が、2023年までに月面に着陸することを含む宇宙プログラムを推進していくと発言した(2021年2月 11日)ことが、ヨーロッパ諸国のメディアで取り上げられた。ひと昔前であれば、こうした発言は夢の話にすぎないとして大して注目されることはなかったかもしれない。しかし最近のトルコの技術、とくに兵器や装備開発といった軍事技術の発展は目覚しいものがあり、無視できなくなっている。2020年夏に勃発したアルメニアとアゼルバイジャンの紛争では、トルコ製ドローンの活躍がアゼルバイジャンに勝利をもたらしたと言ってよい。ドローン以外にも、国産戦車や攻撃型ヘリなどの開発、実用化が着々と進んでいる。こうした状況を鑑みれば、トルコの宇宙進出が近いうちに実現する可能性は低くない

NATO加盟諸国が懸念しているのは、トルコがロシアからミサイル防衛システムを購入したためにトルコと他の加盟国間の関係がぎくしゃくし、解決の緒が見えないことだ。そしてそのロシアがトルコの宇宙分野でのパートナーになりつつある。両国の話し合いが、積極的に進められていることが明らかにされている。

宇宙での戦争はもはやSF映画の世界の話ではなく、各国は宇宙進出にしのぎを削っている。このため宇宙利用に関しては、新たな国際的なルールや枠組み作りも急がれているところだが、実際には「早い者勝ち」の様相を帯びつつある。

トルコはこのままロシアをパートナーとしていくのか、あるいはNATOの一員として他の加盟国とも協力を進めていくのか、それにはトルコとヨーロッパ諸国の関係改善が前提となる。「宇宙情勢」は大きな岐路に差し掛かっているといえよう。

Posted by 八木 at 11:24 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

イランと中国の25年間の戦略的パートナーシップ締結[2021年03月29日(Mon)]
王毅中国外相は中東歴訪6か国の外遊の3番目の訪問国として、イランを訪問した。王毅外相は、サウジ、トルコ訪問を終え、イランのあと訪問するのは、UAE、バーレーン、オマーン。王毅外相は、3月27日に、イラン・中国外交関係樹立50周年記念式典に出席したほか、今後25年にわたる戦略パートナーシップに署名した。合意文章は公表されていないが、ニューヨークタイムズなどによれば、昨年報道されたドラフトとほとんど相違がない趣き
(プレスTV解説)blob:https://www.presstv.com/73e4bd85-e07c-407b-a9b9-14e7289a691a

(関連報道)
●2020年7月5日、ザリーフ・イラン外相は中国との戦略的パートナーシップ交渉は「秘密ではない」と発表した。外相は、さまざまな分野への投資に関して、「確信を持って、中国と25年間の戦略的合意を交渉している、北京との進行中の交渉には何も秘密はなく、合意達成次第、公表される、と述べていた。

●中国外相のイラン訪問は、イランが中国との間の協定案の最終草案を承認したことをうけて行われることになった。イラン政府のスポークスマン、アリー・ラビエイ氏は、政府は直近の閣議で、イランと中国の間の25年間の包括的協力協定の最終草案を承認したと述べていた。

(コメント)
イランは、米国と貿易戦争を戦い、また、米国の人権批判や内政干渉を行っていると反発する中国や、世界の金融支配を通じて他国の取引を管理し、中国同様米国の人権批判に反発するロシアに、米国が支配する金融システム外での取引に期待をかけている。たとえば、自国通貨やドル以外の通貨バスケットによる取引の推進である。中でも、中国とは、25年間のイラン・中国戦略的パートナーシップを結ぶ協議を昨年来続けてきた。

(戦略的パートナーシップについて)
●パートナーシップ合意文自体は発表されていないが、ドラフト段階の主要点は次のとおり。
1. イラン政府は、中国との間で総額4千億ドル相当の25年間の経済・安全保障の戦略的パートナーシップ合意の締結する(発効には議会承認が必要)。

2.合意の柱
@中国が、イランの石油、ガス、石油化学セクターの開発に2800億ドルを投資(当初5年間。のち追加投資ありうる)。
A中国が、イランの輸送、製造インフラ整備のために1200億ドルを投資(当初5年間。のち追加投資ありうる)
3.合意のメリットとデメリット
(1)イラン
(ア)メリット
•米国の経済制裁に対する防波堤が確保できる
•米国がイラン核合意への復帰に二の足を踏んでいれば、イランは、中国との結びつきを一層強め、核合意なし(すなわち、経済制裁の解除なし)でも国民経済を維持することができるとのメッセージを内外に発信することになる
•懸案のサウス・パース・ガス田の開発が加速される
•中国が、北アサデガンや西カロン油田からの原油生産量を2020年末までに50万b/d増やす。また、イラクと共有している西カロン油田の原油回収率を現在の5%から2021年末までに25%に増やすこと、ならびに中国が、イラン産原油の輸入量を米国の制裁にもかかわらず増やす
•中国の治安部隊5千名がインフラ防衛のため駐屯することによって米軍あるいは、イランにとっての潜在的な敵対国に対する抑止力となる

(イ)デメリット
• 中国にイラン経済の根幹部分を全面的に依存することになる。
• 仮に米国の経済制裁が緩和されても、欧米企業がイラン進出に慎重になる可能性がある。

(2)中国
(ア)メリット
•イランを巻き込むことで、中国の一対一路構想実現に向けての強力な足がかりを得ることになる
•石油・ガス田開発、石化プロジェクトにおいて、中国企業は優先買取権を付与される。
•イラン国内の中国プロジェクトを保護する目的で、5千人規模の治安要員がイラン国内に駐屯する。また、石油、ガス、石化製品の輸送のため、必要があれば、追加治安要員が派遣され、イラン国内に中国権益確保の要員を駐屯させる口実ができた。
•中国は、すべてのイラン産石油、ガス、石化製品を過去6か月のベンチマーク平均価格から12%割引で購入できる。さらにリスク調整割引、為替変動割引を利用すれば、最大32%割引で購入可能。
•中国は、イラン産品・製品の支払いを最大2年間猶予される。
•中国は、必要に応じ、支払いを人民元またはソフト通貨(アフリカの通貨や、旧ソ連圏の通貨)で支払うことが可能になる。
•中国は、イラン国内で、安価な労働力を利用して、中国国内と同じ仕様、運用で、中国の大手製造企業が設計、管理する工場建設が可能になる。
•中国は、イラン国内の鉄道プロジェクトにも関与しており、テヘランとマシュハドを結ぶ900kmの鉄道の電化事業の契約を結んでいる。さらに、テヘラン・コム・イスファハンを結ぶ高速鉄道にも関与する可能性がある。この鉄道網をタブリーズを経由して、延長する計画がある。

(イ)デメリット
●イランとの関係強化で、中国の人権問題への対応や貿易面で対立が生じている米国との関係が一層悪化する可能性がある。
●イランの域内での影響力拡大を懸念するサウジやUAEの不安に対処する必要が生じる(但し、王毅中国外相は、サウジ、UAEも訪問しており、両国と直ちに緊張関係が拡大することはない。また、サウジは、米国の人権批判にさらされており、米国の対応如何によっては中国との関係強化をちらつかせることができるので、イランを理由に中国との関係を悪化させることは当面考えていないとみられる)
https://www.presstv.com/Detail/2021/03/26/648124/China-foreign-minister
https://www.presstv.com/Detail/2021/03/27/648172/Rouhani-Wang-Yi-Iran-China-cooperation-US-terrorism-JCPOA-coronavirus
https://www.presstv.com/Detail/2021/03/27/648176/Iran-China-dashed-US-bid-to-isolate-Tehran

Posted by 八木 at 11:29 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ