• もっと見る

2019年04月18日

【2019第02回】すぐやるやり抜く認められる技術

受講生のみなさん

こんにちは!くめのぶゆきです!
https://www.instagram.com/nobukume/
https://www.facebook.com/nobukume

19明大前期02すぐやるやり抜く認められる.jpg

今日の第2回講義には、前回にもまして多くの受講生が
参加してくださり、ありがとうございました。

前回ならびに今回の受講レポートに寄せられた質問に
答えられますよに、講義を進めてまいります。

どうぞご期待くださいませ。


今日のレジュメはこちらです。
19明大前期02すぐやるやり抜く認められる.pdf
この記事へのコメント
今回久米先生のお話の中で最も印象的であったのは「夢を聞いて即答できた人とだけ付き合う」というものです。恥ずかしながら私は、現在自分の夢を聞かれても即答することはできません。アクティブな学生が多く集うこの講義に参加するにあたって、そんな自分が恥ずかしくなりました。
来週から始まる約10人の素晴らしい方のゲスト講義を通じて、少しでも自分は何をしたいかを明確化できたらいいなと思っています。
Posted by 河村健太郎 at 2019年07月17日 20:05
1番言いたかったこと
「生涯の師に出会うこと」
やろうと決意したこと
「面白いと思った著者名を調べる」
幸せの範囲について、Bの自分が死ぬまで幸せでいたい、を選びました。本心としては今から死ぬまで幸せでいたい、ということではなく、死ぬ時に幸せだった、と思いたいなと思っています。
大学4年間の最後の1年、頑張りたいと思っています。
Posted by 須永さき at 2019年06月20日 16:53
はじめまして
前回の講義を1週間ぶりに振り返ってみて、意識しなければたった1週間でほとんどのことが記憶から消えてしまうことがわかりました。今日決断したことは今日行動に起こさないといけないなと改めて感じました。
師匠と呼べる人物とはまだ出会ったことがありませんが、様々な思想、価値観、人生観をもつ人々と出会い、それぞれの良いところを尊敬して吸収していけるような人物になりたいです。
Posted by 久間俊祐 at 2019年04月24日 13:10
初めてコメントさせていただきます。
今回の講義は自分にとっての夢とはなにか、どんなじぶんになりたいのかを考えさせられました。
わたしも自分の師匠となるような人を見つけたいです。
授業楽しかったです。
ありがとうございました!!
Posted by 横田理恵 at 2019年04月24日 12:45
先日は授業ありがとうございました!
前回の授業で特に心に残ったのは、「初面談で夢を質問した時、即答できた人とだけ付き合おう」という言葉です。
自分はまだ夢が抽象的なままで、具体的に自信を持って夢を語れる状態にはありません。
このことに危機感を覚えることができたのは前回の授業の収穫です。
久米先生から教えていただいた大きな夢を持つための逆説的な4つの質問を有効に活用して自分自身への理解を深めたいと思います。
次回の授業を楽しみにしています。
ありがとうございました。
Posted by 佐藤昭啓 at 2019年04月23日 20:50
「美しい物に沢山触れて、何が美しいかわかる人間になりなさい」という久米先生の教えに従い、国立西洋美術館に行ってまいりました。
講義後のカレーでは、知らないことばかりで恥ずかしくなることもありますが、その分視野が広がっていくのを実感しています。
また色々教えてください!
Posted by 芝崎文哉 at 2019年04月22日 09:58
今回の授業で感じたことは、師匠を増やすということは、その数だけ新しい物事に接点を持つことに繋がるということです。それはもしかすると趣味に繋がり、またはどこかで使える知識になります。そのおかげでまた新しい師匠を見つけることになるかもしれません。そういう風に興味の幅を広げていけると楽しい人生が送れるような気がします。次回も楽しみにしています。ありがとうございました。
Posted by 荒井 祐哉 at 2019年04月19日 14:51
今日の授業は主に夢の見つけ方、師の見つけ方について、経験に基づきながらの授業でした。
夢がまだ決まっていない自分にとっては非常に有意義な授業だと感じました。
Posted by 山内海世 at 2019年04月18日 17:13
個人的な話になってしまいますが、今日授業の最初の挨拶を前でさせて頂きました。平静を装っていましたが、実際はとても緊張していて手汗をかいていたり、膝が震えていたりしていました。しかし、大勢の前で挨拶をするというのはなかなかできない貴重な体験でした。最初にやり機会を譲ってくれたクラスメイトと機会を提供してくれた久米先生に感謝します。ありがとうございました。

久米先生の言う人生に師匠を見つけなさいというのには非常に共感します。今の自分にとってはインターン先の企業の社長が一番近いと思います。その人たちの話を聞いていて思ったことなのですが、久米先生はどの師匠の思想というか、色に染まりきっていないの良いなと思うところであり、不思議にも思うところでした。
自分も自分自身の軸を持ち、色々な人の思想に触れられる人間になりたいと思いました。半年間よろしくお願いいたします。
Posted by 大塚 一徳 at 2019年04月18日 16:45
今回初めて受講させて頂きました!
正直これまで敷かれたレールの上をただ走ってきただけであまり自分の夢について深くは考えてきませんでした。
就活も近づき将来何をするか聞かれることも増え、見つけなければと思いこの授業で色々な方のお話を聞き、何か手がかりを見つけられたらなと思います。
これからよろしくお願いします。
Posted by 深尾駿一 at 2019年04月18日 14:47
善と悪で人を分別しないというのは、言葉で言うのは簡単だけど、実際に行動するのは非常に難しいと感じます!できることから一つ一つクリアしたいです!
Posted by 仲隆之介 at 2019年04月18日 08:58
ベンチャービジネス論の第2回目です。

ちょうど今日の朝、満員電車に揺られながら思いました。
「満員電車って消えないかなぁ」
なんでって言うと、単純にストレスの問題です。
古いデータですが、2004年にDavid Lewisという心理学者が行った研究では、満員電車に乗った被験者たちの心拍数・血圧などを測定した結果、そのストレスは臨戦態勢の戦闘機パイロットや機動隊員以上の結果がでたといいます。(https://bit.ly/2VW4c5u)
2018年に国土交通省が7月に公表した混雑率では、東京圏の主要路線・区間のうち11路線で今も混雑率が180%を超えているそうです。(https://bit.ly/2UMrgaI)
つまり、少なくとも僕ら9:00ごろ始業ピーポーは平日、戦士なんですグラディエーターなんです。

嫌だ、、、。戦う自覚もなしに傷を負いたくない、、、。
じゃあ、どうやったら解決するかを考えてみましょう。車、タクシー、2階建て電車、2階建てバス。さまざまなことが思い浮かびます。

あーーなるほど
さて、ふわふわと思い浮かべているときに、なんとなく別のことで自分が納得したことがありました。それは、「世界を変える方法」です。
世界を変える方法。それはなんとなく、自分がどうやったらストレスなく生きれるかを探求すること、なのではないかな?
これでいま現在、自分は納得しています。

満員電車も、どうやったら自分が苦しまずに済むかを考えれば、解決したときには、それは人類のあらたな一歩となるでしょう(https://bit.ly/2Grsn6B)。身近なところでも、左の人をどうやったら笑顔にできるだろうか探求していれば、自分もおのずと笑顔になるでしょう。

久米先生の、人は「幸せになるため」に生きている。まさにその通りだと思いました。率直ですが、あたたかい言葉です。

第3回も楽しみです!
レポートURL⇨https://bit.ly/2UIuUC6
Posted by 水本舟哉 at 2019年04月18日 07:10
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック