CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
フェリックス・マガト [2010年07月20日(Tue)]




こんばんわ。


スポーツ大好き明大生の北川です!!!


今回ご紹介するのは、フェリックス・マガトさん。


まずは経歴から…


フェリックス・マガト
1953年7月26日生まれ
ドイツ出身の元西ドイツ代表サッカー選手
サッカー指導者。
ブンデスリーガ・ヴォルスブルクの監督(日本代表:長谷部誠選手が所属)
ブンデスリーガ・シャルケ04の監督(日本代表:内田篤人選手が所属)


彼は、選手との対話を重要視せず、数多いドイツ人指導者の中でも最もハードなフィジカルトレーニングをする事で知られているため、鬼監督と言われている。


しかし、その反面、一流選手を超一流選手にさせる【超育成型】監督とも言える。


超一流の選手たちはプライドが高いため、彼の練習には合わないが、


一流選手にとっては、彼の練習は、超一流選手への登竜門であろう。


1日2回の練習

吐くほどの厳しい練習

ダッシュの時間や本数を言わない練習


彼の方針は、とにかく…練習なのだ!!!


そんな彼の有名な言葉を今回はご紹介しよう!!


『高いクオリティーは苦しみから得られる』


一流選手が高校生のような練習を、もう一度プロでやるのだから、


そりゃ、さらに成長しますわな!!!


最後に…


日本代表監督に相応しいと思うのは、私だけであろうか…






それにしても…若い時、かっこいいですね!!!
川島英嗣(日本代表GK) [2010年07月16日(Fri)]


こんにちわ。

スポーツ大好き明大生の北川です!!!

今日は、大学からの更新です。

さて、今回ご紹介するコメントはこちら!!!


「開幕までの2週間で、しっかり準備をしたい。日本代表?4年後のW杯もあるけど、その前にアジア杯やW杯予選もある。日々の戦いを勝ち抜いてこそ」


これは、成田空港からベルギー(移籍先のリールス)に向かう前のサッカー日本代表のゴールキーパー川島永嗣選手のコメントです。


私がこのコメントに感動したところは、「日々の戦いに勝ち抜いてこそ」と言ったところです。


今回のW杯で浮かれず、むしろ、次回はもっと成長して日本代表に選ばれるぞ!!といった挑戦者の意識がメラメラと伝わってきます!!!


ベルギーでも、必ず活躍する姿を見せてくれるでしょう!!!


試合中の気迫が前面に押し出された表情は、まさに圧巻の迫力ですよ。


がんばれ、川島英嗣選手!!!


川島英嗣選手のブログ『Life is beautiful』
祝!経営者会報ブログに登場! [2010年07月15日(Thu)]
こんばんわ。

スポーツ大好き明大生の北川です!!!

今回は経営者会報ブログ『明大生と一問百答』に私の質問が採用されたので紹介します!!!

今回初めて質問が採用されたのですが、2つ感動しました!!!


1つ目は、井寄様からのコメントです。

「すべてを教えても相手のためにならない」

これは、まさに人材育成などを手がけていらっしゃる会社の究極とも言えるアドバイスでした。

井寄様、本当にありがとうございました。


2つ目は、この経営者会報ブログ編集部の田中学さんの編集力です。(偉そうに言ってすいません)

〜私の投稿〜

明治大学商学部の北川隆浩です。失礼致します。ある日、上司が部下の仕事を見学しました。見学後、上司は特に何も言いませんでした。早速質問なのですが、見学後、上司が部下に話しかけるべきだと思いますか?それとも、部下が上司に声をかけるべきだと思いますか?
私は現在、塾でアルバイトをし始めて2年目に入ったのですが、上司の方が全然話しかけてくださらなくなりました。普段から、あまり話さない方なのですが、塾なので、授業見学をされることがあります。
しかし、その後、特に何も言われません。良かった点は期待していませんが、せめて課題点は言われたいのです。将来、教育者になりたいとお伝えしているだけに、なおさら言われたいのです。やはり、見学された後、私自ら上司に聞きにいく必要があるでしょうか?


はっきりいって長すぎですね。田中さんごめんなさい。


田中さんの記事

塾で講師のアルバイトを始めて2年目になりました。
上司にあたるある先輩社員の方が、よく授業を見学してくださるのですが、
その後に特にアドバイスなどをいただけません。
私は自ら上司にアドバイスなどを求めに行くべきでしょうか。


まさに圧巻の編集力です。


しかも、その後に…

将来、教育者を目指しているという北川さんは、
先日、3週間に及ぶ教育実習を終えたばかりとのことです。

アルバイト先の上司は、無口な方とのことですが、塾に入った当初は、
「教育者になりたい」というご自身の目標をその上司に伝えていたこともあってか、
いろいろと教えてくれていたそうです。

しかし、最近はまったく話をしてくれない、とのことです。
北川さんは、「せめて課題点を知りたい」と言い、
自分がどうしたらよいのかわからず、迷っています。

最初は良好だった上司や先輩との関係がうまくいかなくなったとき、
みなさんはどのようなことをなさるでしょうか。
あるいは上司として、北川さんのような部下をどのようにお考えでしょうか。
ぜひ、アドバイスをいただければ幸いです。


と、質問の意図まで添えてくださったのです!!!

読んでいて、すごく嬉しくなりました。

田中さん、採用はもちろん、編集&説明、ありがとうございました。

将来、教育者として本を出すので、田中さんに編集していただけたら幸せです。

今回はありがとうございました。

明治大学商学部4年 北川隆浩
『考えすぎて動けない人のための 「すぐやる!」技術』 [2010年07月15日(Thu)]
こんばんわ。

スポーツ大好き明大生の北川です。

今回は、久米先生の本『考えすぎて動けない人のための「すぐやる!」』の感想文です。




タイトルの通り、思い立ったらすぐやる!ということを提言されいるのですが、

何せ、設定されている状況が、結構日常であるあるっ!!と思えるところがおもしろい!!!

中身では、本の中であなたが今後遭遇するであろう、様々な選択状況に迫られますが、

読んでいたら、そんな状況も軽やかに飛び越えれるはずです。

イラストもかわいらしくて、いいですよ。

自分が遭遇したピンチのたびに、読んでヒントを得れるので、

部屋の中の目立つ箇所に置かれることをオススメします!!!
ブログ企業論について [2010年07月15日(Thu)]
こんばんわ。

スポーツ大好き明大生の北川です!!!

みなさんは、なんでこんなにハイペースで更新?と問いたくなるでしょう。

聞いてください、明日の提出物なんです。課題なんです。

明大名物授業『ブログ企業論』の課題なんです。

大変なんですが、楽しいので大丈夫です!!!

さてさて、今回は、『ブログ企業論』前期講義で学んだことと後期への決意です。


この前期講義の間で、すぐやらないでいつやるの?という意識付けをしていただいきました。

受講していく中で、他の受講生のすぐやった姿勢を見て、すごいなぁと思うと同時に後期こそ!!!という気持ちが大きくなりました。

昔から面倒臭がりなので、すぐやる!という意識付けはお尻をたたかれまくった前期でした。

そんなありがたい久米先生の「思い立ったら、すぐやる!」という提言に対して、感動はしたものの…

こんな時間にブログを急いで更新しているうちはまだまだです。


さて、それを踏まえての後期への決意なんですが…

・毎日、ブログを更新する。

・週末の課題は金曜日にまとめて終わらせる。

この2つに尽きますね。

「明日やろうは、バカ野郎だ。」という友達の言葉も思い出しながら、頑張ります。
毎日RTのまとめ [2010年07月15日(Thu)]
こんばんわ。

スポーツ大好き明大生の北川です!!!


今回は『ブログ企業論』でしか出会わなかったであろう、毎日RTへの僕のつぶやきをまとめます。

まずは日々の関心事についてです。

・選挙について  7月15日

みんなで話し合って決めるのが民主主義のあり方なのに、選挙後の議論が、当然のように「どうやったら、自分たちが多数決で勝てるか」ばかり考えている。


・谷亮子さんについて 7月15日
谷亮子さんが出馬したことにも問題があるが、それ以上に彼女に一票を投じた有権者に問題がある。


・劇作家つかこうへいさんについて 7月15日
「いつかこうへいに」という名前の由来に感動しました。ご冥福をお祈りします。


〜〜〜ここからはW杯決勝でのつぶやきです。〜〜〜




不安ペルシー最高です。ありがとうございましたm(__)m 4:27 AM Jul 12th


ありがとう!カシーリャス!!!4:51 AM Jul 12th


オランダのロッペンのギアチェンジが圧巻でしたね。まさに死闘。圧巻といえば、スナイデルの太股も圧巻でしたね。5:24 AM Jul 12th


スペイン優勝っ!!!両チームの控え選手の差が出た試合だった。決勝の試合後は何度見
ても辛いなぁ。。。カシーリャスの涙に感動した。おめでとう!!!6:10 AM Jul 12th


スペインおめでとう!!!6:20 AM Jul 12th


これで、ワールドカップ後の寂しさを解消!!!4:01 AM Jul 13th


まとめです。

なんか決勝での興奮を思い出しますなぁ♪

試合の興奮、そして終わった後の寂しさまでつぶやけた気がします。

決勝戦って、勝ち敗けがちゃんとつくからおもしろいんだけど、

それ以上に終わった後の寂しさのほうが多いんだよなぁ。。。

まぁでも、延長戦で決着のつく試合なんて、そうそうないですから、

そういう意味では、、、



圧巻の試合でしたね!!!
みんなのブログ [2010年07月14日(Wed)]
こんばんわ。

スポーツ大好き明大生の北川です!!!

今夜は、私が大学で受講している『ベンチャービジネス論』のみんなのブログを紹介します。

一言でサクッと伝えます。


@ヒロ先輩の『ヒロ先輩、ポスカへの愛。』

ポスカで描かれた文字の写真が書くことの大切さをいつも伝えてくれる、圧巻のデザインブログ。



A小林大地さんの『角ハイボール好き大学生による、ハイボールファンを増やすブログ』

今日も角ハイボールはおいしいっ!!!と声が聞こえてきそうな、圧巻のハイボール大好きブログ。



B松崎進さんの『センター試験現代文研究〜〜現役明治大学生がやります』

これさえ読めば、センター現代文は大丈夫。と背中を押してくれる、圧巻の現代文攻略ブログ。



C河野秀行さんの『日本全国、地酒大百科!』

地酒の歴史、味、種類、お菓子など、基礎の基礎から教えてくれる、圧巻の地酒博士になろうブログ。



まとめとしますが、どのブログもこだわりがあって、特徴があって、熱意があって…

私自身が多くの刺激をもらいました。

ありがとうございました。

まさに圧巻でしたね!!!
ディエゴ・フォルラン [2010年07月13日(Tue)]


こんにちは。

スポーツ大好き明大生の北川です!!!

ワールドカップがついに終わりました。

決勝戦の話は次にしますが、その前に聞いてくださいっ!!!


ワールドカップのMVPも発表されました。

選ばれたのは。。。なんと!!


ウルグアイ代表のディエゴ・フォルランでした!!!




前回のブログで、ウルグアイの監督のコメントを載せただけに、

続けて、今大会で好きになったウルグアイの話が書けるなんて…

うれしいです。


さて、早速受賞した彼のコメントを紹介しましょう!!



「これはすべてのウルグアイ人にとっての賞だ。彼らはそれにふさわしいんだよ」


すごく感動しました。。。

これはチームみんなの賞だ。と言うことはあっても、

これはすべての○○人の賞だ。とは、なかなか言えないセリフです。

このコメントで、彼が母国ウルグアイで愛されていることが伝わってきますし、

彼もまた母国ウルグアイに誇りと愛情を持っていることが伝わってきました。

ありがとう、フォルラン!!!

今後も応援し続けます。
オスカル・タバレス [2010年07月12日(Mon)]
こんばんわ!!

スポーツ大好き明大の北川です。

今夜W杯決勝ということなので、今回はサッカー編です。

サッカー編といっても、注目したのは選手ではなく、ウルグアイの代表監督オスカル・タバレスさんのコメントです。


「負けている状況で彼を外すほど、私は愚かではない。」



準決勝でオランダとの試合にて。

3点目をオランダに取られた後、監督はチームの柱である選手を交代させました。

私は、ウルグアイの監督はもうこの試合を諦めたと思いました。

もしくは怪我かと。

その試合後のインタビューで監督は、下記のコメントも残しています。


「彼は、初戦からフル出場していたため、身体が限界だった。」


つまり、監督は苦渋の選択だったということです。

それにしても、監督のこんな言葉を聞いたら、その監督にずっと付いていこうって思いますよね。

なんて素晴らしい褒め言葉なんだ!!!

残念ながら、ウルグアイはドイツとの3位決定戦で負けてしまいましたが、

今大会において、試合以上に内容の濃いコメントでした!!!


オスカル・タバレス
ウルグアイ・モンテビデオ出身。元小学校の教員であったことからマエストロ(先生)の愛称で親しまれ、尊敬されている。現サッカー指導者。現在サッカーウルグアイ代表の監督を務める。
歴ドルの小日向えりさんの話 [2010年07月11日(Sun)]
おはようございます。

スポーツ大好き明大生の北川です。

ひなんこフォトブログ

ということで、先日ブログ企業論にて、歴史アイドル小日向えりさんが講演をしてくださいました。

ありがとうございました。

自分なりに一言でまとめると。。。

小日向さんは、長期的な視点を持っていると感じました。

具体的には。。。

ブログを更新する際の事前準備

今年流行するであろう歴史の見極め

自分の方向性を見失わない

将来どうするかを常に考えている

などなどです。

自分に響いた言葉は、「嫌なこともやらなければいけないことがある。」という、アイドルという仕事に対する小日向さんなりのメッセージでした。

現在の塾講師の仕事でも、何でこんなことまでやらんといけんの?と思うことは結構あるのですが、今回の話を聞いて、「今」という瞬間にベストを尽くす、プラス、じゃ、将来自分はその「今」をどう繋げていくかを考える必要があるなぁと感じました。

来てくださり、本当にありがとうございました。

今後のご活躍を願っています。
| 次へ