CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ジャンボ尾崎、フェニックス欠場 50年目で初の年間出場試合0 トーナメント撤退も [2020年09月15日(Tue)]
尾崎将司が男子レギラーツアーに出ないという。1年間でないという。年も73歳だからしゃないというところでしょうか。

尾崎将司は小生が沖縄に駐在していたころ、沖縄でのトーナメントに出場していた。まだ若い時だから迫力があった。豪快なドライバーショットで観客をうならせていた。

サービス精神も旺盛で“あの小山をぬけて見せましょう”左レッグしているところの小山越えのドライバーショットを打ち、見事山越えを果たした。拍手喝采であった。

良き時代の選手であった。ちなみにその当時尾崎が使用していたゴルフ道具はまあだ保存している。ほかのセットは捨てたが、これだけは残してある。ウィルソン・スタッフのモデルである。

データ
デイリースポーツ101

 男子ゴルフの尾崎将司(73)が15日、今季男子レギュラーツアーで11月に開催予定のダンロップフェニックスについて「おそらく出ない」と欠場を明言。

1970年代初頭のプロデビューから半世紀にして、今季は初の年間0試合出場となることになった。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 17:36 | 街道を走る | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
金正恩氏、台風被害地域を訪問 「軍は奇跡の創造者」 [2020年09月15日(Tue)]
北朝鮮は7月より長雨がつずき、洪水など水害に襲われていたようだ。また、今年の台風は勢力が強く、その被害も出ていると思われる。

今回のこの金氏の報道は、金氏が健在であることを強調するためのものであろう。

災害がひどいときは日本では自衛隊が救助に向かうが、北朝鮮では軍が救助の最前線に立っているのであろう。

データ
スプートニク通信 2020年09月15日 10:36

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は台風による被害が出た平壌南部の黄海北道金川郡江北里を訪問し、現地で指導した。北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)が報じた。

報道によると、金氏は江北里で新たに建設された住宅を視察し、「人民軍はこの地の全ての奇跡の創造者だ」と述べた。


​また、金氏は補修できない状態にある建物を視察して、人民軍に全部取り除いて新たに建設するように命令を下した。

朝鮮半島では7月末から記録的な大雨に見舞われており、北朝鮮と韓国では洪水や土砂崩れによる死者が出ている。

これより前、北朝鮮の寧辺(ニョンビョン)にある核施設のポンプ室が、洪水被害を受けた可能性があると伝えられていた。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 11:47 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
課題山積で始動する菅体制、正当性確保へ人事・解散がカギ [2020年09月14日(Mon)]
ロイター通信の報道である。新しい日本の首相(いまのところは候補)にたいする報道の仕方である。比較的冷静な分析による報道といえそうだ。

データ
英国ロイター通信 2020.9.14


[東京 14日 ロイター] - 自民党総裁選で石破茂元幹事長と岸田文雄政調会長を大差で破った菅義偉官房長官は、16日の首相指名選挙で選出されれば新首相として新たな政権を発足させる。

コロナ感染拡大防止と経済再生をどう両立させるか、政権の正当性を確保し、求心力をどう高めるか、米中対立などの問題にどう対応するか。

山積する課題に取り組む新首相の姿勢は、閣僚・党役員人事や衆院解散の時期などを通じて探ることになりそうだ。


自民党の新総裁に当選した菅義偉官房長官は、16日に新首相として新たな政権を発足させる。山積する課題の対応の行方を左右するのは、組閣と党役員人事、衆院解散の時期などになりそうだ。

<政策実現へ政権正当性が必要>

コロナ禍が終息しない中、菅氏のスタンスは明確だ。「経済再生」を重視する姿勢は、感染拡大が収まらない中でのGoToキャンペーンの実施などから明らかだ。

ただ経済再生に向けた具体的なマクロ政策などに関する発言は「アベノミクス」の継承といった言葉に集約され、独自色は示されていない。

むしろ、省庁縦割りの弊害突破、不妊治療の保険適用といった少子化対策、デジタル庁創設や行政の電子化推進など、中長期的な改革姿勢が看板ともいえる。

このため、こうした中期的な改革断行に必要な政権の正当性と安定性確保が、菅氏が希求すべき課題となる。

菅政権誕生の背景に党内の派閥相乗りの構図があることは明らかで、政権運営上最大の課題はこうした構図を脱却すること。解散で正当性を確保することはその解となり得る。

永田町では、解散するなら今秋との声は多い。2021年度予算の概算要求期限である9月末以降に解散、10月25日投開票などのシナリオがささやかれている。

今秋を逃せば、インフルエンザが流行する冬はコロナの問題が懸念されるほか、年明けには来年度予算編成、さらに夏にかけて東京都議選、東京五輪・パラリンピックが控える。

年明け以降はタイミングが限られ、年内解散を望む自民党関係者は多い。

「菅氏は調整能力は卓越しているが国会答弁は得意とは言えない。年明け通常国会が開けば、内閣・与党支持率が再低下する可能性もある」(自民幹部)との声もある。

<早期解散は矛盾、感染収束と経済再生が条件>

しかし「10月にも解散」とのシナリオがここで浮上することには批判の声も多い。

自民党が今回の総裁選で全国の党員投票を見送った理由が緊急事態だったからだ。解散総選挙をして政治空白を作ることと整合性が取れない。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 17:33 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イスラエル  新型コロナの感染再拡大で3週間の「完全ロックダウン」 [2020年09月14日(Mon)]
外出は自宅から500メートル以内に限られるほか、学校やショッピングモール、レストラン、カフェ、企業のオフィスも閉鎖されるという。イスラエルは相当厳しいロックダウンを行う。

企業のオフイスも閉鎖とは、相当新型コロナの第二次感染が広がっているということか。キリスト教、ユダヤ教では信徒が教会の礼拝を優先するからかもしれない。

日本も油断できない状況にあることを認識しておこう。

データ
ロシア・スプートニク通信 2020年09月14日 11:00

イスラエルでは新型コロナウイルスの感染が再拡大したことから、政府はユダヤ教の祝日が始まる今月18日から再び全土で3週間におよぶロックダウンの導入を決定した。イスラエルのイェディオト・アハロノト紙が報じた。

イスラエルでは3月中旬から厳しい外出制限を導入するなどし、いったんは1日の感染者数が10人を下回ったものの、経済活動や学校の再開に伴って感染が再拡大し、先週には1日当たりの新規感染者数が4000人を超え、感染者は累計で15万人に達している。

世界の新規感染者数30万人超 過去最多を更新

こうした事態を受け、イスラエル政府はユダヤ教の祝日が始まる18日から3週間にわたり再び全土でロックダウンの導入を決めた。

イスラエル政府の新型コロナウイルス対策委員会によれば、外出は自宅から500メートル以内に限られるほか、学校やショッピングモール、レストラン、カフェ、企業のオフィスも閉鎖される。

スーパーマーケットなど、生活必需品を扱う商店にかぎり営業が認められる。

ネタニヤフ首相は13日夜、記者会見の中でロックダウンを再び導入する必要性について国民に説明した。今後の感染拡大状況に応じてロックダウンは延期される可能性がある。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 11:32 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「すべて陰謀」あるグループの人たちは新型コロナウイルスの存在をなぜ信じようとしないのか? [2020年09月13日(Sun)]

人が何を信じて、行動しようと自由であるという、その自由は社会規範から見てあるのであろうか。社会規範と法律、国家権力の命令、法的規制、規範などに対立する人々が出てきている。

日本人は、法的規制を伴わない政府からのお願い,要請に従っている。自警団として警察権力以外のマスク警察なども出現した。

この問題は奥が深い。国家権力による命令に従わないという側面を持っているからだ。

アメリカであったと思うが貧困層はコロナウイルスは金持ちがかかる病気であるので、貧乏人は感染しないと信じて、マスクもしない病院にもいかない人々が多いという。


データ 新型コロナウイルス
ロシア・スプートニク2020年06月26日 17:30
筆者 : マリア チチェヴァリナ

新型コロナウイルスのパンデミックが起きると、世界中で「これは新種の病気ではない」と主張する人々が現れ始めた。

それだけではない。そんな人々は、自主隔離の指示を破り、マスクをつけないで生活するように呼びかけ、そのような決まり事は「無駄」だと主張している。

このような人々は、各々の見解を持っているが、その持論が周囲の人々の安全に影響を与える恐れもある。

新型コロナウイルスの存在を否定することが、いかに第2波の予防に障害となるか、スプートニクは検証を試みた。

新用語の「コヴィディオット」と「コロナ反体制派」って何?

コーヴィッド・ディシデント(別名コロナ・ディシデント、コロナウイルス・ディシデント。ディシデントは反体制派の意。

以下「コヴィド反体制派」)と呼ばれる人々のグループとは、新型コロナウイルスの存在を信じていないか、あるいは、このウイルスに関連する問題は実際には小さいのに、メディアや政治家らが煽っていると考えている人たちの集まりのこと。


「インフルエンザ用ワクチンの投与と変わりない」 コロナ用ワクチンの実験に初参加の女性が投与後の感覚を語る

新型コロナウイルスのパンデミックによって、社会にも新しい用語が生まれた。

英語のスラングを集めたオンライン英語辞書「アーバン・ディクショナリー」には、「covidiot(コヴィディオット。COVID-19と、馬鹿を意味するidiotをかけ合わせた造語)」という新単語が登場した。

今の世界には、地下壕を建て、世界の終わりに備えて食料品を過剰に蓄える人と、コーヴィッド反体制派という2パターンの人々が存在する。

この後者であるコーヴィッド反体制派(コロナ反体制派)は、ロシアの場合、HIVの存在を否定するHIV反体制派と似ている。

また、いわゆるコヴィディオットは自分たちの主張を積極的に貫き、集会に参加し、決められた自己隔離のルールを破るように呼びかけている。

さらにそういった行動様式から、「スーパースプレッダー」という新単語も出現した。

この言葉は、建物内での隔離や自宅での隔離生活を拒み、周りの全ての人たちに感染させてしまう人を指している。またこの言葉は、一般的な感染者よりも他人に感染を広めやすい人のことを指す単語でもある。

コーヴィッド反体制派と一口にいっても一様ではなく、いろんな理論の信奉者が存在する。

この反対派が唱える理論について、すでにいくつか耳にされたこともおありだろう。その反対派には新型コロナウイルスという病気は存在しないと言う者がいる。

また反対派は、このパンデミックで恩恵を受けているかもしれない人たちを探していることが多い。

反対派は当初、新型コロナウイルスは中国経済の破壊を目的とした攻撃であると述べていた。そして彼らは今、中国がウイルスを世界に拡散させ、世界を破壊したと主張している。

また「反体制派」の中には、これは製薬会社の陰謀だと述べる者もいる。

彼らが新型コロナウイルスが出現した理由として挙げているものの中には、当局が人々をコントロールするために人体にマイクロチップを埋め込もうという狙いから来ているというものもある。

5Gの電波塔は人々の免疫力を抑制するというような説も現れた。また陰謀論者らによると、新型コロナウイルスは電波で感染による被害者を選び出し、ウイルスの拡散を加速させることができるという。

こういった説がインターネット上で広まったことで、英国では4月、いくつかの都市の住民が5Gの電波塔に火を放ち、燃やしてしまった。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 21:05 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
米株は軟調、主要指数は2週続落 情報技術株に売り [2020年09月12日(Sat)]
アメリカの株式の上昇は、バブルの様相を呈しているが、ここのところの下落傾向は、暴落の予兆とみるか、株価の調整とみるか判断の迷うところであろう。

日本株がアメリカ株と必ずしも連動しないところを見ると、外資が日本株にヘッジしているのかななどと楽観的な見方をするのだがどうであろう。

データ
ロイター通信2020.9.12

[ニューヨーク 11日 ロイター] - 米国株式市場は、情報技術関連株などに対する買いが衰えたことで、ナスダック総合は小幅安、S&P総合500種はほぼ横ばいで取引を終えた。

ダウ工業株30種はプラス圏で引けたものの、週足では3指数そろって2週連続で下落した。


Posted by ゆう東洋医学研究所 at 11:25 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
10億人の人々が移住せざるを得なくなる、海面の上昇に脅かされているマーシャル諸島=2015年 [2020年09月11日(Fri)]
太平洋地域の島々だけでなく、日本においても海面の上昇は深刻な影響を及ぼす。日本の平地は国土の30%であり、その平地はほとんどが海に面している。

海面の上昇は、それらの平地に浸水可能性がある。全国ほとんどであるから、高い堤防を作るにしても膨大な距離を作らねばならない。

データ
アメリカCNN 2020・9・11

(CNN) 世界的な気候危機の影響により、10億人を超える人々が今後30年間で本来の居住地に住めなくなる恐れがあるとする研究報告を、このほど国際シンクタンクがまとめた。

実現すれば、大量移住やより大規模な武力紛争の引き金になるとみられる。

豪シドニーに拠点を置く国際シンクタンク、経済平和研究所(IEP)が行う「生態系への脅威登録(ETR)」と呼ばれる取り組みでは、最大で世界全体の12億人が2050年までに住む場所を変えることを余儀なくされると予測。

いかなる国でも気候危機の影響は避けられないとしつつ、世界で最も貧困かつ脆弱(ぜいじゃく)な状況に置かれた人々が最大の打撃を被るとの見方を示した。

世界の発展や平和にとっても深刻な脅威になるとし、強靭(きょうじん)さに極めて乏しい国々では社会に不穏な空気が流れ、政治が不安定化。人々の分断が生まれ、経済が崩壊する公算がより高まると指摘した。

今回の報告は移民・難民の動向を分析するIDMCや国連食糧農業機関(FAO)、またIEPが過去に実施した各国の強靭性に関する調査から得られたデータを基に作成した。
これらのデータを用い、IEPが人口増加、水問題、食糧不足、干ばつ、洪水、サイクロン、気温上昇、海面上昇の相対的な脅威を算出。強靭性が低く、今後数十年間の生態系の変化がもたらす影響に耐えられない国は31カ国に上るとした。

これらの国々はサハラ砂漠以南のアフリカ大陸、南アジア、中東、北アフリカといった地域に集中しており、全住民ではないにせよ、大部分が移住を余儀なくされる公算が大きいという。

北米や欧州の国々はこうした気候危機の脅威に対処できるだけの国力を備えているとみられるが、他地域から大量の難民が押し寄せるリスクに直面する可能性が高いと、報告では警鐘を鳴らしている。


Posted by ゆう東洋医学研究所 at 14:22 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
バイデン氏、トランプ氏は「国家安全保障を全く理解せず」 [2020年09月11日(Fri)]
バイデン前副大統領はこの大統領選挙で優位に立っているとしているが、選挙は開けてみなくてはわからない。

前回の大統領選でもヒラリークリントン氏が優勢と伝えられていたが、トランプ氏が勝った。

バンデン氏は古い体質の政治家であるが、アメリカ国民の支持をえれれるかどうかである。 

データ
アメリカCNN
2020.09.11 Fri posted at 10:30

バイデン氏、トランプ氏は「国家安全保障の概念がない」 CNN

(CNN) 米民主党の大統領候補、バイデン前副大統領は11日までに、トランプ大統領が著名ジャーナリストのボブ・ウッドワード氏とのインタビューで機密の核兵器システムの存在を明かしたことに触れ、トランプ氏は「国家安全保障の何たるかを全く理解していないように見える」と指摘した。

CNNの単独インタビューに応じたバイデン氏は、トランプ氏がウッドワード氏に語った内容について「驚きではなかった」と述べた。

そのうえで「トランプ氏とデータを共有してよいものか、情報機関の関係者が最初から不安に思っていたのはなぜか。

それは彼らがトランプ氏を信用していないからだ。

彼らはトランプ氏の発言や行動を信用していない」とし、「トランプ氏は国家安全保障の何たるかを全く理解していないように見える。

どうすれば自分を宣伝できるかという考えしかない」と断じた。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 13:27 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
来年度の東京オリンピックは開催不能となるか。 アストラゼネカの試験中断、ワクチン開発の行方は [2020年09月10日(Thu)]
日本政府は英アストラゼネカより新型コロナウイルスに対抗するワクチンの供給を受けることになっていたが、これが間に合わないと来年度のオリンピックの開催に暗雲となる。

日本が購入予定であった数億本にのぼるワクチンは日本に来ないことになる。

日本の製薬会社もワクチンの開発に取り組んでいるが臨床実験の段階で副作用があることが判明すれば、来年度早々にも生産されるものが間に合わなくなる可能性がある。

データ
英国ロイター通信 2020/09/10

英アストラゼネカは9月9日、開発中の新型コロナウイルスワクチンの臨床試験を一時中断したことを明らかにした(ロイター)



[ロンドン ロイター]英アストラゼネカが、有害事象の発生を受けて新型コロナウイルスワクチンの臨床試験を中断した。実用化の遅れが懸念される。

英オックスフォード大とワクチンを共同開発しているアストラゼネカは9月9日、独立委員会が安全性データをレビューするために臨床試験を一時的に中断したことを明らかにし、試験のタイムラインへの影響を最小限に抑えるよう取り組んでいるとの声明を発表した。

有害事象が確認された共同開発は、横断性脊髄炎と呼ばれる稀な炎症性疾患を発症したと報じられている。アストラゼネカは、詳細は検証中で、最終的な診断は確定していないとしている。

米国立衛生研究所(NIH)のフランシスコ・コリンズ所長は9日、米上院委員会の公聴会で、ほかにも同様の事例がないか確認を進めていると語った。


アストラゼネカはすでに、世界各国に30億本近くのワクチンを供給することで合意している。これは、ほかのどのワクチンプロジェクトよりも多い。

同社はまた、被験者が神経系の症状を呈し、7月に臨床試験を一時的に停止したことも確認した。この被験者は多発性硬化症と診断され、独立委員会はワクチンとの関連性はないと結論付けた。


英国のマット・ハンコック保健長官は、今回の試験中断が開発プロセスを後退させるかどうかについて「必ずしもそうではない。アストラゼネカによる検証を見極めたい」と語った。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 15:30 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
森氏「首相の本命は岸田氏」 総裁選情勢で [2020年09月08日(Tue)]
安倍氏のホントの気持ちは岸田氏だ、という森氏の岸田氏に対するリップサービスである。

安倍氏もそういうふうに第三者から言ってもらって、内心喜んでいるのであろう。

岸田氏は細田派が味方してくれると踏んでいたが、見事に外され、菅氏に支持が集まっている。
無派閥の出身ということが、菅氏にとって幸いしたということであろう。

当たり障りのないというところが菅氏の持ち味であるが、外交面でトランプ、プーチン、習近平、メルケルなどの諸氏と渡り合える器量があるかどうか。

トランプ氏は11月の大統領選では苦戦するであろう。再び、民主党政権になれば、昔の利権やアーミテージ、マイケルグリーンなどが復活してきて自民党・官邸に指示を出すことになる。

そして、アーミテージ、マイケルグリーンと親しい小池知事が彼らをバックに国政に口をだすという構図になっていく。

安倍氏の最大の功績は官邸からアーミテージ、マイケル・グリーンを追い出したことだ。


データ
ロシア・スプートニク通信2020年09月08日 07:55
トピック 安倍首相辞任

森喜朗元首相は7日、自民党総裁選に関し、安倍晋三首相の本命候補は岸田文雄政調会長だったと明かした。

東京都内で開かれた政治資金パーティーで「安倍首相の本当の気持ちは岸田氏だ。

周りがだんだん菅義偉官房長官への支持で納得する空気になり、乗らざるを得なくなった」と述べた。岸田氏もパーティーに出席した。

安倍首相の出身派閥である細田派を含め、党内は菅氏の支持が圧倒的。

森氏は「岸田氏がひっくり返すには、麻生太郎副総理兼財務相を味方に引き入れるしかなかった」と語った。だが、岸田氏が率いる岸田派の古賀誠名誉会長と麻生氏は折り合いが悪いと指摘した。

Posted by ゆう東洋医学研究所 at 11:36 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「消したいあの一年」 原爆投下から75年 [2020年09月07日(Mon)]
ロシアの通信社の記者が、原爆を投下された広島・長崎を訪問している。アメリカの通信社、ニューヨークタイムズ、あるいはCNNの記者は広島・長崎を訪問して報道しているのであろうか。

核兵器を実戦に使用してその威力を実験してみるために、日本の戦争終結に向けての必死の交渉中に無慈悲に原爆を投下して、地上に生存する生命体をすべて抹殺した。

軍事的には原爆を投下する必要は全くなかったとアメリカの軍高官が言っていた。

核兵器の人体実験に広島・長崎の市民を犠牲にした。日本人はこのことを永遠に忘れないだろう。

特に長崎では日本のキリスト教徒の無防備な市民も多く犠牲になった。日本のキリスト教徒は決して原爆を投下した国を許さないであろう。

スプートニク特派員の広島取材

2020年は広島と長崎への原爆投下から75年目にあたる。

原爆投下の日を前に、通信社スプートニクの特派員が1945年8月6日午前8時15分に原子爆弾が投下され、わずか10秒の間に地表からほぼすべてが消え去ってしまった広島を訪れた。

高齢化する被爆者

広島訪問は私の不安を掻き立てた。それはこの町が恐ろしい悲劇を今も覚えているからだけでない。

現在、被爆者の平均年齢は84歳。日本全国の被爆者は約13万人とされている。また共同通信のアンケートによると、被爆者の約25%が年齢や体力の影響で被爆体験の継承活動が減ってきているという。

また約13%が活動をやめ、約40%が幼い頃に被爆したため記憶がないなどの理由で元々活動はしていなかったという。従来通り活動ができそうだという被爆者はわずか19%。

また新型コロナウイルスの流行が状況をさらに複雑にしている。共同通信のアンケートでは半数以上の回答者が、新型コロナウイルスが今後の核兵器廃絶運動の妨げとなると答えた。

また年を追うごとに、核廃絶が将来実現することを信じる被爆者が少なくなっている。

被爆者が忘れ去られないようにするためには、どうしたらいいのだろうか?

核兵器によるこの無慈悲な悪夢をもう誰も経験しなくてすむようにするためには、どうしたらいいのだろうか?

そのような問いかけが広島訪問中、私の頭から離れなかった。そしてこの問いへの答えを、今回の取材で出会ったさまざまな人たちから得た。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 12:25 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ロシア ウラジオストクを襲ったスーパー台風 貴重なグラス・ビーチを消滅させる [2020年09月06日(Sun)]
台風が朝鮮半島、大陸まで勢力が衰えず、あちこちに被害をもたらしている。韓国でも被害が出ており、おそらく北朝鮮にも被害が出ている。

中国の満州方面にも被害が出ているそうだ。
ロシアではウラジオストクに被害が出ている。台風の被害は日本だけでなく他国にも広がっている。

データ
ロシアスプートニク2020年09月05日 04:00

ウラジオストクを襲ったスーパー台風「マイサク」が景勝地ブフタ・ステクリャンナヤの貴重な海岸を消滅させた。沿岸部には小さな玉石や破片が残されただけだった。

嵐による波が海岸を彩ったガラスの一部を一掃してしまった。海岸の他の地域では砂地の中に深く埋まっていることが判明した。徐々に海岸は再建される可能性があるが、元の景観にはもう戻ることはない。


​専門家らは、わずか10〜20年後にはグラス・ビーチが消滅すると予想していた。

彼らはその理由として、海岸からのガラスの持ち帰りが禁止されているにも関わらず、旅行者らが貧欲に持っていってしまう点を指摘していた。

現在、ウラジオストクのグラスビーチに唯一似た場所としては米国カリフォルニア州のマッカーリチャー州立公園が上げられる。


​台風「マイサク」が沿海州を襲ったのは3日で、その影響により50人超が負傷し、3人が亡くなった。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 08:22 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ゴーン被告の逃亡ほう助容疑者ら 米裁判所が身柄送還を許可 [2020年09月06日(Sun)]
逃亡者ゴーン容疑者の日本からの逃亡のほう助をしたアメリカの2人の容疑者が、日本に送還されることが決まった。

当然といえば当然の判決をアメリカのボストン連邦裁判所が出した。

日本は犯罪人引渡し条約を
レバノンと締結すべきで、外務省はレバノンとこの条約を結ぶ努力をすべきである。

データ
ロシア・スプートニク2020年09月05日 09:15

米ボストン連邦裁判所は日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告の日本脱出をほう助したとして米国内で勾留されている米陸軍特殊部隊元隊員のマイケル・テイラー容疑者と息子のピーター・テイラー容疑者2人を日本に送還する許可を出した。裁判所の判決文で明らかになった。

裁判後に発表された判決文によると、ボストン連邦裁判所は日本政府が提示した証拠を審議した結果、日米間で交わしてある犯罪人引渡し条約を容疑者らに適用するのが妥当との決定を下し、2人の身柄送還を認めた。

加えて裁判所は本決定の内容を米国務省に通達するよう指示した。

これにより、米国務省は日本政府の要請に従い、容疑者らの引き渡しを行う。判決から一週間以内に米政府は身柄送還に関する証明書と裁判所の決定を日本に通達する。

ゴーン被告 東京国税局が日産に約10億円の申告漏れを指摘

米検察が提出した22日付の法廷文書によると、ゴーン被告が2019年12月に楽器ケースに隠れて日本から脱出した後、息子のアンソニー・ゴーン氏は仮想通貨交換事業者コインベースのプラットフォームを通じ、ピーター・テイラー容疑者に報酬を支払っていたという。

先にゴーン被告が自ら支払った分も含めると、テイラー容疑者とその父で米陸軍特殊部隊元隊員のマイケル・テイラー容疑者はゴーン一家から少なくとも136万ドル(約1億4500万円)を受け取ったことになる。

検察はゴーン被告から受け取った多額の資金をもとに国外逃亡する恐れがあるとして保釈を認めていない。

go-nn3.jpg
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 08:18 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ゴーン被告の逃亡ほう助容疑者ら 米裁判所が身柄送還を許可 [2020年09月05日(Sat)]
逃亡者ゴーン容疑者の日本からの逃亡のほう助をしたアメリカの2人の容疑者が、日本に送還されることが決まった。

当然といえば当然の判決をアメリカのボストン連邦裁判所が出した。

日本は犯罪人引渡し条約おレバノンと締結すべきで、外務省はレバノンとこの条約を結ぶ努力をすべきである。

データ
ロシア・スプートニク2020年09月05日 09:15

米ボストン連邦裁判所は日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告の日本脱出をほう助したとして米国内で勾留されている米陸軍特殊部隊元隊員のマイケル・テイラー容疑者と息子のピーター・テイラー容疑者2人を日本に送還する許可を出した。裁判所の判決文で明らかになった。

裁判後に発表された判決文によると、ボストン連邦裁判所は日本政府が提示した証拠を審議した結果、日米間で交わしてある犯罪人引渡し条約を容疑者らに適用するのが妥当との決定を下し、2人の身柄送還を認めた。

加えて裁判所は本決定の内容を米国務省に通達するよう指示した。

これにより、米国務省は日本政府の要請に従い、容疑者らの引き渡しを行う。判決から一週間以内に米政府は身柄送還に関する証明書と裁判所の決定を日本に通達する。

ゴーン被告 東京国税局が日産に約10億円の申告漏れを指摘

米検察が提出した22日付の法廷文書によると、ゴーン被告が2019年12月に楽器ケースに隠れて日本から脱出した後、息子のアンソニー・ゴーン氏は仮想通貨交換事業者コインベースのプラットフォームを通じ、ピーター・テイラー容疑者に報酬を支払っていたという。

先にゴーン被告が自ら支払った分も含めると、テイラー容疑者とその父で米陸軍特殊部隊元隊員のマイケル・テイラー容疑者はゴーン一家から少なくとも136万ドル(約1億4500万円)を受け取ったことになる。

検察はゴーン被告から受け取った多額の資金をもとに国外逃亡する恐れがあるとして保釈を認めていない。

go-nn3.jpg
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 10:26 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
コロナ禍によりアメリカのシエールガス事業が溺死状態になりつつある。 [2020年09月04日(Fri)]
アメリカのシェールガスについては数年前に、大手の石油会社がその油田を買い込んでいたが、それがマイナスの資産となっている。

現在は、コロナ禍から石油需要の減退により、また原油価格の低迷により石油だけでなく、シェール事業も大きな打撃を受けている。

また、石油企業がシェール事業を買収したことがマイナスとなり、本業の石油・ガスに加えてシェールガス事業が大きく足を引っ張るという事態となっている。

このままの事態で推移すると、大手メジャーーのエクソン・モービル、ダッチ・シェルは収益を大きく悪化させることになる。

それ以外の石油・ガス企業、シェールガス企業は倒産の危機に直面していくであろう。

数年前に住友商事が1000億円の損失をこうむりながら、アメリカにおけるシェールガス事業から撤退したのは賢明な判断であった。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 17:28 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
EUがロシアに制裁を検討 ナワリヌイ氏の毒殺未遂事件を受けて [2020年09月04日(Fri)]
神経剤「ノビチョク」による毒殺の疑いがもたれているが、ロシア側の医師団は言及していない。

毒ガス・ノビチョクの使用によるものといわれているが、ロシアの諜報機関が国内で反対派を抹殺するために毒ガスを使うだろうか。簡単に原因が突き止められるからだ。

プーチン氏の印象を悪化させるための、ノビチョク使用は自作自演ではないかという説もある。(文殊菩薩)

ロシアの印象は毒殺説が強く、以前のイギルスでの事件のこともあり暗いものにしている。

データ
ロシア・スプートニク2020年09月04日 13:22

欧州連合(EU)は国内線の機内で毒物を盛られたと見られている反対派指導者のアレクセイ・ナワリヌイ氏について、調査状況を国際社会に提示するようロシア政府に要求すると同時に、ロシアに対して追加制裁も辞さない姿勢を示している。

ジョセップ・ボレル・ フォンテジェスEU外務・安全保障政策上級代表が発表した声明で明らかになった。

ボレルEU上級代表は声明の中で、アレクセイ・ナワリヌイ氏に関する調査状況を国際社会に提示するよう要求すると同時に、ロシアに対し追加制裁も辞さない姿勢を示した。

そのうえで、引き続きEUはナワリヌイ氏に関する状況を確認し、今後の対応について検討するとした。

また、調査の客観性を担保するため、化学兵器禁止機関(OPCW)と共同でナワリヌイ氏に関する状況を調査するようロシア側に要求している。


ドイツの専門家が表明 ナワリヌイ氏は神経剤「ノビチョク」による毒殺の疑い
アレクセイ・ナワリヌイ氏に何が起こったのか

野党党首のナワリヌイ氏は8月20日にトムスク(西シベリア)からモスクワに向かう途中の飛行機内で体調が悪化。

飛行機はオムスク市に緊急着陸し、同氏は病院に搬送された。その後直ちに人工的昏睡状態に置かれ、現在もその状態が続いている。

当初44時間はオムスク市の病院で処置が施され、体調悪化から2日後にドイツ「シャリテ」病院に移送された。

独の医師らはナワリヌイ氏の体調悪化の原因はアセチルコリンエステラーゼ阻害剤によるものと断定。一方、オムスクの医師らは中毒について言及していない。

ナワリヌイ氏陣営は、同氏の社会的活動を理由にロシア当局が殺害を試みたと非難している。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 16:56 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ブルームバーグ:世界の石油大国で資金が枯渇 [2020年09月03日(Thu)]
原油価格の下落と原油生産量の大幅な減少は、中東産油国の経済基盤を直撃する。すなわち石油販売による利益がなければ、国庫が空っぽになる。それを補填する他の産業はない。

中東諸国も産業を興し、バランスのよい経済体制を作らねばならない。

コロナの蔓延で輸送燃料としてのガソリン、軽油などの消費の減少すなわち販売量の減少もある。

飛行機が飛ばなければガソリンの一種であるジェット燃料を消費しない。つまり石油を使わないということでもある。

コロナ禍を脱却し、各国が鎖国を早く解かなければならない。コロナにより、国家というもの、民族というものが新たに再認識された形となっている。

アメリカの株価上昇は、産油国のオイルマネーの流入によるものかも。

金融で資金を稼ごうという魂胆なのかどうか、もしそうだとすると、アメリカの株のバブル崩壊はオイルマネーの資金引き上げが引き金となる。

データ
ロシア・スプートニク通信2020年09月03日 02:30

大量の埋蔵量を保有するクウェートでは原油価格の下落が資金の枯渇を招いている。ブルームバーグが報じた。

報道では、今年、クウェートの石油とガスの輸出は2014年のピーク時の約半分まで下落していると指摘する。

実質的に政府は流動資産が枯渇し、財政赤字の補填ができなくなっている。赤字は約460億ドル(4兆8872億円)に達する見込み。

国内の状況は、議会と政府の間の対決を深刻化させ、議会は国庫補助金の再分配に関する政府案を承認しなかった。

クウェート経済の90%は、原油販売の利益によって左右される。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 11:59 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
バイデン氏が勝利した場合、「革命」が米国を待っている=トランプ大統領 [2020年09月02日(Wed)]
アメリカ国内の左翼勢力によって、バイデンはコントロールされるという主張である、左翼が主導権をとればそれは革命だという主張であるがどうであろう。

選挙戦上のデマゴギーの一つてあろうとは思うが、個人的な主張は言論の自由の範囲であろうか。

データ
ロシア・スプートニク 2020年09月01日 16:56
トピック2020年米国大統領選挙

トランプ米大統領は、米大統領選挙で民主党のライバル、ジョー・バイデン氏が勝利した場合、「急進的な左派勢力」による「革命」が米国を待っていると主張している。

トランプ大統領はFoxニュースのインタビューで「それら(急進的な左派勢力)が権力を握るだろう、もしバイデンになったら。彼は弱い人間だ。彼は人形のようにコントロールされている... これは革命だ」と述べた。


ツイッターがトランプ陣営の投稿に「操作されたメディア」マーク

またトランプ大統領はバイデン氏について「彼は弱い人間であり、その人生においてずっとそうだった... 彼は大統領に立候補すべきではない」と語った。

トランプ氏は司会者からより明確にすることを求められ、「通りにいる人たちもいれば、通りを管理している人たちもいる」と述べ、誰がバイデン氏をコントロールしているのかという質問には、司会者の知らない人たちだと答え、それ以上細かく話はしなかった。

5月末から全米で抗議デモや暴動が起きている。デモの参加者たちは警察によって殺害されたり負傷した黒人たちの事件における正義を求めている。複数の都市で暴動や略奪が起きた。

Posted by ゆう東洋医学研究所 at 19:32 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
バークシャーの日本商社株取得、インフレとドル安の投資妙味期待か [2020年09月01日(Tue)]
”バフェット氏はインフレで価値が生まれる分野へと投資の軸足を移しつつある”と評価しているが、日本がインフレになることを見越しているということであろうか。

日本の政治は1強、であったが、それは野党が弱すぎた反動に過ぎない。安倍氏がとくによい政治をしたというわけではない。これから旧民主党も合同するので政局は流動期に入る。

期待のとおり、インフレが進行するかどうか。この動きのインパクトは大きい。

データ
英国ロイター通信Reuters 2020・9・1

[ニューヨーク 31日 ロイター] - 著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイ(BRKa.N)は30日、日本の5大商社の株式をそれぞれ5%超取得し、持ち分を最大9.9%まで引き上げる可能性があると表明した。

これはバフェット氏が、インフレ進行とドル安に伴う外国株の投資妙味増大を期待している表れかもしれない。

投資対象となったのは伊藤忠商事(8001.T)、丸紅(8002.T)、三菱商事(8058.T)、三井物産(8031.T)、住友商事(8053.T)の各社。

いずれもコモディティー探査部門を含め事業は多岐にわたり、バフェット氏が好むバリュー株の典型と言える。

バークシャーが保有するアップル(AAPL.O)やアマゾン(AMZN.O)などの大手IT銘柄主導で、米国株が1990年代終盤のハイテクバブル以来の高値水準に達している今の局面で、バフェット氏がこうした投資に動いたことについて、バークシャーの株主も歓迎する姿勢だ。

資産の3%近くをバークシャーに振り向けているスミード・キャピタル・マネジメントのビル・スミード最高投資責任者は「バフェット氏はインフレで価値が生まれる分野へと投資の軸足を移しつつある」と評価し、出資先の企業は原油などの原材料の価格が跳ね上がれば利益が得られるとの見方を示した。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 15:26 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ウクライナのドンバスの炭鉱汚染水 チェルノブイリ原発事故よりも大きな災害を引き起こす恐れ [2020年09月01日(Tue)]
ウクライナの内戦による国土の荒廃である。内戦で破壊された炭鉱からの汚染水の問題が出てきている。

内戦になると生産設備が破壊されインフラもこわれてしまうという悲劇だ。

データ
ロシア・スプートニク2020年08月31日 17:30(

ウクライナ東部ドンバスの炭鉱汚染水の問題は、チェルノブイリ原発事故よりももっと大きな環境災害を引き起こす恐れがある。

ヴィトリド・フォーキン初代首相がウクライナ紙「Strana.ua」のインタビューで語っている。

東欧の大規模な石炭鉱床であるドネツク石炭盆地(別名ドンバス)は、ウクライナ中南部の主要な燃料・エネルギー供給源。

また、ドンバス東部(ロシアのロストフ地方)はロシア連邦の主要な燃料・エネルギー源である。

フォーキン元首相は「(2014年5月から続く戦闘のため)荒廃したドンバスは今、全ての炭鉱施設とインフラが破壊され、環境災害の危機が迫っている。

これについて熟考する余裕はない。多くの炭鉱が水浸しになり、見捨てられたままになっている。400カ所以上の貯水池や水処理施設が汚染水であふれそうになっている」と説明している。

同元首相は、近い将来起こりうる災害を防ぐために対策を立てる必要があると指摘している。

このままでは汚染水が現地の全ての川や湖に大量に入り込み、アゾフ海や黒海に流れ込んでしまうという。

「多くの人がこれに目をつぶっているが、この差し迫った災害はチェルノブイリ原発事故よりも計り知れないほど大きいものになる恐れがある」

ヴィトリド・フォーキン初代首相は1991年9月から1992年10月までウクライナ政権を率いていた。

2020年8月初めには、ウクライナに関する三者コンタクトグループ(TCG)の枠組みの中でドンバス情勢の解決に向けた交渉に参加している。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 14:53 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml