CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
週刊誌の見出しから政治を眺めてみよう [2017年10月31日(Tue)]
Grape-hyacinth_01.jpg
選挙期間中に限定するつもりであったが、政治は継続しているものであるので、少しばかり継続して週刊誌の目を追ってみよう。

サンデー毎日
野党よ何やってんだ リベラル重鎮の藤井裕久が怒りの提言
安倍独裁政権を倒す方法を伝授
圧勝しても安倍3選は視界不良なり 鈴木哲夫
徹底追跡 衆院選で宗教票はどこへ流れたか 山田直樹
モリカケのリセットを許すな、国策捜査を認めた安倍首相は失格だ

エコノミスト
危ない世界バブル
金融緩和が招いた債権中毒

週刊朝日
枝野幸男立憲民主党代表はリベラルか
私は護憲派ではないー立憲民主党の本質を検証
枝野氏が4年前に発表した憲法9条改憲私案を山尾志櫻里が研究
枝野氏が振りかざした排除の論理
泥船 希望は立憲にラブコール。立ちはだかる共産との協定

週刊スパ
政治関連無

女性自身
横田早紀江さん 戦争はやめて トランプ米大統領へ 直訴の苦悩

週刊女性
エダノンと呼ばれるのはうれしい 安倍政権との戦い方。どんな社会を目指すのか。


Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 19:24 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
高齢者になっても、筋肉を少しずつ鍛えれば筋肉がついて いくように、しっかりと思考し、頭を使っていけば、自由な思考が可能 [2017年10月31日(Tue)]


岡本太郎
okamototaro.jpg

高齢者になっても、筋肉を少しずつ鍛えれば筋肉がついて いくように、しっかりと思考し、頭を使っていけば、自由な思考が可能になって、 自分が今生きているのだという実感、生きていることの喜びを持つことができるだろう。

何かが見えるようになるということはすばらしい発見であろう。そういう老後を送りたい と願っているが。

記憶力の衰えはあるかもしれないが、思考力を衰えないようにすることは可能だ。 自由に考え発想していけば、認知症をわずらう可能性が少なくなるかもしれない。

<データ>
瞬発と残響 埴谷雄高 1996年6月20日初版
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 10:46 | 日本人の健康に直結 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
年をとることによって自分の狭い意味での生物的とか情念的なものから解放 [2017年10月30日(Mon)]

年をとることによって自分の狭い意味での生物的とか情念的なものから解放されることだ。
以下引用

彫刻家 高田博厚がいうには
“1900年に生まれて、年をとることによって自分の狭い意味での生物的とか情念的 なものから解放された。

それが見えるようになった。”ということだが、これは重要 なことである。
引用終わり

たしかに生きていることは大事だし、それから基本的には生きている ことによって、自分の考え方というものの主体ができるわけだけれども、同時に そこから自由になるということがないと、本当の意味で生きられない。

こだわりとか捉われがなくなることだ。


年をとるということは、単に老化していくのではなく、自分の情念から解放されていく 過程にあると思うことであろう。

自由な発想をすること、すなわち、こだわりや, 執念と言うものから解脱していくということである。

解脱などと言う言葉を使うほどの ことでもないが、ひとつの観念というか、生き方の習慣と言うようなものから解きはなれて いくということなのであろう。
kaigo3.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 11:27 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イギリスは、消費税17・5%であるが福祉政策が充実しているので福祉国家と言える。たとえば、市民の医療費、学費はタダである。無料である。日本を脱出しよう。 [2017年10月29日(Sun)]
artj17.gif
イギリスは、消費税17・5%であるが福祉政策が充実しているので福祉国家と言える。
たとえば、市民の医療費、学費はタダである。無料である。

これは税金を払っていなくても適用される。旅行者が病気になり医療にかかれば これも無料である。

食料品は非課税である。15歳以下の子供の衣服、遊具(一部課税)も非課税である。 また、子供手当てもあるそうだ。

福祉政策の財源は所得税と事業主が負担する医療保険料などが77%負担し、 消費税は12%の負担となっている。社会保障は消費税でまかなわれているわけ ではないのである。

この医療費が無料というのはすばらしい。日本は市民が負担する医療費が 増加しているが、日本に比べると天国である。
hannoki1 (1).jpg

また食料品は消費税が 非課税である。消費税率17・5%は高いが、食料品が除かれているのは、 低所得者にとっては救いとなる。大変暮らしやすいということである。

小生の友人が、イギリスに住んでいた(駐在)が、日本よりイギリスの ほうが住みやすいといっていた。

また、森林というかみどりが多いのも いいと語っていた。だが、階級社会である。

できることなら日本から移民したいほどである。

但し、今まではEUからの 移民が多いため,EU以外からの移民を厳しく制限していたから(年間2万3千人)、 当分、難しいかもしれない。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 10:24 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イギリスがEUから離脱した理由は何か 1年ぶりに振り返ろう。 [2017年10月28日(Sat)]
GGNplazanywhole.jpg
イギリスはご存知のように、階級社会が残り、上流、中流、下流と3層に 分かれている社会である。

そして、その階級間では習慣、言葉使い、発音 なども微妙に違いがある社会構造であることにその特徴がある。

今回は移民の問題がEUからの離脱の最も大きいファクターとなった と伝えられている。

シリア難民などの問題もあるが、基本的にはEUに 加盟している国は自由にピザなしで移動できることになっている。

所得水準の低い国、社会保障が充実していない国の市民はイギリスに羨望する。

それゆえ、ブルガリヤ、ルーマニアなどの人は、月収5万円くらいしかない のであるが、イギリスは最低賃金でも25万円・月あるので、それらの国から 年間18万人もの人がイギリスを目指し移住してくる。

EUに加入しているとそれを拒むことができないのでイギリス市民の不満が 高まった結果がEUからの離脱である。

これらのEU内部からの移民が多くなる結果、市民生活が圧迫されてきた。 “病院、電車が混む、学校の教室が足りなくなる。

英語を話せない児童が多い ので授業が成り立たなくなる”といった問題である。

そして地方の自治体が移民があふれたため、その対応(住宅の準備など) に対するのに資金的にも耐えられなくなった。

人口増加で“不動産が高騰し、 家を買えなくなる”、といった、市民の目に見えるところで不便が顕在化した というところが最も大きな要因であろう。

国民に目の見える形で、不満がたまってきたというところが一番の問題であったようだ。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 12:57 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ドストエフスキー 悪霊 の中の主人公 スタブローギン 読書のすすめ 2 瞬発と残響 埴谷雄高   [2017年10月27日(Fri)]

dosutoefusuki-1.jpg
<注記> 読書のすすめ 瞬発と残響 埴谷雄高 ドストエフスキー 悪霊 の中の主人公 スタブローギン

 スタヴローギン ドストエフスキーの小説の中の人物で、 創造的行為に満足して死ぬということに異議を申したてている。 悪を悪と認識して悪に徹する。

10月25日の”部分と部分を足す考え方は、結局主人と奴隷といった体位的な考え方でしょうーーーー”の記載をもう一度読み直していただきたいと思う。

”瞬発と残響”は図書館に行けばあるので、是非全文を読んでいただけたらと思う。

Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 15:05 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
白人キリスト教徒の植民地支配を打ち破ったということで世界歴史を大きく変えたインパクトを日本が 与えたという側面がある。 [2017年10月27日(Fri)]

先の第二次世界大戦(日本の呼称は大東亜戦争、アメリカ軍の呼称は太平洋戦争)で、香港他で
イギリス軍を駆逐した日本人は、中国人に強烈なインパクトを与えたのである。

中国人だけでなく、ベトナム人、マレー人、インドネシア人などにも 白人に勝てるという自信を与え、戦後の植民地独立戦争を経て独立を勝ち取っていくのである。

戦勝国(アメリカ等)が作った歴史には決して書かれないが、大東亜戦争(太平洋戦争)がもたらした 大きな側面である。

白人キリスト教徒の植民地支配を日本軍が打ち破ったということで、白人支配という世界歴史を大きく変えたインパクトを日本が 与えたということである。

日本軍は戦争初期に 欧米軍(白人)を打ち破ることにより、、 白人の主人(支配者)反抗して勝てるんだという勇気を東南アジアの旧植民地の人々に与えた。

フイリピンはアメリカから独立し、 ベトナムはフランスから独立し、インドネシアはオランダから独立した。 大東亜戦争のあとの各国の独立戦争には残留した日本軍人が戦士として義勇軍として 参加したことは忘れてはならない。

戦勝国(アメリカ等)の史観は日本軍の侵略戦争という部分を強調しているが、実は植民地に 君臨していた欧米人との戦いで彼らを打ち破る戦争であったということである。

東南アジアなどを侵略していたのは、白人キリスト教徒であり彼らが侵略戦争をして、植民地化したのである。日本軍の戦いは、それらの白人の侵略者たちをアジアから駆逐したことである。

但し、当初は、地元の人々に欧米人(白人)を追放し大歓迎された日本軍であったが 残念ながら、その後は、地元民衆から嫌悪されてしまったということも謙虚に反省しなければ ならない。
c0aa3204b7e319e04986b5f07583ea58_550.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 10:45 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
大東亜戦争は、植民地の奴隷であった東南アジアの人々( 主人(白人)に反抗してもかなわない、勝てないと思っていた 人々) を目覚めさせた。 [2017年10月26日(Thu)]

大東亜戦争は、植民地の奴隷であった東南アジアの人々( 主人(白人)に反抗してもかなわない、勝てないと思っていた 人々) を目覚めさせた。

日本軍がイギリス軍などの白人の軍を 打ち破ったことで彼らに驚きと希望を与えたのである。

例えば、香港ではイギリスの植民地で、中国人は奴隷であった。

日本軍は主人であるイギリス人を打ち負かして香港を日本軍が占領し、 香港島の山の上に住んでいたイギリス人を下界の捕虜収容所に収容した。

香港に住む中国人から見ると同じ人種の日本人が、今まで主人であり、 中国人の上に君臨していた、 白人を主人の座から引きずり下ろし、豪勢な邸宅のある山の上から引きずり下ろし、 主人(支配者)と奴隷(中国人)の立場を入れ替えたのである。

イギリスを駆逐した日本人は、中国人に強烈なインパクトを与えたのである。

中国人だけでなく、ベトナム人、マレー人、インドネシア人などにも 自信を与え、戦後の植民地独立戦争を経て独立を勝ち取っていくのである。

戦勝国が作った歴史には決して書かれないが、大東亜戦争(アメリカが強制した呼称、太平洋戦争)がもたらした 大きな側面である。

東南アジアを植民地にしていた、アメリカ人(フイリピン)、フランス人(ベトナム)、イギリス人(マーシア・シンガポール・香港等中国の租借地)、オランダ人(インドネシア)、との戦いであったということである。

東南アジアの人々との戦争ではなかったのである。
(中国大陸では異なるが、香港などではイギリス軍との戦いであった。)

太平洋戦争という呼称は、そういうことを隠ぺいするためにアメリカが強制した呼び方であると認識せねばならない。
ru-zuberuto1.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 11:20 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
総選挙が終わった後の週刊誌の見出しから世相を考えよう。  [2017年10月26日(Thu)]
koike1.jpg

総選挙を振り返るとき、週刊誌の記事の取り上げ方が、マスコミの見方を暗示していることになるだろう。マスコミの視点、各週刊誌の視点を考えてみよう。

週刊新潮
希望を惨敗させたたった一人の戦犯
これで小池百合子は終わったのか
理解できないことばかりーーーと漏らした女帝の本音
身勝手広告 若狭勝 は君側の奸か
長島昭久 東京で唯一勝利の秘訣はポスターの小池隠し

サンデー毎日
自公3分の2越えでも安倍政権失速の政界流転
9条安倍改憲に死角あり
小池劇場の終幕 敗軍の将 小池百合子の自縄自縛
野党は復活するか 焦点は140億円のカネ
立憲民主長党が仕掛ける野党再々編 鈴木哲夫

週刊文春
嵐を呼ぶ総選挙 7人の愚か者
小池百合子 パリに高跳び 最後はお友達だけに救命ボート
若狭勝 緑のタヌキ聖地陥落で政治と距離 弁護士復業
福田峰之 もう一度青春してみたかったと自民から希望へ
前原誠司 勝負どころで必ず間違える男 次は希望の代表狙い
山尾志桜里、石破茂、安倍晋三等は略

女性セブン
総選挙の記事見出しなし
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 09:46 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
米国では300万人が毎日拳銃を携帯し、900万人が少なくとも月T回は銃を携帯する。 [2017年10月25日(Wed)]
64式7.62mm小銃_(8464069407).jpg



銃携帯状況の全米レベルの調査は20年ぶりという。



以下引用
アメリカ社会は、”銃で身を守る権利”を、一民間人までが主張してやむことはない。その遠因は、白人キリスト教徒の大虐殺にある。

アメリカ市民は、武装しなければ、いつ復讐されるかもしれない恐怖を感じて、歴史を生きているのだ。(p114)

戦争犯罪国はアメリカだった。ヘンリー・S・ストークス著

アメリカ大陸には先住民、インデアンが、当初、5000万人とも1億人とも言われる数の
人々が住んでいたが、白人キリスト教徒に虐殺され、1970年には79万人まで減少したといわれる。

民族絶滅という殺戮である。白人が持ち込んだ伝染病により死亡したインデアンも多かったといわれる。アメリカの歴史は、民族インデアンの虐殺・絶滅の歴史であった。


inndean1.jpg


inndeann3.jpg




続きを読む...
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 13:06 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
部分と部分を足す考え方は、結局主人と奴隷といった 対位的な考え方でしょう。ヨーロッパが主人で、植民地が奴隷ですね。 そして奴隷が反抗すれば、絶滅してしまう。 [2017年10月25日(Wed)]

瞬発と残響 埴谷雄高 1996年6月20日初版

埴谷雄高、中沢新一、小松左京の対談であるが、じっくりと読んでほしい。そしてこの本の全文を読んでほしいと思う。

中沢新一 ヨーロッパの学問は、そういう飛躍は受け入れないのでしょう。 ますます受け入れない方向に向かいつつあるでしょう。

埴谷雄高 ああいう部分と部分を足す考え方は、結局主人と奴隷といった 対位的な考え方でしょう。

ヨーロッパが主人で、植民地が奴隷ですね。 そして奴隷が反抗すれば、絶滅してしまう。

植民地時代、ヨーロッパの 精神がその底の底までも裸かな、かたちが明らかになったのは、 ヨーロッパの精神の基本が絶滅だということですね。

そして、その絶滅の裏のかたちがヒューマニズムで、奴隷が反抗せずに 服従すれば近代化と進歩がもたらされる。

量的なものの増大が社会問題をやがて解決するという、質の問題でなく 量、そして増大する量の質的転化という“未来”が絶えず奴隷の前に 掲げられる。

埴谷雄高 スタヴローギンの認識とは逆に何も反省しないのがアメリカ人 ですね。ポンポンとインデアンを鉄砲で殺していく映画を次々と作って 平気でいる。

スタヴローギンは認識し、反省した悪漢だけれど、 アメリカ人の大半は反省せざる悪漢で、20世紀は反省せざる悪漢 を許している。p85

埴谷雄高 その西洋、ヨーロッパが問題なのです。コロンブス以後の ヨーロッパの誤謬の人類史はひどすぎる。

けしからんのはローマ法王で、 奴隷の使用をすぐ許可する。アフリカの黒人も新しいインデオも 人間払いしない。

小松左京 そうですね。アメリカインデアンを人間と認めると、 宣教師を派遣しなくてはいけない。

ところが金がないので人間でない としたので、白人が殺し始めた。あんなことにたいして反省が ないんですかね。p123
ru-zuberuto1.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 12:39 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
読書のすすめ 瞬発と残響 埴谷雄高 1996年6月20日初版 ヨーロッパが主人で植民地が奴隷ですね。 [2017年10月24日(Tue)]
hasu1.jpg
ヨーロッパが主人で植民地が奴隷ですね。

読書のすすめ 瞬発と残響 埴谷雄高 1996年6月20日初版

この本は、1996年の初版であるので、年次的にはかなり古い部類に入るが、 この内容的には、決して古いというものではなく、読む人々に“残響”を 与えるものとなっている。

しかも、埴谷雄高が80歳台に書かれたものであるので、その頭脳の明晰さ には驚かされる。70歳台などはまだ駆け出しで、もっと深く思考し行動 せねばならないものと思う。

特に悪霊についての記述があるのであの難解な悪霊を読むうえで参考に なるところも多いのではなかろうか。小生はドルトエフスキーの悪霊から 読み直している。

多くの示唆を与えるところが多いのであるが、その中で、キリスト教という 一神教の残酷さというか、他の宗教を認めぬという厳格さからくる排他的な、

人間を人間と認めない残酷さ、不寛容さというものを認識しておかなけれ ばならないと思う。一読をお勧めしたい。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 14:05 | 読書のすすめ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年衆議院総選挙の出来事について感じたこと [2017年10月23日(Mon)]
abe1.jpg
自公の圧勝で終わった総選挙であった。安倍首相は、このタイミングが自公が必ず勝てると予測して解散・総選挙を行ったわけだが、結果はその予測が的中したということであったろう。

むしろ、自公は内心ではもっと勝てると思っていたのではないと思う。

その理由は、希望の党が突然現れ、野党を分断してしまったからである。小選挙区では野党の分立して候補が野党の票を取り合うからで、その結果、与党を有利にするからである。

総選挙の結果

     当選者数  増減   飯山一郎予測   増減
自民    284    0      287    −3
公明     29   −5      34     −5
希望     49   −8      42     +7
立憲     54   +39      50     +4
共産     12   −9       18    −6
維新     10   −4       12    −2
社民     1    ー!      1      0
大地     0     0       1    ー!
無所属    23 -22 20   +3

飯山氏の予測は、10月20日のものであるが、ほぼ的中していることになり、事前に結果はわかってしまっていたということであろう。

確かに自公の勝利ではあるが、小池氏の希望の党が野党を分断して、自公を勝たせたという側面が強く野党の敵失による勝利というものであった。

それにしても小池百合子氏の動きは、自らを嫌われ役にしてしまった。それまでマスコミによるモリカケ騒動で嫌われ役だった安倍氏から、嫌われ役が小池氏に移ったということであろう。

小池百合子氏が嫌われ役になったと思う点

1、細野氏・若狭氏などが準備していた希望の党の政策・方針を簡単に小池氏が”リセット”して し まったこと。簡単にリセットという言葉を使っていること。

2、小池氏が提示してきた方針は、おそらく誰かの指示で出してきたものように感じられること。
  短期間でさっと出してきたということは、用意していた背後の人がいるということか。

3.民進党と合流することを約束しておきながら、簡単にリベラル派を排除したこと。
  排除する、選別するなどの上からの目線でのものの言い方をしている。

4 希望の党の公認料として、候補者一人に500万円の提出を条件にしていること、また写真も1枚3万円を要求していること。200人の公認で10億円。写真だけで600万円集める。

5 都議会の都民フャーストの会では、所属する議員は一人年間1000万円近くを徴収されているということを、離党した議員が話していること。

6、”ガバナンス長”などという聞きなれない、横文字を翻訳したような言葉を突然使い始めたこと。希望の党の内部で議論した形跡がないこと。

さて、選挙の台風の目は、小池氏、希望の党でしたが、みなさんはこの選挙の結果をどう判断するか、自分自身でじっくり考えてみることが大切と思います。

Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 13:46 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
まんさくはその花もきれいである。白花トキワマンサク、トキワマンサク赤葉赤花、 マンサク黄花などがあり美しい花を咲かせる。 [2017年10月23日(Mon)]
mannsakunohana 1.jpg
mannsakunohana 2.jpg
まんさくの花は旨い酒である。冷やで飲む旨さは何とも言えぬものである。 小生は常温を好むので、冷やではあまり飲まなかったが、冷やもたまに飲むとこれも又、 よかった。

お米は,秋田こまちであったが、たまにササニシキなども炊いていたように思う。 この米もうまかった。たぶん一等米を使用していたのであろうことと炊き方が うまかったと思う。
IMG_1827.JPG

純米大吟醸、純米吟醸 、吟醸一度火入れ原酒、かち割り、純米まんさくの花などある。

まんさくはその花もきれいである。白花トキワマンサク、トキワマンサク赤葉赤花、 マンサク黄花などがあり美しい花を咲かせる。

白花と赤花をミックスさせて植える のもよいものであろう。

庭木に植えて垣根に使用するのもよい。彩画が美しいのが こころを和ませる。小生は白花トキワマンサクが好みである。
IMG_1821.JPG
mannsakunohana3.jpg
湘南地区では、まんさくの花の酒をおいている店がないので取り寄せになる。

花もこの周辺の花屋、植木屋にはおいていないだろうから取り寄せとなるが、 通販が発達しているから両方とも手に入れることはできる。

お酒のまんさくの花は是非"ちびり"と飲んでほしい。

仙台に住む旧友ー秋田美人ーからおいしい酒 マンサクの花 を贈ってもらった。

何年たっても小生の好みの酒 を覚えていてくれて、うれしい限りである。早速、冷やしてゆっくりと酒を飲んだ。

昔の思い出がすうとのど元を通りすぎ、懐かしさと暖かい心意気がしみこんだ。 旧友はいいものである。

昔のことは思い出したくないこともあるが、いい思い出だけを 話せる友はありがたい。
samui2.jpg
写真はイメージの写真です。本人はもっと美人です。
IMG_1823.JPG
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 11:05 | お酒のすすめ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
まんさくの花は旨い酒である。冷やで飲む旨さは何とも言えぬものである [2017年10月22日(Sun)]
sansyou2.jpg


IMG_2444.JPG
東北の中心の仙台と小牛田にいたとき、このまんさくの花をよく飲む機会があった。 仙台に“まんさく”という小料理屋があり、そこで出されるお酒はまんさくの花 だけであった。

秋田出身の女将がいて、旨い料理と肴を手際よくつくり、 しかも手ごろな値段で出してくれていた。

この店に集うのは、仙台の単身赴任者が多く、 肴を楽しみながら、まんさくの花を常温か或いは、ひやしてあるものをちびりちびりと 飲んでいた。

皿とか徳利とか器にもこだわりがあり、東北の焼き物を主体になかなかの 器をそろえていた。それも食事を引き立たせる大切な小道具となっていた。

秋田美人の女将がいたこともあるが。

まんさくの花は旨い酒である。冷やで飲む旨さは何とも言えぬものである。 小生は常温を好むので、冷やではあまり飲まなかったが、冷やもたまに飲むとこれも又、 よかった。

お米は,秋田こまちであったが、たまにササニシキなども炊いていたように思う。 この米もうまかった。たぶん一等米を使用していたのであろうことと炊き方が うまかったと思う。
IMG_2442.JPG

IMG_2453.JPG
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 09:41 | お酒のすすめ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
秋田のお酒はうまい。冷やで飲むのに最高である。  [2017年10月21日(Sat)]
freesia.jpg
お酒を飲もう。秋田のお酒 まんさくの花 

秋田のお酒です。元禄2年創業の伝統の酒蔵で、秋田県横手市にあります。

蔵元は日の丸醸造株式会社と言い、製造量は1升瓶換算で年間?万本程度の 生産量ですが、シングルモルトにこだわり、タンク毎に酒米や造りを変えて 仕込みを行い、それらは一切ブレンドしないで、様々な季節限定品として 売られています。

このまんさくの花の特徴は、低温瓶貯蔵です。搾りたてのお酒をすぐ瓶に詰め、 火入れ(殺菌)を行い冷蔵庫にて貯蔵します。

今では吟醸酒以上のお酒は全て 瓶による貯蔵を行っておりその数は12万本を超えています。

この瓶による貯蔵方法ですが非常に手間とコストがかかる方法ですが、お酒にとって 最良な熟成方法です。

低温瓶貯蔵・生詰めのお酒とはつまり“ひやおろし”と同義です。だからこそ “ひやおろし”が旨いと昔から言われてきました。と蔵元のお話し。
IMG_2615.JPG
IMG_2650.JPG
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 13:06 | お酒のすすめ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
関東大震災は相模湾が震源地であったそうなので、関東も地震帯の上 そう遠くない昔、伊豆大島 三原山の噴火があった。 [2017年10月20日(Fri)]
oosima4.jpg
oosima1.jpg
関東大震災は相模湾が震源地であったそうなので、関東も地震帯の上 にあり、いつ起こってもおかしくないということであろう。

三原山には展望台のところまで上った。残念ながら火口を覗くことは できなかったが、広い山頂付近の山の景色は望めた。

馬を放牧していたが、沖縄の与那国島の小型の馬であった。 何故そうなったのかは聞き漏らした。
沖縄といえば、源為朝が大島に流され、ここで勢力を作ったが破れ 島民の助けをかりて沖縄に逃れたそうである。

沖縄に源為朝の上陸地点 の記念碑が建てられているそうである。 その子孫が沖縄の王家を作ったという、大和と沖縄同源説がある。
oosima3.jpg

大島温泉観光ホテルで昼食をとった。高齢者が多いのか酒を飲む人が 少なかった。
そのあと、大島の植物園によった。

椿の花の木と紫陽花の花を 植えた美しい庭園であった。今では、椿より紫陽花の方が多いそうである。

めずらしい紫陽花の花があった。椿の木は島一面に自生しているようで、 椿の島と言われる所以であろう。
miharayama1.jpg
okinawa1.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 11:09 | 旅のすすめ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
総選挙直前の週刊誌のみだしはどうなのか。週刊現代、フライデイ [2017年10月20日(Fri)]
505-1.jpg
週刊誌の見方という切り口も面白い。見出しの付け方で、記事の内容が推し量れるからである。様々な週刊誌から総選挙というのを眺めるのも一興である。冷ややかに現状を見つめよう。

週刊現代
10・22直前 5600人調査を緊急実施
全選挙区の最終当落がわかった。

消費税・原発・憲法 候補者たちの思想・信条も完全掲載
本誌は全国の有権者を対象に独自に5600人調査を実施した。

その結果は支持率38・5%で自民圧勝。だが、同じ調査では62%が次の総理は安倍以外にとも回答。これが有権者の率直な気持ちだろう。何を根拠に誰に投票すればいいかわからない。

そんな人は、ぜひこの特集を読んでほしい。いまなら、まだ間に合う。

スクープ 防衛省現役幹部が語った。年明けに米朝開戦。我々はいまこんな準備をしている。

miroku1.jpg

フライデイ
自民党圧勝 お騒がせ議員が永田町に戻ってきそうだ。

edano1.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 08:36 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
米東部2州で連続銃撃事件、6人死傷 容疑者を逮捕 [2017年10月19日(Thu)]
64式7.62mm小銃_(8464069407).jpg
(CNN) 米メリーランド州とデラウェア州で18日、同じ男の犯行と思われる銃撃事件が相次ぎ、3人が死亡、3人が負傷した。

警察は、車で現場から逃走していたレディー・レビーブ・プリンス容疑者(37)を、殺人などの容疑で逮捕した。(CNN.co.jp)

以下引用
アメリカ社会は、”銃で身を守る権利”を、一民間人までが主張してやむことはない。その遠因は、白人キリスト教徒の大虐殺にある。

アメリカ市民は、武装しなければ、いつ復讐されるかもしれない恐怖を感じて、歴史を生きているのだ。p114
戦争犯罪国はアメリカだった。 ヘンリー・s・ストークス著

注、アメリカ先住民、インデアンは当初、約5000万人が住んでいたが、白人に虐殺され一時、500万人まで減少したといわれている。いまだに市民権が与えられていない。
houwa1.jpg
miroku1.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 15:17 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
片瀬江の島の湘南港からは船で一時間弱でついてしまった i伊豆大島岡田港 [2017年10月19日(Thu)]
oosima1.jpg
片瀬江の島の湘南港からは船で一時間弱でついてしまった。高速艇は やはり早い。揺れもほとんどなくさーっと大島の岡田港に入った。

岡田港と元町港とはその時の波や風によって入港を決めるのだそうだ。

岡田港は、山を切り開いて港を作ったのか港に近くには漁師がすむ 数十件の家並みが山に張り付くようにして建っていた。賑やかとは いえない風情であった。

oosima3.jpg

すぐ坂を上りトンネルを抜けると、道が走っており民家がぽつんぽつんと 立っている。最初は和太鼓の演奏と、三原山が噴火した時の映像を 見せられた。

1985年に三原山が噴火し、全島避難を余儀なくされ 1年以上島の人は帰れなかったということを聞いた。

火山の噴火はやはりすさまじい。地震も誘発したのであろう。

日本列島は火山列島でもあり絶えず地震と噴火そして津波と火事に 見舞われてきているが、大島が近いだけに火山の噴火と地震はいつも 覚悟しておかねばならない。
oosima2.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 14:38 | 旅のすすめ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml