CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
米諜報組織、ロシアがウクライナに間もなく「侵攻」すると同盟国に警告=NYT [2021年11月23日(Tue)]
ウクライナの問題は、国際政治におおきな影響をあたえる。ロシアは、ウクライナに反ロシア政権を許せないからだ。

ウクライナはロシアの脇腹となる。ここに反ロシア政権があるということはロシアの安全保障にとって脅威となるからだ。

ウクライナは自重してアメリカとロシアの双方を刺激しないことだ。

データ
ロシア・スプートニク2021年11月21日, 14:35

米国の諜報組織は同盟国に対し、ロシアによるウクライナ領侵略を阻止する上で残された時間は限りなく少ないと警告した。

米紙ニューヨークタイムズ(NYT)が米国、および欧州の政府要人による証言をもとに報じた。

米国の政府関係者によると、ロシアはウクライナとの国境付近に結集させた部隊について、「どうするかまだ決定していない」態度をとっているものの、米国はこの問題について極めて深刻に考えているという。NYTの報道には次のように記されている。

米諜報組織の上層部は同盟国に対し、ロシアがウクライナで軍事行動を開始することを阻止する上で残された時間は限りなく少ないと警告し、モスクワを封じ込むべく、軍事的経済的制裁の準備に向けて欧州諸国が合衆国に協力するよう呼びかけている。

米国務長官がロシアに忠告、「2014年の過ちを繰り返すな」
11月11日, 10:29

NYT紙によると、アブリル・ヘインズ国家情報長官は今週ブリュッセルを訪問し、ロシアがウクライナに軍事侵略をする可能性について北大西洋条約機構(NATO)の大使らに通達したという。

NYT紙の消息筋によると、 ロシアを巡る懸念は高まっており、最も重要な「短期的脅威」として議論されているとのこと。

ウクライナ政府、及び欧州各国はウクライナとの国境付近に集中したロシア軍による攻撃的行動が頻発しているとして懸念を表明している。

先に英紙ミラーが消息筋による証言をもとに報じたところによると、英国はロシアが軍事侵攻を予定しているという懸念から、ウクライナに最大600人規模の特殊部隊を派遣する用意を示している 。

これに対し、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領はロシアがあたかもウクライナへの侵攻を計画しているという主張は荒唐無稽であると表明していた。

また、ロシア側には自国内で部隊を自由に展開する権利があると発言し、ウクライナとの国境付近に部隊が集結しているという米国側の懸念に反発した。さらに、ロシアはウクライナ国内における紛争の当事国ではないと一度ならず主張してきた。

関連ニュース
ウクライナとポーランドの国境におけるロシア軍の火遊びは悲劇的な過ちとなる=英首相
ロシアはウクライナへの軍事侵攻を検討していない=露国連次席大使
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 20:07 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml