CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
中国の銅輸入、10月は2カ月連続増 アルミ輸出は減少 ロイター編集 [2021年11月08日(Mon)]
中国の銅輸入、10月は2カ月連続増 アルミ輸出は減少というが,銅の取引では住友商事がこのトレードで巨大な2000億円強の赤字を計上する羽目になったという記事を思い出す。

銅の取引相場は、なにか怖い裏があるように思えてならない。

中国では銅の国家備蓄分を放出したと報じられているが、日本の銅の国家備蓄はどのくらい量が備蓄されているのであろうか。

データ
ロイター・イギリス 2021・11・08
 
[北京 7日 ロイター] - 中国税関総署が7日発表した10月の銅輸入は、2カ月連続で増加した。短期間生じた価格差を利用して保税倉庫の銅在庫を輸入する動きが出た。

10月の未加工銅・製品の輸入は41万0541.3トン。9月の40万6015.6トンから増加した。前年同月比では33.6%減。

1─10月の輸入は前年同期比21%減の443万トン。

10月はロンドン金属取引所(LME)銅が6.3%上昇と、値上がり率が上海銅の約4%上昇を上回ったが、9月下旬に一時的に価格差が拡大して輸入が有利になった。

これを受け、保税倉庫の銅在庫はさらに減少、2013年の統計開始以降で最低の20万6400トンとなった。

中国では10月、銅の国家備蓄が追加で3万トン放出され、輸入需要をやや押し下げる形となった。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 15:43 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「大洪水」 水没が危険視されている世界6都市 [2021年11月08日(Mon)]
日本の東京や大阪は大丈夫なのであろうか。都市の中を何本もの河川が走っているところは、集中豪雨などの影響で洪水に見舞われる可能性が高い。

また海岸沿いの都市は、地震と津波による被害を受けやすい。そして原子力発電所があるところは福島第二原発の爆発などにみられるように二次災害のリスクもある。

データ
ロシア・スプートニク23:31 07.11.2021

2030年までに世界の6都市が水没する。インディア・タイムズ紙が6日、気候研究機関Climate Centralのデータをもとに発表した。

水没の可能性がある都市の筆頭に挙がっているのがアムステルダム。地球温暖化と海面上昇の一番の影響を受けるとされている。

次にイラクのバスラ港。沼地に作られた町で、10年後には水没している可能性があるという。

気候変動でグレートバリアリーフ全体に悪影響 珊瑚白化が深刻 - Sputnik 日本, 1920,

同紙によると、米国のニューオリンズも危険にさらされている。優れたダムがあるが、あまりの大量の水に対応できないかもしれない。

ヴェネツィアも毎年2ミリメートルずつ沈んでいるため、水没の危険がある。5位にはベトナム首都ホーチミンが入った。

またインドのコルカタ市も水没の危険がある。

関連ニュース
環境活動家 地球温暖化が島国にもたらす脅威を警告
津波から身を守る=史上最大規模の津波とその被害
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 11:57 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml