CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
習氏、台湾「統一」を平和的に実現と強調 辛亥革命110年で演説 ロイター編集 [2021年10月10日(Sun)]
台湾との「統一」を平和的に実現すると訴えた。習近平国家主席の演説だが、平和的に交渉をしてもらいたいものだ。台湾の将来は、台湾の市民によって決められるものではないか。

もともとは台湾人の土地であったが、日本が中国から割譲してもらい、第二次世界大戦まで日本領であった。日本の敗戦後、日本は台湾から撤退したが、国共内戦で蒋介石軍が台湾に逃げ込んだことから、問題が複雑化した。

台湾に逃げ込んだ蒋介石軍は原住民の台湾人を多数虐殺したと言われている。そういう歴史背景を考えると台湾人に深い同情を持つ。

台湾人にとって中国の国の一部と言われるのは、心外な心境なのではないだろうか。


データ
イギリス・ロイター2021・10.10

[北京 9日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は9日、北京の人民大会堂で行われた辛亥革命110周年記念大会で演説し、台湾との「統一」を平和的に実現すると訴えた。

中台関係はこのところ緊張が高まっているが、習氏は武力行使には言及しなかった。


 中国の習近平国家主席(写真)は9日、北京の人民大会堂で行われた辛亥革命110周年記念大会で演説し、台湾との「統一」を平和的に実現すると訴えた。

台湾総統府は習氏の発言の直後、台湾の将来は台湾市民のみが決めるとの声明を発表し、中国側に威圧をやめるよう求めた。

民主主義の台湾に対し、中国側は中国の主権を受け入れるよう圧力を強化している。

習氏はこの日の演説で、中国人民は分離主義に抵抗する「輝かしい伝統」を持っていると表明。

「台湾の分離独立運動は、本土への統一を阻む最大の障壁になっている。国の活性化にとっても、隠れた最大の脅威だ」と述べた。

その上で、平和的な「統一」が台湾市民の全体的な利益にかなったものであり、中国はその主権と統一を守るとした

さらに、「国の主権と領土保全を守るという、中国国民の強固な意志と高い能力を何者も軽視すべきではない。

(台湾の)統一という歴史的任務は必ず実現されねばならない。また、必ず実現される」と強調した。

習主席は7月に行った演説でも台湾に言及しているが、その際は独立に向けた正式な動きは全て「粉砕する」と述べていた。また2019年には、台湾統一のための武力行使に言及している。

今回の演説では比較的穏健な表現が使われたが、台湾側は反発している。

総統府は、台湾は独立主権国家であり、中華人民共和国の一部ではないと表明。中国側の「一国二制度」の主張を退けた。

台湾で対中国政策を担当する大陸委員会は別の声明で、「侵入や嫌がらせ、破壊といった挑発的な行動を放棄」し、話し合いに戻るよう呼びかけた。

10月1日以降、中国空軍機は4日連続で台湾の防空識別圏に侵入したが、習氏は演説では言及しなかった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 12:21 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
世界中を巻き込む軍事紛争は台湾島絵をめぐる戦いから開始される恐れがあると予想 [2021年10月10日(Sun)]
勃発の可能性がある地区、さらに、第三次世界大戦の初期の段階に北朝鮮と米国が互いに核ミサイル攻撃による応酬を展開するという。ロシアの通信社が報道している。

万が一、アメリカと北朝鮮がミサイルの打ち合いになれば、北朝鮮のミサイルは、日本の横田米軍陸軍基地、厚木米軍海軍航空隊基地、横須賀米軍海軍基地、佐世保米軍海軍基地、沖縄県米軍空軍嘉手納基地なども同時攻撃の対象となるだろうと想定せねばならない。

第三次世界大戦
アメリカと北朝鮮の戦争は何としても避けさせる外交努力を日本は全力を挙げねばならない。

台湾への中国軍の侵攻はアメリカ軍の実力を中国軍が過小評価の誤認をしたとき勃発する。日本は過小評価の誤認をしないように中国に対して情報を絶えず公開し忠告しなくてはならない。

そして、日本の軍事力も過小評価しないように情報を流さなければならないと思う。

データ
ロシア・スプートニク2021年10月09日 05:00

米国のザ・サン紙は、第3次世界大戦の勃発の可能性のある場所を示す世界地図を発表した。

地図の作成者らは、世界中を巻き込む軍事紛争は台湾島絵をめぐる戦いから開始される恐れがあると予想している。

ザ・サン紙は、米中が台湾をめぐって軍事衝突を起こす確率が最も高いと認識しており、その後、対立は世界的な規模に拡大すると考えている。

地図の作成者は台湾に次ぐ紛争の温床としてカシミール(インドと中国の係争地域)とホルムズ海峡(イランとアラブ首長国連邦の水域)を示唆している。

さらに、第三次世界大戦の初期の段階に北朝鮮と米国が互いに核ミサイル攻撃による応酬を展開する。


​ザ・サン紙は第3次世界大戦の他の誘因として、トルコとシリアの間の紛争が高じた結果と、イランとイスラエル間の核戦争を挙げた。

これより前、台湾政府は中国の台湾侵攻が2025年に起きる可能性を示唆している。

関連ニュース

中国外交部 米国に原潜の衝突事件の詳細公開を呼びかけ
中国 核攻撃専用機数機を台湾へ向けて発進
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 11:47 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml