CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
米国、福島原発事故後、10年続けた日本産食品輸入規制を撤廃 [2021年09月22日(Wed)]
福島原発事故以来、10年をしてアメリカは福島県などからのお米などの生産物の輸入制限を撤廃した。

同盟国のアメリカでさえ、10年間も100品目の輸入規制をしていたのである。福島原発事故の放射性物質への恐怖心はよほど深いものであったということだ。

中国や韓国では輸入規制をいまだに継続するという。早期に解除してもらいたい。

日本の原子力関係者は国民に放射性物質の恐怖をもっと伝えねばならない。食品については特に注意が必要である。

原発はなにがあろうとも停止、破棄せねばならない。地震、津波の多発する地域に日本はあり、火山列島のうえに立国しているのである。非常に危険な地域に住んでいることになる。

日本民族の存亡にかかわるようなことは除去せねばならない。

データ
ロシア・スプートニク2021年09月22日 04:15

米国は福島原発事故以来、福島県産をはじめとする日本の100品目の食品にかけていた輸入規制を22日付けで撤廃したと発表した。NHKが報じた。

米国は2011年の福島原発事故の後、日本政府が放射性物質の濃度が基準を超える可能性があるとして出荷制限をかけた品目について、9月21日まで県単位で輸入を停止してきた。

NHKによれば、輸入規制の対象には福島県産のコメや栃木県や茨城県産などの原木しいたけなど、14の県の100品目が入っていた。

日本にとっての高額な食品輸出先である米国に今後はこうした食品の輸出できるようになる。

米国の他、EUも10月から日本産の農林水産物の輸入規制の一部を緩和すると発表しているが、こうした一方で中国、韓国など14の国と地域は輸入規制を続けている。

関連ニュース

茂木外相 国連総会出席のため22日から24日まで訪米
米英豪の新たな軍事同盟「AUKUS」 について我われは何を知っているのか?
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 13:57 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml