CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
米国とタリバンが「秘密合意」 タリバンが米国人を特別機まで誘導し、無事出国させていた CNN [2021年09月01日(Wed)]
アメリカが交戦相手のタリバンと戦争状態の中、空港から撤収するのは非常に難しく多くの犠牲者が出たであろう。という想定の下、アメリカはタリバンと休戦協定により撤収できた。

交戦中における撤収は危険と多くの犠牲を伴うものであるが、タリバンとしても米兵が撤収してくれれば追い出す戦闘が不要になり、タリバン兵士の損害もでないという御互いの利害が一致した。

データ
ロシア・スプートニク2021年09月01日 03:22

タリバンに占拠されたアフガニスタンの首都カブールの空港付近では、出国を望む多くの群衆を尻目に、米国人らはタリバンとの特別合意のおかげで「秘密」の出口に誘導され、特別ゲートから出国できていたことが、CNNが米軍の高官の消息筋から得た情報で明らかになった。

米国はカブールの空港に米国人の搭乗用の特別出口を設けることでタリバンと合意を結んでいたことが発覚した。

ある消息筋からの情報によれば、米国人らは空港近くの特別な待ち合わせ場所に来るよう、あらかじめ通知を受け取っていた。

待ち合わせ場所ではタリバン自身が米国人らを迎え、各人のパスポートデータを集め、空港の特別出口まで随伴した。

出口まで来ると、すでに米軍の軍人らが待っていて、同胞の安全を保証したという。こうした米国人らの集合は1日に数回、組織された。

こうした米国人の安全な出国が組織されていた一方で、出国を望むアフガン人らは空港の敷地内に入ることさえできなかった。

CNNの消息筋らはこの情報を完全な匿名を条件に明かした。

消息筋らは、こうした情報が「デリケートな内容であることと、米国人らが集団で連れられていることがISに漏れた場合、攻撃を仕掛けられるとの恐怖から」これまで明かされなかったと話している。

消息筋によれば、タリバン側はこの件に関しては完全に協力してくれた。

ある消息筋は「プランは見事に成功した」と語った。

8月15日、テロ組織タリバンがカブールの大統領官邸に自分たちの旗を掲げた。大統領官邸のホールでは、タリバンが勝利を祝っている。タリバンはカブールにある全ての政府機関を掌握した。

31日、アフガニスタンに駐留していた全ての米兵が撤退を完了した。

関連ニュース

米国防総省 カブールに軍用犬を置き去り 犬を待つのは拷問と死
日本 防衛相、アフガニスタン派遣の自衛隊に撤収命令
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 16:11 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml