CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
J&Jのワクチン接種後にまれな自己免疫疾患を発症するリスクについて警告=米医薬品局 [2021年07月13日(Tue)]
副反応はこれだけの人口に摂取すれば、その影響の出る人はいくらかは発生するだろう。問題はその比率である。

6週間以内にギラン・バレー症候群を発症するリスクが高まるという。
中国ではデータの発表がないが、どのように克服したのか知りたいところだ。

感染症との戦いは人類が歴史においても何回も繰り返し克服してきている。日本に求められることは世界に先駆けて対抗ワクチンを開発する能力の構築である。

データ
ロシア・スプートニク2021年07月13日

米食品医薬品局(FDA)は12日、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)社製の新型コロナウイルスワクチンの接種後に、まれな自己免疫疾患を発症するリスクについて警告を発表した。

FDAの書簡には「同社のワクチンを接種してから6週間以内に、ギラン・バレー症候群を発症するリスクが高まる」と記載されている。これは、免疫系が神経を攻撃するまれな副反応である。

ファイザー
EU ファイザーとモデルナのワクチン接種後に心臓に炎症が起こる可能性があると発表

先に、ジョンソン・エンド・ジョンソンは、同社製のワクチンが、デルタ株に有効であると発表した。試験の結果、ワクチン接種による対ウイルス免疫は8ヶ月間有効であることが確認されたという。

FDAと米疾病予防管理センター(CDC)は4月、ジョンソン・エンド・ジョンソン社製のワクチンを接種した患者に血栓症が生じたとして、同ワクチンの使用を一時停止した。

死亡例も確認された。その後、CDCは血栓症について非常にまれな副作用として生じると警告するよう同社に指示し、ワクチンの使用再開を推奨した。

関連ニュース

バイデン大統領の計画破綻? 米国、J&Jのワクチン6000万回分を廃棄
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 15:41 | 福祉・介護 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml