CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
米国 イスラエルに800億円相当の精密誘導兵器を納入へ=ワシントン・ポスト [2021年05月21日(Fri)]
アラブの戦争を他人事としてみていては駄目である。パレスチナで起こったことが日本で発生しないということは断言できない。

ロシアが千島列島に配備したミサイルは長距離のものもあり、日本国土がすっぽり入っているかもしれない。


ミサイルの攻撃から,自国を防衛するためには優れた迎撃精密誘導兵器が必要となる。

アメリカが優れた精密誘導兵器を売却していた。アメリカの武器商人が手を貸しているということである。

ガザ地区に押し込めれれているパレスチナ人は、何度でも蜂起するだろう。当然、ミサイルで武装するであろうから、そのミサイルを迎撃しなければ、イスラエルは国土を守れない。

パレスチナ人も同様でガザを守るために迎撃ミサイルで武装するであろう。

日本は迅速に迎撃精密誘導兵器を開発して全国に布陣せねばならない。ミサイルがどこから飛んでくるかわからないのであるから、自国のミサイル防衛を強化することである。

データ
ロシア・スプートニク2021年05月17日 23:16
トピックパレスチナ・イスラエル間の2021年の軍事衝突 (29)

中東の対立が激化する中、ジョー・バイデン米政権は、イスラエルに7億3500万ドル(約802億3800万円)相当の米国製の精密誘導兵器を売却することを承認したことが分かった。米ワシントン・ポストが、高位関係者の話を引用して報じた。

同紙によると、「バイデン政権は、イスラエルに7億3500万ドル相当の精密誘導兵器を売却することを承認した」という。

その情報によると、米国議会にこの取引が正式に通知されたのは5月5日、つまりパレスチナのイスラム組織ハマスがイスラエル領内への攻撃を開始する約1週間前のことだった。

関連ニュース

イスラエル国連常駐代表、国連安保理にハマス非難を求める
「時間の問題だ」 ハマスがパレスチナ人の蜂起を予言
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 16:05 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml