CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ポルシェ、水素で「ガソリン」 脱炭素へ「コスト2ドル」挑む エンジン、EVと共存図る [2021年04月28日(Wed)]

フランスのポルシェがグリーン水素をつくる。その水素とCO2を科学的に合成してできる、ガソリンと同じ成分の燃料となるという。

技術革新の競争である。トヨタは最高益を出したようだが、研究開発に最大の投資を行い水素エネルギーを創設してもらいたい。

国も技術革新に資金を出し惜しみすることなく、研究開発を支援すべきである。

データ
日本経済新聞 2021年4月28日 2:00


独ポルシェが再生可能エネルギー由来の「水素ガソリン」の商用化を急ぐ。5年後にコストを2ドル程度に下げ、スポーツ車「911」を収益の柱として存続させる。SUVなどで電気自動車(EV)を増やすなか、既存のガソリンエンジン車での排ガス対策が不可欠となる。新たな環境技術で脱炭素を後押しする。

「ポルシェには魅力的なエンジンを搭載するスポーツカーがある。顧客が二酸化炭素(CO2)の心配をしなくても済むようにしたい。ポルシェの研究開発担当のミヒヤエル・シュタイナー取締役ほこう話す。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 15:18 | 街道を走る | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml