CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
田辺三菱子会社のコロナワクチン、カナダで逐次審査へ 後期治験中 [2021年04月24日(Sat)]
日本のワクチン開発である。早く完成させ、日本の国民への接種を至急進めてほしい。
オリンピックが開催できるかどうかの瀬戸際である。

データ
イギリス・ロイター2021・4・25


[23日 ロイター] - 田辺三菱製薬のカナダ子会社メディカゴは23日、同社が開発する新型コロナウイルスワクチンについて、リアルタイムで臨床試験(治験)データを評価する逐次審査がカナダ当局によって認められたと明らかにした。

メディカゴは英グラクソ・スミスクライン(GSK)と共同で、アジュバント添加ワクチンの後期治験を実施中。

ワクチンの安全性および有効性に関するデータが入手でき次第、カナダ保健省にデータを提出すると述べた。GSKは4月中の公表を予定している。

メディカゴのワクチンは植物由来で、コロナウイルス様粒子(CoVLP)技術を活用。ウイルス様粒子(VLPs)として発現した組み換えスパイクタンパク質をGSKのアジュバントと組み合わせている。

このアジュバント添加ワクチンは今年2月、米食品医薬品局(FDA)からファストトラック(優先承認審査)の指定を受けている。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 20:32 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
パナソニック、米ソフト大手を7800億円で買収 [2021年04月24日(Sat)]

久々の、松下による買収である。資金力のある企業はどんどん海外企業を買収してもらいたい。そして、社内で海外企業を統治する人材を育成することだ。

グローバルな世界戦略を釣るには外人社長もいいが、日本の企業であるという企業統治の仕組みを作っておくことである。

グローバル企業になったが、社名は日本名でも外人に経営権を握られぬようにしてもらいたいものだ。

データ
イギリス・ロイター2021・4・25


 4月23日、パナソニックは、米サプライチェーンソフトのブルーヨンダ―の株式80%を追加取得し、完全子会社化すると発表した。

[東京 23日 ロイター] - パナソニックは23日、米サプライチェーンソフトのブルーヨンダ―の株式80%を追加取得し、完全子会社化すると発表した。買収総額は有利子負債の返済分と合わせて約7800億円。

パナソニックは昨年7月に、同社株式の約20%を取得済み。

会見した楠見雄規最高経営責任者(CEO)は、以前から完全子会社を訴える声が社内にあったことを明かしつつ、「非常に(買収額が)巨額なので、判断が後手に回ったところがあるが、(ブルーヨンダ―のソフトを)導入した現場を見て、これは急がないといけないと思うに至った」と説明した。

ブルーヨンダーは人工知能(AI)で需要などを予測し、サプライチェーン(供給網)の見直しを支援するソフトを開発している。

買収資金71億ドル(1米ドル=110円で換算)には約35億ドルの手元資金を充て、残額をブリッジローンで調達。その後劣後債へ借り換える。21年度第3・四半期までに買収を完了させる予定。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 11:46 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml