CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
電気自動車(アーカイブ写真)中国ではもはやテスラ車の時代ではない 国産の電気自動車が優先 [2021年02月28日(Sun)]
電気自動車 中国ではもはやテスラ車の時代ではない 国産の電気自動車が優先される時代となってきた。中国は電気小型車の開発・販売を進めている

日本でも、出光興産が小型電気自動車の生産に乗り出すが、自動車生産は大きく変化して電気自動車の時代が一気に来る可能性が高い。

日本は優れた軽自動車の生産実績があり、これらを電気自動車に変遷させるのはそう大きな技術が必要というものでもなかろう。世界の流れに沿ってその先端に飛び出すように願いたい。


中国電気自動車.jfif
データ
ロシア・スプートニク 2021年02月27日 05:40

中国で期待の電気自動車「Hong Guang Mini EV」は、価格の手頃さと快適さの面から国内でもっとも売れ行きのいい車となった。

同車は中国の自動車メーカー「SAIC Motor」が米国の「General Motors」と共同開発したもの。BBCが報じた。

テスラ社の電気自動車が約3万9000ドル(約414万円)なのに対し、中国の車は4500ドル(約48万円)で購入することができる。

バッテリーや航続距離、パフォーマンスといった面でテスラ社に遅れをとっているにも関わらず、先月の中国での同車の販売台数はテスラ社製の2倍超となった。


​中国製電気自動車は4人乗りで、1回の充電で170キロまで走行が可能。また、最高速度は時速100キロに達する。

国内での大人気から、世界での販売台数で電気自動車「Hong Guang Mini EV」は2位となった。1位はテスラ社の「Model 3」だった。

Posted by ゆう東洋医学研究所 at 11:53 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
コラム:米長期金利の「良い」上昇、悪夢に転じる可能性も Swaha Pattanaik [2021年02月28日(Sun)]
穏やかに始まった夢が時として悪夢に転じるようにと述べているように、悪夢がやってくるかどうか、日本の株式市場は1200円の大幅下落となった。

日本の株式市場は60%以上が外国の投資家によって占められており、その投資家のメンタルズムによって日本の株価は上下する。

新型コロナウイルスワクチンの接種により経済活動は持ち直しているというが、中国においてはそうであろうが、アメリカなどはどうなのであろうか。


データ
イギリス・ロイター 2021・2・28

2月25日、穏やかに始まった夢が時として悪夢に転じるように、債券利回りの「良い」上昇も、株式市場を悩ます姿へと変わっていく可能性を秘めている。

10年物米国債利回りは5カ月足らずの間に2倍に上昇し、25日には1年ぶり高値の1.45%を付けた。

利回りの上昇は借り入れコストを増やすとともに、割引率の上昇を通じて株主から見たキャッシュフローの現在価値を低下させるため、企業にとって望ましい現象ではない。

とはいえ、利回りの上昇が景気見通しの好転に起因している限り、株式市場は普通うまくしのげるものだ。

今のところ、そうした状況にあるのは間違いない。新型コロナウイルスワクチンの接種により経済活動は持ち直しており、バイデン米大統領の大型経済対策がこの回復に加勢するだろう。

バンク・オブ・アメリカが世界の機関投資家を対象に実施している調査では、今年の世界経済改善を見込む回答の割合は過去最高となっている。

株式市場は今週に入って多少動揺が見られるとは言え、10年物米国債利回りが2倍に上昇する間にもなおS&P500種総合株価指数が12%値上がりしたのは、そういうわけだ。

米連邦準備理事会(FRB)も株式投資家が物事の明るい面にフォーカスするのを助けている。

パウエル議長は24日、金融引き締めはかなり先まで見送るとの明確なメッセージを発した。金融引き締めは株価上昇という宴会をしらけさせる常連だ。

議長は、インフレ率が2%を超えるまでFRBは利上げをしないと述べた。そうした状況が実現するのは3年以上先になる可能性があるとも語った。

FRBは、経済と労働市場がしっかり回復したのを見定めてから利上げしたいと望んでいるのかもしれない。

しかしこれにより、株式投資家にとってのリスクがもう1枚重なる。FRBは昨年採用した新戦略で、インフレ率の2%超えを一定期間容認する方針を示した。

つまり、どれくらいの上振れを、どれくらいの期間許すのか不確かなのだ。

インフレ率が予想されたよりも大きくなれば債券利回りは急上昇するだろう。

資本コストが成長率を上回るペースで上昇しているかもしれないと受け止められれば、企業の価値評価は下がり、株式投資家は問題を抱えるだろう。

問題は別方向からも生じかねない。FRBは過去数十年間、経済成長によって物価が上がり始めると、金融引き締めというブレーキを踏んできた。

物価上昇率の上振れが賃金上昇を招き、これが物価上昇、次に賃金上昇といった循環が増幅されたならば、ブレーキペダルをこれまでより強く踏まざるを得ないかもしれない。

ここに挙げたのはいずれも差し迫った脅威ではない。それでも株式投資家は頭痛薬を常備しておくに越したことはない。

●背景となるニュース

*10年物米国債利回りは25日、1年ぶり高値の1.45%を付けた。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 11:24 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml