CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
尖閣諸島の沖合領域 武器搭載した中国船が侵入 [2021年02月16日(Tue)]
中国で「海警法」が施行されて、大型の武器を搭載した船が尖閣列島周辺に侵入し始めてきた。
外国船に発砲することができるという。

日本が新型コロナで明け暮れているあいだに、尖閣諸島の周辺は”波高し”という風になってきた。アメリカのバイデン政権は弱腰という判断なのであるか。

データ
ロシア・スプートニク2021年02月16日 11:51

16日早朝、日本の沖縄県・尖閣諸島(中国名:ジャオユイダオ)沖合の領海内に中国海警局の船2隻が侵入し、合わせて4隻で日本の漁船に接近する動きを見せた。NHKが報じた。

日本の海上保安本部によると、同船は16日午前4時すぎ、日本の領海に侵入した。別の2隻が15日、領海に侵入し、現在も航行を続けている。


大型の武器を搭載した船の領海への侵入は中国で「海警法」が施行されてからはじめて。今月1日に施行された同法により、中国海警局は外国船舶に対し武器の使用が認められた。

海上保安本部は、漁船周囲に巡視船を配備して警戒を強めるとともに、直ちに領海から出るよう警告を続けている。

尖閣諸島をめぐる日本と中国の領有権争いは、私有地だった尖閣諸島を日本政府が2012年9月に購入して国有化した後、悪化した。

国有化を受け、中国では大規模な反日デモが起こった。国有化後、中国船は尖閣諸島周辺を常に航行しており、定期的に周辺水域に侵入している。

関連記事
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 17:36 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml