CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
プーチン氏「対日関係、憲法違反はしない」 北方領土意識か [2021年02月15日(Mon)]
北方領土は返還しない。ということをプーチン氏は確認したことになる。

プーチン氏の憲法改正で、自らのほぼ終身大統領の地位を憲法に織り込み、その引き出物として領土の割譲禁止を織り込んだ。

北方領土を日本に返還することは、領土の割譲にあたり憲法違反となる。プーチン氏が昨年の憲法改正で織り込んだものである。

安倍氏とプーチン氏との交渉は一体なんであったのであろうか。

日本は、北方領土にロシアが不法に占拠しているだけでロシア領土ではない。
したがってロシア憲法に拘束されないし、拘束される性質のものではない。

データ
毎日新聞2021年2月15日 13時02分

 ロシアのプーチン大統領は「日本との関係を発展させたいし、今後も発展させていくが、憲法に反することは決してしない」と述べた。

露国営放送が14日、報じた。ロシアでは2020年7月の憲法改正で領土の割譲が禁止された。プーチン氏はこれを念頭に北方領土の引き渡しを拒否する姿勢を示した可能性がある。

 プーチン氏は10日に開かれたロシアメディア幹部との懇談で発言し、一部が国営放送で放映された。

プーチン氏は北方領土交渉に関する質問に対し「ラブロフ外相に聞いてほしい。どこで国境画定作業が行われているか説明してくれるだろう」とも述べたという。

 改正憲法では、領土割譲を禁じる一方、隣国との国境画定作業は例外として認めている。

日本との領土交渉は例外規定が適用されるという見方もあるが、否定的な見解を示す露政府高官もいる。

 国家安全保障会議副議長のメドベージェフ前首相も今月1日に報道されたインタビューで「(改憲により)我々にはロシア領の主権引き渡しに関する交渉の権利はなくなった。

交渉の対象(領土問題)は消えている」と語り、「日本政府もすべて分かっている」と指摘した。

 国内でプーチン政権への抗議活動が盛り上がる中、国民の反発を招きかねない領土の引き渡しにプーチン氏が応じる可能性は低くなっている。

今回の発言は、北方領土に関するロシア側の態度が硬化している現状を改めて示したと言えそうだ。【モスクワ前谷宏】
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 15:10 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
中国が地上ベースの中距離弾道ミサイルの迎撃実験に成功 [2021年02月15日(Mon)]
アメリカは、中国のミサイルの精度が上がってきていることに危機感を持っている。中国の弾道ミサイルはかなり正確に目標を攻撃・撃破する能力を持ってきたと報じられている。

そして弾道ミサイルを迎撃するミサイル技術も開発したようである。攻撃と防御の両面でミサイル技術が進展しているとみられる。

従来は迎撃ミサイルはロシア製のs−400ミサイルの配備に頼っていたが、独自技術でミサイル迎撃の技術開発に成功したとみられる。

中国の軍事力は着実に上昇していることは日本にとっても脅威となる。

データ
2021年02月05日 03:19

中国が地上ベースの中距離弾道ミサイルを迎撃する技術実験に成功した。中国国防部が発表した。

発表では、「2021年2月4日、中国は自国領内で地上ベースの中距離弾道ミサイルを迎撃する技術実験を実施し、その過程で定められた目的が達成された」と強調された。

実験は防衛的性格をもち、第三国を想定したものではないとされた。

この間、米国のジョー・バイデン大統領の就任式の3日後に、中国機が台湾周辺での軍事演習時に米国航空母艦に模倣攻撃を行なったことが報じられている。

関連ニュース

米中関係はますます敵対的になっている=ブリンケン国務長官
ロシアと中国の軍事演習は日本に向けられたものではない=ラブロフ外相
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 11:42 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml