CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
潜水艦乗員の意思疎通に問題か [2021年02月11日(Thu)]
潜水艦の基本的事項である浮上するときの監視体制の問題として、最も近代的装備を施しているといわれる”そうりゅう”の事故としてはたるんでいるとしか言いようがないだろう。

自衛隊はいかなる時も戦時にいつでも参戦できる体制を維持しなければならないが、訓練中といえども実戦の緊張感を持たねばならない。

潜水艦が持つ抑止力というのは、軍事の世界では重視されているが一般的にはあまり知られていない。北朝鮮が潜水艦とミサイル発射装置の開発を急いでいることを考えねばならない。

ドイツのU−ボート潜水艦を引き合いに出すまでなく、潜水艦の軍事上の打撃力としての機能はますます重要となってきている。

ロイターが報道しているので軍事情報の世界では注視されているとみておかねばならない。


データ
イギリス・ロイターBy 共同通信, Kyodo2021.2.11


 海上自衛隊の潜水艦「そうりゅう」が高知県足摺岬沖で民間商船と衝突した事故で、潜水艦が海中から浮上する際の艦内の報告や指示が不適切だった可能性があることが10日、政府関係者への取材で分かった。

海自は最も危険とされる浮上の安全確保策として、周囲の船舶を多重チェックする手順にしている。

当日は定期検査から高度な任務に復帰する訓練中で、練度不足が事故の要因となった可能性もある。

 第5管区海上保安本部(神戸)や海自の事故調査委員会は、乗員の訓練状況や事故前の艦内のやりとりを調べる。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 18:44 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
WHOが新たな菌株の感染が広がる国にアストラゼネカ社製ワクチンを推奨 新型コロナウイルス [2021年02月11日(Thu)]
新型ワクチンに対する臨床検査が十分でないのに、一定の国のワクチンを推奨するのはいかがなものか。副反応の結果についても、試験結果は十分なデータを得ていないのではないだろうか。

現在の製薬会社のワクチンは十分な資料を得ていない段階にあるが、副反応の恐れよりも、蔓延拡大を抑えるということが政治的に判断されているという段階だ。

トランプ氏ではないが、WHOは慎重に発言して行動すべきであると思う。

データ
ロシア・スプートニク2021年02月11日 09:10

新型コロナウイルスが重症化した際の製薬の効果に関するデータが十分ではないにも関わらず、同ウイルスの新しい菌株が確認された国々ではアストラゼネカ社製ワクチンの利用が推奨されている。

アストラゼネカ製ワクチン
スペイン アストラゼネカ製ワクチンの高齢者への接種は実施しない

世界保健機関(WHO)の免疫の専門家グループが、南アフリカや英国で確認された菌株に対するワクチンの効果について研究を行なった。

アストラゼネカ社製ワクチンは英国で発見されたウイルスに対する高い効果を示した。

しかし、南アフリカで確認された菌株に関する研究では、同グループの責任者であるアレハンドロ・クラビオト氏は、「中間分析では、軽度または中度の症状に対しワクチンの効果の低下が見られた」と指摘した。

しかし、同氏は、試験量が少ない中では南アフリカの菌株による重症化ケースでワクチンにどの程度効果があるかについて意見を言うことはできないと強調した。

Posted by ゆう東洋医学研究所 at 12:24 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml