CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
20年のコロナ関連破綻は843件、9月以降高止まり=商工リサーチ [2021年01月13日(Wed)]
1年間の倒産件数は843件になるという。実数はこれよりかなり多いのではないか。医療。介護の分野でも倒産件数は拡大している。

また、ボーナスを支給できないというところも多く、雇用を維持するだけがやっとという事業所も多い。

飲食店や旅館、観光事業などは息切れしてきているので、今後も倒産件数は増加するだろう。


データ
イギリス・ロイター2021・1・13


[東京 13日 ロイター] - 東京商工リサーチは13日、2020年の新型コロナウイルス関連で負債1000万円以上の破綻件数が2月からの累計で全国843件になったと発表した。

9月以降は3カ月連続で100件を上回り、12月は100件を下回ったものの96件と、高止まりで推移している。

東京都など1都3県の緊急事態宣言の再発令に続いて近畿や東海地区などにも対象地域が拡大する見通しで、「飲食店に対する時短営業や外出自粛要請で消費活動の停滞が広がり、関連業界への深刻な影響が懸念される」と商工リサーチは指摘。

事業環境の悪化から「コロナ関連破たんは高止まりから今後さらに増勢する可能性もあり、断続的な資金繰り支援が求められる」としている。1月13日時点では累計870件。

一方、同日発表した20年の全国企業倒産は、負債総額1000万円以上の件数が前年比7.2%減の7773件で負債総額は同14.2%減の1兆2200億円だった。

7月以降、6カ月連続で前年同月を下回り、年間では18年以来、2年ぶりに前年を下回った。

コロナ禍の各種支援策に支えられたと商工リサーチはみている。8000件を下回ったのは30年ぶり。

1971年以降の50年間では、バブル期の1989年の7234件に次いで、4番目の低水準だった。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 16:29 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
新型コロナウイルスを抑制する薬草が発見 [2021年01月13日(Wed)]
ヨモギ属のエキスがウイルスの増殖を抑制することを発見したという。ヨモギのエキスは故飯山一郎氏がその効用を発表していた。(新型コロナに対抗するというものではなかったが)
          
ヨモギは日本では灸において使用されている。
ツムラなどの東洋医学系の薬品メーカーはヨモギの成分の活用を研究してほしい。

東洋医学系の研究室,講座を持つ大学では新型コロナに対抗するために、ヨモギの成分を研究・開発して、ヨモギの効用を引き出してもらいたい。

昔、中国で感染症が拡大して大量の死者を出しているとき、栴檀の木の葉を煎じてそれを撒いて感染症を押さえてという故事がある。

栴檀の木がない時はハンノキの葉を煎じてもその効果があったという。せんだんの木の葉は落ちて、現在はないが春になれば葉がつくのでそれを煎じて撒くということもやってみよう。

データ
ロシア・スプートニク2021年01月13日 00:01

研究者らは、研究の過程でヨモギ属のエキスがウイルスの増殖を抑制することを発見した。この植物は抗ウイルス性の特性をもつことで知られている。研究結果がプレプリントのサイト「bioRxiv」で発表された。

クソニンジン(1年生のヨモギ属)は、抗ウイルス活性の特性をもつ物質のアルテミシニンを生成することで知られている。

すでに2000年以上にわたりこの物資はマラリアの治療で使用がされ、またその際、アルテミシニンは、2002年から2003年に新型肺炎のSARSコロナウイルス (SARS-CoV-1) の治療で効果があることが示されている。


ニューヨークのコロンビア大学とワシントン大学、ウースター工科大学の研究者らは、熱湯で抽出したクソニンジンの葉のエキスが新型コロナウイルスに対し抗ウイルス活性を示したことを発表した。

研究者らは、4大陸から集めた7品種のクソニンジンのエキスが、ベロ細胞培養で増殖する新型コロナウイルスに効果があるかを実験した。

すべてのエキスは新型コロナに対し活性を示し、また、サンプルの1つは2008年から保管されていたものだった。

研究者らによれば、物質の効果はすべての1年生のヨモギ種で確認されたことから、平温下の乾燥状態で長期保管した場合でも安定的に効果が維持されることを示しているという。

一方、研究者のパメラ・ウェザーズ代表は、このヨモギ種はおそらくアルテミシニンの効力によって新型コロナウイルスに効果を示しているのではなく、自ら含有するなにか別の成分の組み合わせによって作用を及ぼしていると指摘する。

研究者らは、今後の臨床実験が成功し、乾燥したクソニンジンの葉の粉末入りカプセルが新型コロナウイルスに対する安価で安全な治療方法となることを期待している。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 11:33 | 日本人の健康に直結 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml