CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「ハリーポッターのようなイメージ」 日本人女性ピアニストがロシアの音楽院留学について語った [2020年11月21日(Sat)]
ロシアという国を理解するうえで、この本は読むべきと思う。日本人からみてロシアは遠い国という印象である。日ロ戦争で日本が勝った後は”ろすけ”と言って少し小ばかにしていた。

第二次世界大戦で、日本の敗戦間際に攻め込んできたので、すこぶる印象は悪い。そして樺太南部、千島列島を占領した。北方領土問題といまだ国境線が不明確のままだ。

しかし、国民の間での交流は大切である。音楽を通じて日本人とロシア人がわかりあえるということが大切なのだ。

データ
ロシア・スプートニク2020年11月20日 15:05
筆者 : エレオノラ シュミロワ

18歳でロシアの音楽院に6年半の留学を決めるのはどんな心地だろうか。これを教えてくれたのが、日本人ピアニストの坂本里沙子さん(26)だ。

彼女はロシア語も知らない状態でこの長旅に出発した。ロシアでの留学経験、日本人とロシア人の違いについて、スプートニクが坂本さんに聞いた。

どうしてロシアを選んだのか?

坂本さんは5歳でピアノを始めた。桐朋女子高校音楽科を卒業後、留学することになった。彼女の選択に影響を与えたのが、高校3年生で初めて行ったロシアの風景だった。

坂本さん:「高校ではドイツ語を選択していましたが、先生に誘って頂いたことがきっかけで、ロシアに興味を持って、ロシアを一回見に行きました。

冬のモスクワはすごく寒かったのですが、その中で伝統や音楽を大事にしているのが感じられて、「この国で勉強したいな」と強く思いました。」

こうして2012年に坂本さんはロシア国立チャイコフスキー記念モスクワ音楽院に入学した。

坂本さんが日本に帰国してから約1年半が経つ。今年8月末には著書『私の音楽留学』が出版された。この本の中で、彼女は6年半にわたるロシアでの勉学や生活について詳細に語っている。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 19:44 | 読書のすすめ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml