CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ジョンソン・エンド・ジョンソン ワクチン臨床試験 一時中断 [2020年10月14日(Wed)]
新型コロナウイルスに対するワクチンは臨床実験の段階で副作用が出ているようだ。

あまり早急にワクチンに飛びつくと思わぬ副作用に見舞われるリスクがある。ワクチンの活用は慎重にせねばならない。

既存の仕様薬の中でも、新型コロナウイルスに効果が認められるものがあるので、副作用の恐れのあるワクチンの服用は慎重にしたい。

データ
日本NHKニュース 2020年10月13日 17時33分

アメリカの製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソンは、開発中の新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験を一時的に中断したことを明らかにしました。

会社は中断の理由を「試験の参加者に原因不明の症状が出たため」としています。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは12日、アメリカなどで行っている開発中の新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験を一時的に中断したことを明らかにしました。

中断の理由は「臨床試験の参加者に原因不明の症状が出たため」としていますが、具体的にどのような症状が出たのかは明らかにしていません。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは先月から世界各国で最大6万人を対象に、最終段階となる第3段階の臨床試験を始めていて、「大規模な臨床試験で重大な有害事象が起きることは珍しいことではない。注意深く医学的な情報を検証して再開の判断を行う」としています。

今後、独立した委員会がデータをもとにワクチンとの関連を検証し、再開の判断を行うとしています。

日本国内の臨床試験も一時的に中断

ジョンソン・エンド・ジョンソングループの医薬品部門として、新型コロナウイルスのワクチンを開発しているヤンセンファーマの日本法人によりますと、日本国内でも先月から臨床試験が行われています。

20歳から55歳までと、65歳以上の高齢者合わせて250人を対象に3段階のうち第1段階にあたる試験を行っていましたが、13日から一時的に中断しているということです。

ヤンセンファーマの日本法人は「現在、情報を収集中で詳細についてはコメントできない」としています。

追記
このブログに対するアクセスは2999千アクセスになりました。あと少しで300万アクセスに到達します。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 13:23 | 日本人の健康に直結 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
中国の進出 「南シナ海の問題はかなり深刻な性格のものとなっています。今後数年は非常に危険な時期となります。 [2020年10月14日(Wed)]
前日の続編であるが、中国の動向は非常に危険な方向に向かうリスクがある。それは時代遅れの19世紀的発想のままで領土拡大の戦略をとっているからである。

尖閣諸島問題、南シナ海問題、台湾問題しかりである。
おそらくここ10年ぐらいで軍事力はアメリカを抜き去る可能性がある。

世界の軍事バランスが崩れつつあるとみておかねばならない。

トランプ政権はアメリカ第一主義で、世界の駐在している米軍を本国に引き上げようとしているが、バイデン氏が政権をとると民主党政権の時のような力による押さえつけ路線になるであろう。

しかし、中国は核武装した軍事大国であるので、アメリカ軍の軍事力による圧倒的な力による解決という従来のシナリオはまったく使えないということを認識せざるを得なくなるだろう。


データ
ロシア・スプートニク 2020・10.14

「南シナ海の問題はかなり深刻な性格のものとなっています。第一次世界大戦前夜と同じように、軍事力の相関関係の変化が続いていることが大きな要因です。

中国は米国よりもはるかに急速に軍事力を増強しています。中国が核戦力拡大への道を歩き出し、2030年初頭には第3の核大国になる可能性があるということも重要な要因です。

しかも、ソ連と米国とは異なり、中国と米国の間には、軍事機関を調整するそれほど効果的なルートがなく、軍事力抑止の十分な経験もありません。

また戦略的安定に関する問題をめぐる対話も限定的です。結果として、今後数年は非常に危険な時期となります。事態を深刻化させないことがきわめて重要です」。

複数の専門家が、大統領候補であるジョセフ・バイデン氏が政権に就けば、米国の政治路線はそれほど激しいものではなくなるだろうと見ている。

一方でこの論理は、歴史的に証明されているわけではない。米国が長期にわたる流血の軍事行動を行っていたのは、他でもない民主党政権下だったのだから。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 10:55 | 中国の軍事動向 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml