CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
米国の大手銃器メーカーが破産 [2020年09月30日(Wed)]
アメリカの銃器メーカーのレミントンといえば知らない人はないくらいのメーカーであるが倒産という。

アメリカの銃器メーカーが破産したということは、アメリカの銃器社会が少し変動してきているのかなという観測もあるが、アメリカ社会は銃器を手放さないであろう。

先住民であったインデアンを約1億人いたともいわれるが、虐殺して現在は200万人ぐらいが住んでいるが選挙権もない境遇のようだ。1億人のインデアンを殺した銃器を手放すことはできまい。

データ
ロシア・スプートニク2020年07月28日 17:48

米国の銃器および弾薬の老舗で大手メーカーの1つであるレミントン・アームズ社を含むレミントン・アウトドア・フォールディングが破産を申請した。

同社によれば、申請書類はアラバマ州の裁判所に提出がされた。ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、資金に対するレミントン・アウトドア社の債務超過が原因とされると報じている。

同社の破産申請は2年間で2回目。2018年、同社は債務が累積したことと、2016年に米国大統領選挙でドナルド・トランプ氏が勝利した後に銃器販売が低迷したことを背景に、破産手続きを行っている。

報道によれば、アフリカ系米国人のジョージ・フロイド氏が警官に拘束される際に死亡したことで米国内の社会的緊張が高まっていることや、2月以降に新型コロナウイルスのパンデミックによる不安定さから銃器販売量の増加が見うけられるなど、現在、状況はいくらか変化しているが、それでも同社が破産を回避することはできなかった。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 16:22 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
米シェールオイル業界のパイオニア的存在、破産を申請 [2020年09月30日(Wed)]
シェールオイルの老舗が破綻した。シエールオイルの採掘コストは原油開発のコストよりも割高につくので、競争力が弱い。

産油国の原油生産が消費の落ち込みにより、価格低迷と生産量の大幅な減産となっており、産油国のアラブの国々を不安定にしている。

原油の低価格が、シェールオイルの生産を直撃したことになる。他の業者もかなり厳しい経営状態であろう。これから倒産が連鎖していくことが危惧される。

データ
ロシア・スプートニク2020年06月29日 16:09

米シェールオイル業界のパイオニア的存在として知られるチェサピーク・エナジー(Chesapeake Energy)が破産を申請し、債務再編のための保護を求めた。

先に、原油及びガス価格の下落を背景にチェサピーク・エナジーは債務を再編する計画であり、さらに破産手続きの開始を準備していると報じられた。

プーチン大統領 「現代のシェールオイル生産技術は野蛮」

チェサピーク・エナジーは「同社はバランスの包括的な再編を緩和するため、連邦破産法11条に基づきテキサス 州南部地区の破産裁判所に自発的に保護を申請した」と発表した。

チェサピーク・エナジーは「約70億ドルの債務」を解消するための再編計画を実施するという。

同社は約9億2500万ドルの融資について債権者と合意した。その他にも債権者はチェサピーク・エナジーに6億ドルを拠出する。

5月末、国際エネルギー機関(IEA)は、新型コロナウイルスの流行を背景に米国の2020年のシェールオイルの生産コストが前年比で50%削減されるとする報告書を公表した。

報道によると、米国では今年、石油ガス部門をはじめとしたエネルギーへの投資の大幅な落ち込みが見られており、前年比で25%以上減少した。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 16:01 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
バイデン氏、納税申告書を公表 19年所得税は30万ドル近く [2020年09月30日(Wed)]
バイデン氏と妻ジル・バイデン氏の調整後総所得は約98万5000ドルだったという。約1億円の年間収入があるということだ。

トランプ氏は公表していないが、おそらく数倍の年収となっているのであろう。

データ
アメリカCNN2020.09.30 Wed posted at 09:55 JST


民主党の大統領候補、バイデン前副大統領。討論会の直前に納税申告書を公表した

ワシントン(CNN) 米野党・民主党の大統領候補、ジョー・バイデン前副大統領は29日、2019年の納税申告書を公表した。

これによると、バイデン氏と妻ジル・バイデン氏の連邦所得税は30万ドル(約3170万円)近く、調整後総所得は約98万5000ドルだった。

バイデン氏の納税申告書は第1回候補者討論会を数時間後に控えるタイミングで公開された。

2日前には米紙ニューヨーク・タイムズが、トランプ大統領は2000年からの15年間のうち10年間、連邦所得税を納めておらず、16年と17年の納税額もわずか750ドルだったと報じていた。

トランプ氏は主要政党から出馬した歴代大統領候補や大統領の慣例を破り、納税申告書を公表していない。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 11:22 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml