CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ブルームバーグ:世界の石油大国で資金が枯渇 [2020年09月03日(Thu)]
原油価格の下落と原油生産量の大幅な減少は、中東産油国の経済基盤を直撃する。すなわち石油販売による利益がなければ、国庫が空っぽになる。それを補填する他の産業はない。

中東諸国も産業を興し、バランスのよい経済体制を作らねばならない。

コロナの蔓延で輸送燃料としてのガソリン、軽油などの消費の減少すなわち販売量の減少もある。

飛行機が飛ばなければガソリンの一種であるジェット燃料を消費しない。つまり石油を使わないということでもある。

コロナ禍を脱却し、各国が鎖国を早く解かなければならない。コロナにより、国家というもの、民族というものが新たに再認識された形となっている。

アメリカの株価上昇は、産油国のオイルマネーの流入によるものかも。

金融で資金を稼ごうという魂胆なのかどうか、もしそうだとすると、アメリカの株のバブル崩壊はオイルマネーの資金引き上げが引き金となる。

データ
ロシア・スプートニク通信2020年09月03日 02:30

大量の埋蔵量を保有するクウェートでは原油価格の下落が資金の枯渇を招いている。ブルームバーグが報じた。

報道では、今年、クウェートの石油とガスの輸出は2014年のピーク時の約半分まで下落していると指摘する。

実質的に政府は流動資産が枯渇し、財政赤字の補填ができなくなっている。赤字は約460億ドル(4兆8872億円)に達する見込み。

国内の状況は、議会と政府の間の対決を深刻化させ、議会は国庫補助金の再分配に関する政府案を承認しなかった。

クウェート経済の90%は、原油販売の利益によって左右される。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 11:59 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml