CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
バークシャーの日本商社株取得、インフレとドル安の投資妙味期待か [2020年09月01日(Tue)]
”バフェット氏はインフレで価値が生まれる分野へと投資の軸足を移しつつある”と評価しているが、日本がインフレになることを見越しているということであろうか。

日本の政治は1強、であったが、それは野党が弱すぎた反動に過ぎない。安倍氏がとくによい政治をしたというわけではない。これから旧民主党も合同するので政局は流動期に入る。

期待のとおり、インフレが進行するかどうか。この動きのインパクトは大きい。

データ
英国ロイター通信Reuters 2020・9・1

[ニューヨーク 31日 ロイター] - 著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイ(BRKa.N)は30日、日本の5大商社の株式をそれぞれ5%超取得し、持ち分を最大9.9%まで引き上げる可能性があると表明した。

これはバフェット氏が、インフレ進行とドル安に伴う外国株の投資妙味増大を期待している表れかもしれない。

投資対象となったのは伊藤忠商事(8001.T)、丸紅(8002.T)、三菱商事(8058.T)、三井物産(8031.T)、住友商事(8053.T)の各社。

いずれもコモディティー探査部門を含め事業は多岐にわたり、バフェット氏が好むバリュー株の典型と言える。

バークシャーが保有するアップル(AAPL.O)やアマゾン(AMZN.O)などの大手IT銘柄主導で、米国株が1990年代終盤のハイテクバブル以来の高値水準に達している今の局面で、バフェット氏がこうした投資に動いたことについて、バークシャーの株主も歓迎する姿勢だ。

資産の3%近くをバークシャーに振り向けているスミード・キャピタル・マネジメントのビル・スミード最高投資責任者は「バフェット氏はインフレで価値が生まれる分野へと投資の軸足を移しつつある」と評価し、出資先の企業は原油などの原材料の価格が跳ね上がれば利益が得られるとの見方を示した。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 15:26 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ウクライナのドンバスの炭鉱汚染水 チェルノブイリ原発事故よりも大きな災害を引き起こす恐れ [2020年09月01日(Tue)]
ウクライナの内戦による国土の荒廃である。内戦で破壊された炭鉱からの汚染水の問題が出てきている。

内戦になると生産設備が破壊されインフラもこわれてしまうという悲劇だ。

データ
ロシア・スプートニク2020年08月31日 17:30(

ウクライナ東部ドンバスの炭鉱汚染水の問題は、チェルノブイリ原発事故よりももっと大きな環境災害を引き起こす恐れがある。

ヴィトリド・フォーキン初代首相がウクライナ紙「Strana.ua」のインタビューで語っている。

東欧の大規模な石炭鉱床であるドネツク石炭盆地(別名ドンバス)は、ウクライナ中南部の主要な燃料・エネルギー供給源。

また、ドンバス東部(ロシアのロストフ地方)はロシア連邦の主要な燃料・エネルギー源である。

フォーキン元首相は「(2014年5月から続く戦闘のため)荒廃したドンバスは今、全ての炭鉱施設とインフラが破壊され、環境災害の危機が迫っている。

これについて熟考する余裕はない。多くの炭鉱が水浸しになり、見捨てられたままになっている。400カ所以上の貯水池や水処理施設が汚染水であふれそうになっている」と説明している。

同元首相は、近い将来起こりうる災害を防ぐために対策を立てる必要があると指摘している。

このままでは汚染水が現地の全ての川や湖に大量に入り込み、アゾフ海や黒海に流れ込んでしまうという。

「多くの人がこれに目をつぶっているが、この差し迫った災害はチェルノブイリ原発事故よりも計り知れないほど大きいものになる恐れがある」

ヴィトリド・フォーキン初代首相は1991年9月から1992年10月までウクライナ政権を率いていた。

2020年8月初めには、ウクライナに関する三者コンタクトグループ(TCG)の枠組みの中でドンバス情勢の解決に向けた交渉に参加している。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 14:53 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml