CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
焦点:「鉄のカーテン」再びか、ドル圏から締め出し恐れる中国 [2020年08月17日(Mon)]
鉄のカーテンがよみがえるか。トランプ政権はアリババなども禁止の方向で検討しているという。

中国では安全保障の観点から、フェイスブック、グーグル、ウインドウズなどが禁止となっているようだ。中国では作動できないという。

データ
英国ロイターReuters 2020.8.17


[北京/上海 13日 ロイター] - 中国国内では、米国との関係が急激に緊張する中で、「金融戦争」の行き着く先としてドルを中心とする国際通貨システムから中国が締め出される恐れがあるとの不安が高まりつつある。

かつてはまさかと思われていた破局的な展開が、現実味を帯びてきたと受け止められている。

中国がドル決済の枠組みから遮断されたり、米政府が中国の膨大なドル建て資産の一部を凍結ないし差し押さえたりするような最悪シナリオが、中国の当局者やエコノミストの間でここ数カ月、公然と論じられるという異例の光景が見られるようになった。

こうした懸念を背景に、中国製の新型コロナウイルスワクチンを輸出する際には人民元建て決済を採用する構想が浮上し、デジタル人民元を使ってドル決済を迂回することも検討され始めている。

スタンダード・チャータード銀行(スタンチャート)の広域中華圏経済調査責任者で、中国人民銀行(中央銀行)エコノミストだったシュアン・ディン氏は「人民元の国際化は以前なら『あれば好都合』だったが、もはや必要不可欠になろうとしている」と語り、米中間の金融デカップリング(分断)の脅威は「明白かつ今そこにある」と指摘した。

経済規模で世界第1位の米国と第2位の中国が完全にたもとを分かつ事態が起きる公算は乏しいとはいえ、トランプ政権は貿易やハイテク、金融業務などに絡む重要分野で部分的なデカップリングを推進し続けている。

その一環として、米国の会計基準を満たさない中国企業の上場を禁止する提案や、動画投稿のTikTok(ティックトック)やメッセージを交換する微信(ウィーチャット)といった中国のアプリ使用禁止の方針などを打ち出した。

11月3日の米大統領選に向け、両国の関係はさらに緊迫化する見通しだ。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 15:34 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
サージカルマスクの意外な消毒方法を発見 米イリノイ大学UC校 [2020年08月17日(Mon)]
昔からマスクは熱湯消毒して繰り返し使用していた。電気釜で蒸すという処理もN95マスクを再生させるのに役立つ。

N95マスクは高価でなかなか手に入らないから繰り返して使用するのは経済的にもよい。


データ
ロシア・スプートニク2020年08月16日 00:03

米イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の研究者らにより、N95型マスクは炊飯器あるいはマルチスチーマーで消毒可能なことが証明された。

研究者らは実験を行い、高熱乾燥による然るべき処理でマスクは最大20回まで繰り返し使用できることを確認した。



世界で最も高価な金とダイヤのマスク イスラエルで製作

研究者らは、まずマルチスチーマーを175℃以上に温め、その後、マスクが損傷しないよう内側の底にタオルを敷くよう勧めている。

タオルの上にマスクを置き、蓋を閉め、「調理」を50分以上にセットする。水を入れる必要はないという。

マルチスチーマーの乾熱が、N95マスク上に付着するコロナウイルスを含む4つのウイルスを死滅させるという。

これより前、最も効果があるマスク、また最も効果がないマスクについて研究成果が伝えられた。

関連ニュース

インドの企業家 新型コロナ予防で約4000ドルの金のマスクを購入
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 14:22 | 福祉・介護 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml