CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「対米交渉における唯一の切り札」 北朝鮮、核開発を再開か [2020年08月08日(Sat)]
金正恩氏の言葉として、朝鮮民主主義人民共和国は抑止力として核兵器を保有することにより、確実な防衛と安全を担保していると伝えた。

核とミサイルの保持により自国の安全を図ろうということ、北朝鮮における金氏による政治体制の維持のために核兵器の開発を進めるという。

時代がまた逆行し始めているということになるか。プーチン氏は朝鮮半島の南北統一に反対する意向とみられ38度線を境に南北のにらみ合いは継続するであろう。


データ
ロシア・スプートニク2020年08月07日 22:31
筆者 : リュドミラ サーキャン

8月3日に国連安保理の北朝鮮制裁委員会に提出された報告書によると、北朝鮮は高濃縮ウラン製造や実験用軽水炉建設など、核開発を継続しているという。

報告書は独立系専門家グループがまとめたもので、直近6回の核実験から、北朝鮮は弾道ミサイルに搭載可能な小型核弾頭を開発した可能性についても指摘している。

報告書は機密扱いになっているが、ロイター通信が何らかの手段により入手し、その内容を報道した。

この事実にドミトリー・ポリャンスキー国連ロシア大使は注意喚起を行い、自身のツイッターで国連の機密情報が漏洩したことを非難している:

「我々は断固としてこの事実を非難する。情報漏洩は深刻な影響を及ぼす可能性がある。国連に対し、このような事件すべてを調査し、防止するよう求める。」


​ロシアのこの姿勢を中国大使も支持している。

北朝鮮の国連代表は報告書について今のところ何もコメントしていないが、7月28日の朝鮮中央通信は金正恩朝鮮労働党委員長の言葉として、朝鮮民主主義人民共和国は抑止力として核兵器を保有することにより、確実な防衛と安全を担保していると伝えた。

北朝鮮は「いかなる圧力や軍事的脅威、恫喝から身を守ることができる国になった」と金正恩氏は強調している。

Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 09:25 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml