CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
核の悲劇から75年:安倍首相、広島と長崎の慰霊・平和祈念式典に参列の意向 [2020年08月04日(Tue)]
アメリカ軍による広島・長崎への原爆投下は、日本の敗戦を促すためというよりも、ソビエト軍に対する原子爆弾の威力を示すために投下したと伝えられている。

天皇が戦争終結を発表したのはおそらく原爆の投下によるものではなく、ソビエト軍が日ソ不可侵条約を破り日本の敗戦間際に満州、樺太、千島に攻撃をかけてきたことによるだろう。

アメリカは日本が外交ルートを使い戦争終結を模索していたことは数か月前から知っていた。日本が降伏することを知りながら原爆を投下した。人類に対する人体実験として使用した側面がある。

無条件降伏の要求の中に天皇の処遇をどうするのかどうかを最後まではっきりさせなかったために日本国民の犠牲は敗戦間際数ケ月の間に膨大な犠牲をだす。

天皇としては処刑されるかもしれないという恐怖と闘いながらの戦争終結の決断であったのであろう。

長崎への原爆投下は、長崎にはキリスト教徒の日本人が多いということ、またアメリカ軍の捕虜収容所もあったのを知りながら、キリスト教徒と自国の捕虜を犠牲にしたということである。

キリスト教徒の日本人は救済の対象としなかったというのがアメリカのキリスト教徒の決断であったことを心の中でよく考えることである。

被爆者の日本人は軍人よりも無防備である普通の一般の市民・信者であったということも含めて。


データ
ロシア・スプートニク通信2020年08月04日 14:30

日本の安倍首相は、終戦75年に当たる今年、広島の原爆死没者慰霊式・平和祈念式典(8月6日)、長崎の原爆犠牲者慰霊平和祈念式典(同9日)に参列する。

両式典ともに新型コロナウイルスの影響で参列者は限定される。3日の政府・野党連絡会議で安倍首相が意向を表明した。

席上、安倍首相は「75年の節目の年に当たり、原爆の犠牲となった方々のみ御霊に哀悼の誠をささげる」と発言した。

これより前、広島市と長崎市は、新型コロナウイルスの影響で今年の式典参列者数は例年の10分の1程度になると明らかにしていた。

両行政は、式典においては感染拡大防止のため必要な安全措置が講じられるとしている。

原子力爆弾は米軍によって第二次世界大戦末期の1945年8月6日に広島に、同9日に長崎に投下された。

米側による原爆投下の公式な目的は、大日本帝国の降伏を早めることであった。この原爆投下は人類史上唯一の核兵器の軍事利用となった。

米国は依然として道徳的責任を認めておらず、この作戦を「軍事的必要性による」と正当化している。

原爆による被害者は45万人を超えるとされ、現在も放射線被ばくによる後遺症で苦しむ人がいる。認定されている被ばく者数(被ばく者健康手帳保持者)は2020年3月末の時点で13万6682人。

関連ニュース

「黒い雨」訴訟 原告全員を被爆者と認める 広島地裁
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 15:46 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml