CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
世界最大の水上飛行機が初飛行 中国のAG-600水上飛行機が初めて空への旅をしました [2020年07月20日(Mon)]
中国も水陸両用水上飛行機を開発している。どうも南シナ海、尖閣諸島などを念頭に置いた軍事開発のような印象を受ける。

南沙諸島用に開発されたようだ、人工島への空輸を念頭に置いたものであろう。ロシアと異なりジェット推進ではない、プロペラ型であるが、大型化しているとことが注目点である。

飛行艇の開発研究は日本では進んでいると思うがロシア、中国の動向をよく見ておくことであろう。


データ
カイル溝上2017年12月27日

世界最大の水陸両用水上飛行機である中国のAG600が、中国広東省珠海のジンワン民間航空空港から初の飛行を行いました。

AG600は民間の旅客機と同じくらい大きく、水から離着陸できます。

Kunlongの愛称で呼ばれるこの航空機は、7年間開発されており、消防活動、海上での救助、南シナ海の中国の人工島のパトロールに使用されます。

AG600の最初の飛行には水は含まれていませんでした。代わりに、飛行機は約1時間飛行してから、空港に戻って着陸しました。

AG600は、J-10およびJ-20戦闘機、Y-20重輸送機を含む中国の新しい軍用機の大部分を担当する中国の国営航空産業公社(AVIC)によって設計および製造されています。そしてZ-10攻撃ヘリコプター。

AG600の翼幅は121フィート、最大離陸重量は53.6トンで、エアバス320またはボーイング737とほぼ同じ大きさです。

水陸両用水上飛行機は、離着陸用のボートのような船体と、従来の三輪車の両方を備えています-
滑走路から操作するための着陸装置のスタイルセット。

飛行機は、ソビエト連邦によって設計された1950年代のエンジンから派生した4つのWJ-6ターボプロップエンジンを含む、100%中国のコンポーネントを使用しています。

Kunlongは最大50人の乗客を収容できるので、海上緊急時に船を避難させたり、着陸帯のない島から人員を移動させるのに役立ちます。

中国の国家メディアによると、水上飛行機は消火のために20秒間で12メートルトンの水を汲み上げることもできます。

AG600は現時点では非武装ですが、対潜水艦の役割で魚雷と深度爆弾を運ぶ可能性があります。

AG600は明らかに民間人の役割を担っていますが、AVICが軽視されそうな軍事的役割も持っています。

水上飛行機は、南シナ海にある中国の人工島を維持するのに理想的です。

これらの島は、島や浅瀬から海底に浚渫されて築かれ、北京の以前の声明とは対照的に、空軍基地、レーダー、武器で徐々に軍事化されています。島は中国が南シナ海の交通を監視するのを助けます。

それは中国本土だけでなく核弾道ミサイル潜水艦の砦としての要塞を形成するでしょう。

ジン級潜水艦強力な「セカンドストライキ」機能を提供し、中国が不意の核ファーストストライキの犠牲者であった場合に、復讐攻撃を確実にします。

中国は南シナ海の90%を主張しており、これは近隣諸国をランク付けする領土の主張です。

Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 16:15 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日本のH-IIAロケット打ち上げ成功 UAEの火星探査機を搭載 [2020年07月20日(Mon)]
火星探査機の打ち上げが成功した。日本のロケット技術は再確認された。

UAEの依頼によるものだが、日本のロケット技術の水準の高さが証明された。

ロケット技術すなわちミサイル技術だが、アメリカ、ロシアをはじめ世界の国々が日本のミサイル技術のレベルを認識した。各国に対する抑止力となるだろう。

日本のミサイル技術は侮れないと。

データ
ロシア・スプートニク通信2020年07月20日 09:00

アラブ首長国連邦(UAE)の火星探査機「アル・アマル(HOPE)」を搭載した「H-IIA」ロケット42号機が日本時間で7月20日午前6時58分に種子島宇宙センターから打ち上げられた。

打ち上げは順調に進み、午前8時頃に「アル・アマル」は分離された。

UAEの「アル・アマル」は火星の大気観測を主な目的とした探査機とされている。


当初、ロケット打ち上げは6月15日に予定されていたものの、連日の天候不良により延期されていた。

「アル・アマル」はアラブ首長国連邦の建国50周年となる2021年2月に火星へ到着する予定。

関連ニュース

太陽を最も至近距離でとらえた写真が公開
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 15:28 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
増える「在宅勤務トレーダー」、不正取引どう監視するか [2020年07月20日(Mon)]
新型コロナの影響で在宅勤務が増加しているが、在宅していると株のトレードに手を染める人が増加しているのではないか。

思わむところで株式を始めた人々が増えたとみておいてよいだろう。

金融機関のトレーダーたちが在宅にてトレードを始めると、その監視制度をどうするかということであろう。個人の越権行為をどう制御するかという問題である。

データ
英国ロイター通信 Reuters 2020.7.20


[トロント 15日 ロイター] - カナダの金融機関は従業員がトレーディング業務を在宅で行うなど、テレワーク化が急速に進んでいる。

しかし一部の専門家は、権限を逸脱した行為やインサイダー取引の可能性への対策の強化が不可欠だと指摘しており、業務監視体制の真価が問われている。

カナダ銀行(中央銀行)は5月、テレワーク化の進展で取引パターンの変化といったトレーダーの監視が困難になるなど、金融機関には業務上のぜい弱性が高まる恐れがあると警告を発した。

これまでのところ金融機関や規制当局による監視体制の大幅な見直しはなく、ほとんどのトレーダーがテレワークを開始した3月以降、疑わしい活動は表沙汰になっていない。

しかしリスクを警戒する声もある。

トロント大学のマリウス・ゾイカン准教授(金融学)は「在宅勤務の場合、何かの問題や不正行為を発見するのにより多くの時間がかかる」と指摘。

新型コロナウイルス危機に伴う市場のボラティリティ上昇やリテール取引の急増で、当局が不正の兆しを探す際の「雑音」が増えているという。

カナダ証券取引所のリチャード・カールトン最高経営責任者(CEO)によると、債券など、監視の甘い、店頭市場で扱われる金融商品のリスクが高い。

ゾイカン氏によると「銀行の技術は(在宅で)トレーディングを行い、注文を受け付けて執行するには十分」だ。

しかしリモートトレーディングは、取引フロアのカメラや職場の監督責任者といった手厚い監視体制がなく、「死角」が存在する。

市場規制を担うカナダ投資業規制機構(IIROC)が直接的な監査、IDチェック、報告期限などの項目の適用免除を提示したことも、不正行為の発見を遅らせる可能性がある。

ゾイカン氏によると、今の監視体制は取引を実行したトレーダーやインサイダー取引の特定といった分野は捕捉できていない。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 12:08 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml