CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
中国で新型コロナ「第2波」の可能性、専門家チームトップが警告 [2020年05月19日(Tue)]
データ
アメリカCNN5/18(月) 13:15配信

中国で新型コロナ対策に当たる専門家チームのトップが「第2波」の可能性を警告した

(CNN) 新型コロナウイルス対策で中国政府の専門家チームのトップを務める鍾南山氏は18日までにCNNの単独取材に応じ、地域社会に免疫がなく、中国が新型コロナウイルスの「第2波」の発生の可能性という「大きな挑戦」に直面しているとの見方を示した。


鍾氏はまた、新型コロナウイルスが最初に報告された武漢市の地元当局者が当初の拡大の規模に関して重要な詳細を明らかにしていなかったと語った。

国家衛生健康委員会によれば、中国では新型コロナウイルスについて8万2000件以上が報告されており、死者の数は少なくとも4633人。

新規感染者の数は1月下旬に急速に増加し、都市封鎖や全国規模の旅行の禁止などにつながった。

2月上旬には新規感染者が1日で3887人を記録した日もあった。しかし、1カ月後には新規感染者の数は2けたに下落した。

中国では大部分で新型コロナウイルスを抑制しており、生活も通常の状況に戻りつつある。都市封鎖は緩和され、学校や工場の一部も再開している。

鍾氏はそれでも、第2波の危険性はあるとして、当局は満足すべきでないとした。中国ではここ最近、各地で新たなクラスター(感染者集団)が確認されている。

鍾氏は、免疫がないため、中国人の大部分は依然として新型コロナウイルスに感染しやすい状態にあると指摘。「大きな挑戦」に直面しており、現時点では外国よりもよい状況にあるとは考えていないとした。

鍾氏は2003年に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)への対応で知られる。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 15:29 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
北方領土「日本に主権」が復活 外交青書「韓国は重要な隣国」も [2020年05月19日(Tue)]
明治の時代に、千島樺太交換条約によって。樺太はロシア、千島列島は日本と、日本にとって面積からすれば不平等な条約であったが、ロシアと締結している。

したがって、千島列島は日本の領土というのは正しい。その千島列島は、国後島、択捉島・色丹・歯舞諸島は日本人が住んでいて日本の固有の土地であったというのが外務省の見解である。

安倍政権は相当、プーチン氏に譲歩したが、それでも国境画定交渉は妥結せず譲歩しても埒が明かないことが明確になったので、初心に帰ったということであろう。

千島列島のすべてが日本領だと主張する日本共産党の主張は筋が通っている。
matuwa2.jpg

データ
ロシアスプートニク2020年05月19日 12:05

茂木敏充外相は19日の持ち回り閣議で2020年版外交青書を報告した。19年版で削除した北方領土の法的立場に関し「わが国が主権を有する島々」と表現した。

前回の記述見送りに反発した国内保守層への配慮や、日ロ平和条約締結交渉の停滞を背景に再び明記したとみられる。18年版では「北方四島は日本に帰属する」としていた。

日韓関係では日韓軍事情報包括保護協定(日韓関係=ジーソミア)の破棄通告や元徴用工訴訟問題を挙げ「厳しい状況が続いた」と指摘。

ただ18、19年版では削除した「韓国は重要な隣国」との表現を復活させた。

matuwa3.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 15:04 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml