CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
バークシャー、米航空株全て売却 バフェット氏「世界は変わった」 [2020年05月04日(Mon)]
アメリカの投資家が、航空業界を見限ったということである。この影響は大きい。アメリカの航空業界の早期の回復はないと読み込んだということだ。

アメリカの航空業界は軍需産業と密接な関係にあり、アメリカの背骨に多大な影響を与えるであろう。このニュースのインパクトは大きい。

データ
Reuters2020・5・4

[2日 ロイター] - 著名投資家ウォーレン・バフェット氏は2日、自身が率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイ(BRKa.N)の年次株主総会で、航空業界にとって「世界は変わった」と述べ、保有していた米航空株を4月に全て売却したことを明らかにした。


バークシャーの年次報告書や当局への届け出によると、同社は2019年末時点でデルタ航空(DAL.N)の株式11%、アメリカン航空(AAL.O)株10%、サウスウエスト航空(LUV.N)株10%、ユナイテッド航空(UAL.O)株9%を、それぞれ保有していた。

バフェット氏は、ライブ配信された株主総会で、航空業界の見通しは急変したとし、「大幅な損失を出しても売却することを決めた」と説明。

「将来的に資金を食いつぶすと予想される企業に資金は出さない」と述べた。

4社の株式取得にこれまでに70億─80億ドルを投じたと明らかにし、「間違いだった」と述べた。

航空業界については「需要が実質的に干上がり、打撃となっている。米国では空の旅は基本的に止まっている」とした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 15:37 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
中国によるコロナ情報抹殺 「証拠がある」=米国務長官 [2020年05月04日(Mon)]
武漢ウイルス研究所に関しては、早い段階からネットではでていたが、その段階ではマスコミでも武漢封鎖ということも報じられていた。

昨年12月のの段階での問題であろうが、その時どういう対応をしていたのであろうか。

ロシアの通信社が報じていることに注目したい。

データ
ロシアスプートニク2020年05月04日 08:20

中国政府が国内の新型コロナウイルス感染拡大に関する情報を意図的に隠蔽し、抹殺したと報道されている点について、米国のマイク・ポンペオ国務長官はABCニュースの取材に応じた中で、米国政府にはこの報道を裏付ける証拠があると発言した。

ポンペオ国務長官によれば、中国共産党は国際社会から事態を隠ぺいするため、あらゆる手段を使ったという。

この点についてポンペオ国務長官は情報源がオープンなものも含め、「多数の証拠がある」とABCニュースの取材に応じた中で発言した。


中国政府は武漢市で発生した事実を公にしようとした人物らの「口封じ」を試みたほか、「共産党にお馴染みの情報操作」を行っていると批判したという。

トランプ大統領は責任者の罪を追求する考えを示しており、ポンペオ国務長官は「しかるべきタイミングでこれを行う」と発言した。​

中国は新型コロナ感染拡大の非難を目的とした調査に断固反対=中国外務省

米、豪、ニュージーランド、カナダ、英の諜報協定(諜報協定)報告書では、中国当局が医師に対しウイルスの存在について沈黙を強要、研究室の生体資料を廃棄し、国外のワクチン開発専門家へのサンプル提供を拒んだとされている。

「フォックスニュース」テレビは「ゼロ番目の患者となったのは武漢ウイルス研究所職員だ」としているが、中国はこの情報を否定している。

Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 10:14 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml