CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
トランプ氏、コロナ研究所起源説の「証拠見た」と主張 情報機関声明と矛盾 [2020年05月01日(Fri)]
新型コロナウイルスをめぐって米中の応酬が過熱化してきた。1月後半にネットに武漢研究所が発祥地とされる海鮮市場に近いところに立地しているとのニュースが流れた。

真偽のほどはわからない。

データ
アメリカ/CNN 2020.05.01 Fri posted at 10:30

コロナ研究所起源説の「証拠見た」 トランプ氏が発言

ワシントン(CNN) トランプ米大統領は4月30日、新型コロナウイルスが中国・武漢の研究所から流出したとの説に触れ、研究所起源説に「大きな確信」を抱かせる証拠を見たと主張した。
ただ、こうした主張を裏付ける詳しい情報は示さなかった。

この数時間前、米国家情報長官室(ODNI)は声明で、今のところ研究所から流出したとの評価には至っていないと説明。

新型コロナウイルスの流行が「感染した動物との接触を通じて始まったのか、あるいは武漢の研究所で起きた事故の結果なのか」を引き続き厳密に精査するとしており、トランプ氏の発言はこれと矛盾する結果になった。

トランプ氏はこの日、新型コロナウイルスが研究所から流出したことを示す証拠を見たのか問われ、「その通りだ」と回答。

その後、なぜこうした見方に自信を持っているのかと問われると、「それは言えない。あなたに教えることはできない」と言葉を濁した。

複数の情報筋によると、トランプ政権当局者は米情報機関に対し、中国の研究所での事故が原因となってパンデミック(世界的大流行)が始まったとの説を追求して、流行の起源を特定するよう要請しているという。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 11:41 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
中国は新型コロナ感染拡大の非難を目的とした調査に断固反対=中国外務省 [2020年05月01日(Fri)]
中国は、新型コロナによる経済損失の補填を認めることはないだろう。なぜなら中国は破産してしまうからだ。

中国が新型コロナの発信地であることは動かせない事実ではある。

データ
ロシアスプートニク2020年04月30日 14:53

中国の楽玉成外務次官は、同国は新型コロナウイルス(COVID-19)の発生源の調査における幅広い国際協力は支持するが、新型コロナの世界的な感染拡大に関して中国を非難することを目的とした国際調査には反対すると述べた。

楽氏は米国のテレビNBCのインタビューで「その罪のいかなる証拠もなしに中国を被告席に着かせ、次に、いわゆる国際調査の助けを借りてその証拠を探すことに反対する。

我々はそのような国際調査には断固として反対だ」と述べた。

集団免疫か徹底追跡か 各国のコロナウイルス対策

また楽氏は、複数の国が新型コロナによって引き起こされた経済的損失の補償を中国に求めていることについて、ばかげていると指摘した。

同氏は「中国は流行の原因ではなかった。流行は自然災害だ。中国も他の国と同様にウイルスの被害者であり、ウイルスの協力者ではない(中略)ウイルスはどこにでも出現できた」と述べた。

楽氏はまた「中国を訴え、中国に補償を要求することは単にばかげた政治的な茶番だ」と強調し、「なぜなら中国に損害賠償を求めることは根拠がなく、違法であり、非良心的な人々による強要と何が違うのか?」と指摘した。

同氏はまた、中国は補償の要求について、その感染対策における無能さに対する責任を中国になすりつけようとする試みに他ならないと考えていると述べた。

Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 10:08 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml