CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
インフルエンザ対策に 栴檀 せんだん を活用してみましょう! [2020年03月22日(Sun)]
中国では古来より感染症になやまされ、感染症により多くの人命を失ってきている。中国では対策に困り、栴檀の木の葉を煎じてそのエキスを噴霧して感染症を抑え込んだという故事がある。

5月には栴檀の木に葉が茂るからそれを煎じて噴霧すれば、おそらく新型肺炎のウイルスは抑えることができるだろう。

中国の武漢発の新型コロナウイルスも栴檀の木によって中国大陸は新型肺炎を抑え組むことが可能となるだろう。全ては栴檀の木次第。


2009年Farmに植樹した栴檀(せんだん)

ファームと我が家の庭に栴檀の木の苗を植えましたが、
どうも、栴檀の木の葉や実、幹などがインフルエンザを不活性にしてしまうようです。

詳細はこのページの雑誌の記事をご覧ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/hanextract/2259111.html




発見した方は、元厚生労働省の国立感染症研究所で
呼吸器ウイルス研究室長だった、根路銘さんだそうです。

根路銘さんは、香港で鳥インフルエンザが発生した時に、
WHOのインフルエンザ・呼吸器ウイルスセンター長を兼務していて、
香港政府に145万羽の鶏の処分を説得されたそうです。

その根路銘さんが、(有)生物資源研究所を立ち上げて、
そこで、今回の発見をしたようです。


栴檀は、これまでも抗ガン作用もあることがわかっていたようですが、
インフルエンザにもかなりの効果があるようです。

インフルエンザには、ワクチンとタミフルなどで抑えることは出来ても、
菌自体を死滅させることが出来るものはないようですね。




ワクチンは特定のインフルエンザだけにしか効き目がないですし、
ある程度予想されていた、今流行し始めたインフルエンザを見てもわかるように、
ワクチンの開発は、感染患者から作られるものですから、
どうしても時間がかかってしまいますし、
次の新しいインフルエンザには当然のように効き目はありません。


また、タミフルは副作用もかなり報告されているようですし、
タミフル自体に菌を不活性(死滅)させる効力はなく、
他の細胞に移って、増殖するのを抑える効果だけですからね。




栴檀は、いろんなインフルエンザ自体を不活性にしてしまう効果があり、
発見では、葉などを煎じた水で1000倍くらいに薄めて、
噴霧するだけでもかなりの効果があるようです。

粉末にしても、5mgくらいの少量で効果があったようです。

これなら、木が植えてあって、その木に触れるだけでも効果があるんじゃないでしょうかね。

ということで、我が家では、ファームだけじゃなく、庭にも栴檀の木を植えてしまいました。


今回の騒動を見ていても、医療現場の関係者の話を聞いても、
ワクチンやタミフルは、どうしても使いたくない。
と思ってしまいますね。


自然はほんとに偉大です。
自然界に起こっていることは、
必ず自然界で解決できるようになっていますからね。



たまたま、生育が早い栴檀の木が欲しくて植えただけだったのですが。
調べていくうちに、いろんなすごい効用があることが分かってきました。


この木も、ファームにある木も、まだ幼木なので、
私も木に触ったり、葉に身体を近づけるくらいしかしていません

もう少し大きくなれば、葉や実を煎じてエキスを取り出すことも出来るようになるでしょう。


これからいろんなインフルエンザは流行するでしょうから、
心強い味方になってくれますね。


庭があれば、栴檀の木を植えて、
または、近くの栴檀の木を探して、
インフルエンザ対策をされることをお薦めします。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 22:00 | 福祉・介護 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
全世界の感染者30万人を突破 [2020年03月22日(Sun)]
新型コロナウイルス全世界の感染者30万人を突破したという。この新型肺炎は死亡率が高いことが特徴だ。

こんごの問題は、対抗ワクチンの開発との競争となるが、4月以降爆発的に拡大するかどうかが試金石となろう。

データ
ロシア・スプートニク2020年03月22日 15:59

新型コロナウイルスの感染者数が全世界で30万人を超えた。米ジョンズ・ホプキンズ大学の調べで明らかになった。

日本時間3月22日12時23分の時点で感染者数は30万7277人。そのうち9万2372人が完治。死者数は完治した人の約7分の1にあたる1万3048人。



アジアで新型コロナ第2波の可能性 疫学者が警告

感染者が一番多いのは中国で8万1345人。2位がイタリアの5万3578人で3位は米国の2万6747人。

さらに感染者の多い順に列挙するとスペインの2万5496人、ドイツ2万2364人、イラン2万0510人、フランス1万4485人、韓国8897人、英国5067人で、日本は1055人で、そのうち亡くなったのは35人で232人が完治している。

ロシアは現時点で306人の感染者が確認されており、16人が完治した。

世界保健機関(WHO)は3月11日、新型コロナウイルス感染状況はパンデミックになったと宣言している。

ロシアをはじめとする一連の諸国は感染状況がパンデミック化したことを背景に飛行機の乗り入れを著しく制限している。

航空各社は多くの便の運行取りやめを余儀なくされている他、鉄道もウイルスが蔓延している国との乗り入れを停止している。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 20:20 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml