CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
NY原油急落、一時1バレル=30ドル 4年ぶり安値 産油国の減産協議決裂 [2020年03月09日(Mon)]
原油価格が1バーレル当たり30ドルを付けた。この価格水準はかなりの安値となる。

アメリカの国内のオイルシールの生産コストが平均50ドル前後、最新の設備でも40ドル台であるから、長期化すれば生産者は休業、操業停止、廃業倒産となる。

トランプ氏の選挙地盤にオイルシール業者も含まれているから大統領選挙にも影響する

原油価格は天然ガス価格と連動するから、天然ガスを生産している露西亜にも飛び火し、天然ガスの価格が下落するとロシアも困ったことになる。

露西亜のプーチン氏も天然ガス価格の下落は輸出価格の下落を招き国庫に減少を招くから、傍観ということにはならぬであろう。

国内的には石油会社、石油開発会社の株価下落を招いている。野村原油も下落している。

データ
 毎日新聞2020年3月9日 09時44分


 8日のニューヨーク市場で原油先物相場が急落し、指標の米国産標準油種(WTI)の4月渡しが一時、1バレル=30・00ドルをつけた。

2016年2月以来ほぼ4年ぶりの安値水準で、前週末の終値からの下落率は3割近くに達した。産油国の協議が決裂し、供給過剰の懸念が高まった。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 13:47 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
北朝鮮 日本海に向け、飛翔体を発射 [2020年03月09日(Mon)]
全世界が新型肺炎で右往左往しているときに、ミサイル実験などしなくてもよさそうなものを。

北朝鮮は何を目的としているのであろうか。

データ
露西亜・スプートニク2020年03月09日 08:15

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が9日午前7時半ごろ、不特定飛翔体を数発発射した。韓国軍合同参謀本部が発表した。

韓国軍の合同参謀本部によれば、北朝鮮が東部のハムギョン南道(咸鏡南道)、ソンドク(宣徳)付近から飛翔体3発を発射した。

日本の海上保安庁は、発射されたミサイルは、日本海の排他的経済水域(EEZ)外に落下したとみられると発表した。

北朝鮮のミサイルは日本に到達しない? 防衛省開発の電波妨害システムとは

これより前、朝鮮中央通信は、北朝鮮が2日、長距離砲兵区分隊の火力打撃訓練場で演習を行い、これを金正恩氏が指揮したと報じた。

韓国と日本は、実際はミサイルの発射だったと発表している。韓国軍合同三方本部の発表では、飛翔体は 東部の元山(ウォンサン)付近から発射されている。

最高指導者金正恩氏の妹で朝鮮労働党中央委員会の第1副部長の金与正(キム・ヨジョン)氏は、軍事演習で砲弾が発射されるのは自衛行為であり、韓国の反応は単に状況を深刻化させるだけだとの声明を表していた。

kita3.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 13:28 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml