CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
アンジェスと大阪大学、新型コロナウイルスのワクチンを共同開発 [2020年03月05日(Thu)]
武田薬品が、新型コロナウイルス対策のためワクチンを製造することを発表している。おそらく武田薬品の湘南研究所が中心となっていると思われるが、すぐ隣に徳洲会の湘南鎌倉総合病院がある。

湘南鎌倉総合病院では新型コロナウイルスの患者の治療を受け入れており、すでに治療を開始している。この病院は呼吸器関係の隔離病棟を備えているので対応が可能である。

推定であるが、おそらく、病院側の医師団と武田薬品の研究者の間で情報の交換が行われているのであろう。
発表によると9ケ月くらいで製品化して出荷できるという。

大阪大学が速いか、武田薬品が速いか、世界の最先端をいく日本の医療技術によって中国のほか世界の新型コロナウイルスの蔓延を年末には抑えることが可能となろう。

データ
Reuters 2020/3/5


[東京 5日 ロイター] - アンジェス(4563.T)は5日、大阪大学と共同で新型コロナウイルス対策のための予防用DNAワクチンの開発を行うことを決定したと発表した。

両者のDNAプラスミド製品の開発実績を生かす。

DNAワクチンの製造は、不活化ウイルスをワクチンとする方法(弱毒化ワクチン)や遺伝子組換えウイルスタンパク質をワクチンとする方法に比べて、短期間で製造プロセスを確立することが可能という。

製造は、プラスミドDNAの製造技術と製造設備を持つタカラバイオ(4974.T)が担当する。

大阪大学大学院の森下竜一・医学系研究科臨床遺伝子治療学教授は記者会見で、共同開発するワクチンは短期間で大量生産することが可能とし、安全性が高く副作用も想定されないと説明した。

その上で、早ければ6カ月で臨床試験ができるとの見通しを示した。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 15:45 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml