CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
読書のすすめ「西洋医が教える、本当は速効で治る漢方」井齋偉矢著 [2020年01月26日(Sun)]
中国で肺炎が急速に拡散している。漢方の視点から書かれている本であるので紹介したい。
肺炎に関する書物であるので、小生も至急探して一読したい。

データ
2020・1・26
「サイエンス漢方処方が日本の医療を飛躍させる。」

肺炎を治癒させるものは抗菌薬ではない。

抗菌薬は細菌を死滅させるが、肺炎を治癒させるものではない。肺炎は宿主の免疫能により治癒に至る。著者、井齋偉矢氏の主張である。

原則通りの発言で、筆者も同意する。そして、「肺炎の治療に抗菌薬」という考えの中に西洋医学の限界がみられる。

感染症の発症と治癒過程はあくまでも生体と病原体の相互作用である。漢方薬は宿主の免疫能に関与する薬剤である。

井齋氏は<炎症><微小循環障害><水分代謝>をkey wordsとして漢方薬の機序を説く。

基礎的知見と実践に即した説得力のある記載である。井齋氏は講演で漢方薬の適応となる症状を、日常的な言葉で解説されている。

東洋医学の語彙を使用しないで漢方薬を使用できる方法を提示されている。

「東洋思想を切り捨てることで漢方は飛躍する」、井齋氏は断言する。しかし、井齋氏は漢方薬の背景となる東洋思想に精通していることを、筆者は付言しておく。

漢方とは現在の西洋医学の確立するはるか以前より続いてきた東アジア伝統医学が日本で発展したものである。

この伝統医学と西洋医学が統合されていることが日本の医療の優位点である。

本書には井齋偉矢氏の考えと実践が凝縮されている。すべての臨床医に読んでいただきたい著作である。適格な漢方処方が広がることが日本の医療の質をあげることにつながる。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 22:42 | 東洋医学 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
米国株下落、幅広い銘柄に売り 新型肺炎巡る懸念で [2020年01月26日(Sun)]
中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を世界が恐れている。肺炎は医療手段での治療の方法が難しい。若い人で軽度なならば助かるが、普通は難しい。

アメリカの株式がはっきりと反応した。現在のペスト菌に匹敵するおそろしさを感じる人が多いのではなかろうか。

肺炎という病状は、現代医学でも治療方法がはっきりと確立されていないだけに人々を恐怖心に陥れる。日本も思い切った感染の断絶の対策が必要となろう。

今後の動向を神経質にみて置く必要がある

データ
Reuters Staff2020.1.25


[ニューヨーク 24日 ロイター] - 米国株式市場は下落。中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を巡る懸念から幅広い銘柄に売りが広がった。

米疾病対策センター(CDC)がこの日、米国内で2人目の感染者を確認したと発表したことを受け、主要株価3指数は軒並み大きく下落。とりわけS&P総合500種の1日の下げ率は約3カ月ぶりの大きさとなった。

週足では、ダウ平均とS&Pが昨年8月以来の大幅な下げを記録。ナスダックも7週間ぶりに下落した。

レノックス・ウエルス・アドバイザーズの最高投資責任者、デービッド・カーター氏は「市場は不透明性を嫌う。新型コロナウイルスは市場にかなりの不透明性をもたらしている」と指摘した。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 21:47 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
富豪ジョージ・ソロス氏、トランプ氏とフェイスブックの「策略」を語る [2020年01月26日(Sun)]
ジョージ・ソロス氏は株式の売買で大富豪となったが、その資金を活用して政治にもかなり影響力を発揮していると見られている。

例えば、ウクライナの内戦にも裏から策謀し、反ロシア側の南ウクライナ地域の人々に資金援助とか軍事援助をしたらしいとの噂が流れていた。

彼には、様々な情報がはいっており、それを一部暴露するということはあり得ることではある。政治的策謀もする人物の発言だけに興味深い。

データ
ロシア・スプートニク2020年01月24日 21:20
筆者 : ブルームバーグ

89歳の富豪、ジョージ・ソロス氏は、フェイスブックはトランプ大統領の再選を手助けする、と語った。ソロス氏の「策略」説をブルームバーグが引用して伝えている。

ソロス氏は、「トランプ氏とフェイスブックはある種の非公式相互支援契約に向けて動いている。フェイスブックはトランプが再選するように機能し、トランプ氏はフェイスブックを守るだろう」と語った。

ブルームバーグは、ソロス氏は発言の根拠は何も示してないと指摘している。フェイスブック側は、ソロス氏の発言は「全く正しくない」とブルームバーグに対応した。


フェイスブック、政治広告販売の従業員へのボーナス廃止へ

フェイスブックに対する非難

フェイスブックは2016年、トランプ氏の勝利に貢献したとして非難された。偽ニュースに対処できず、これが最終的に米国市民の意見に影響を与えたとされている。

フェイスブックは2017年、政治的宣伝を扱うシステムを変更すると発表した。

この原因となったのは米国大統領選挙中に政治的宣伝を掲載したロシアの「トロール・ファーム(荒らし工場、情報工作組織)」の活動であり、フェイスブックによると、宣伝キャンペーンはロシアから調整され、470の偽アカウントを通して宣伝が拡散されたという。

宣伝には10万ドル(約1096万円)が費やされたとみられている。

Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 11:20 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml