CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
プーチン大統領と北村滋国家安全保障局長が会談 [2020年01月21日(Tue)]
北村局長にプーチン氏が直接会うということは、破格の待遇で、ロシア側の熱意を表したものとみてよいであろう。北村氏の発言力を重く見ているということでもあろう。

北村氏が安倍氏からの親書のようなものを手渡したのかどうかはわからない。露西亜の指導部の入れ替えの最中に時間を割いたことはさすがプーチン氏だといっていいだろう。

データ
ロシア・スプートニク2020年01月17日 06:10

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と日本の北村滋国家安全保障局長は、16日に行われた会談の際に、両国関係の発展の前向きな特徴について強調した。

会談の際、プーチン大統領は日本の安倍晋三首相に向け「最高の祝意」を表明した。同大統領は、露日関係の発展の前進を歓迎していると語った。

それに対し北村局長は、プーチン大統領に、ロシア政府の再編で大変な最中に会談の機会を設けてくれたことへの謝意を表明し、安倍首相からの挨拶を伝えた。

また、北村局長は、ロシア連邦安全保障会議のニコライ・パトルシェフ書記と建設的な会談を行い、両国が安全保障に関する問題で率直な意見交換を行なうことができたと述べた。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 17:35 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
中国で新型コロナウイルス肺炎で4人目死亡 [2020年01月21日(Tue)]
新型肺炎は怖い。肺炎を発病すると短期間で重症化して死に至るケースが多い。肺炎に対する人間の抵抗力が弱く、中国で発生している新型肺炎は要注意である。

データ
ロシア・スプートニク2020年01月21日 08:50

中国湖北省武漢市の当局は21日、新型コロナウイルスによる肺炎で新たに1人が19日に死亡したと発表した。

1月21日の時点で、中国での死者は4人となっている。香港、日本、タイでも感染が確認されている。


経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

2019年12月末に中国・武漢市では原因不明の肺炎が急発生した。1月9日、中国の疫学者らは流行の原因となった新型コロナウイルスを特定したことを発表した。

世界保健機構(WHO)は12日、中国当局から同日、発症者から検出したコロナウイルスの遺伝子情報の提供を受けたことを明かした。

関連ニュース

中国の新型肺炎 日本で初確認
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 13:11 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml