CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
金正恩氏、米に警告 敵対政策継続なら「非核化は永遠にない」 [2020年01月01日(Wed)]
北朝鮮の警告からみると、アメリカと北朝鮮の交渉は暗礁に乗り上げたということであろうか。

アメリカは、非核化が実現する前に経済制裁を解除するかどうかであるが、トランプはおそらく解除はしないであろう。

”恒久的な平和維持体制が構築されるまで”軍備を強化していくというのであるから、平和時の非核化は難しい。

データ
1/1(水) 13:10配信アメリカ CNN.co.jp


ワシントン(CNN) 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は12月31日、米国が敵対政策を続けるなら、朝鮮半島の非核化は「永遠にない」と警告した。朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた。


KCNAによると、正恩氏は党中央委員会総会で、国の長期的な安全を保障するためには、不断の警戒態勢を保ち、「米国の核の脅威を抑え込む強力な核抑止力」に頼る必要があると語った。

正恩氏はさらに「米国が敵対政策を撤回し、恒久的な平和維持体制が構築されるまで、国家安全保障に必要な戦略兵器を着実に開発していく」と表明。

近い将来に「世界は新たな戦略兵器を目にするだろう」と宣言した。

これに対し、ポンペオ米国務長官はFOXニュースの番組で、正恩氏が「そうした方向に向かわず、紛争や戦争よりも平和と繁栄を選ぶ」ことを望むと表明した。

ポンペオ氏はCBSテレビの番組でも、正恩氏が「正しい決断を下すことを期待している」と強調し、「金委員長がトランプ大統領との約束を破ったのであれば、深く失望する」と述べた。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 15:00 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
レバノン外務省筋、ゴーン被告が日本を出国し、レバノンに到着したことを通信社スプートニクに確認 近日中に記者会見を開く [2020年01月01日(Wed)]
2020年最初の報道としては、残念なニュースだが事実だからしょうがない。

想像であるがアメリカ軍の基地から脱出したか。アメリカ軍の基地の米国人の入出国は日本は関与できないと一瞬思ったが、アメリカが犯罪容疑者のゴーンを助ける理由がないのでこの線はなかろう。

航空機にて出国しているので空港などでは、ゴーンは出国できないはずだ。またしても変装して偽名で出国したのであろうか。

出国したルートは突き止め、幇助したものに対しては厳罰を持って対応すべきだ。これを例にして保釈中の犯罪者が真似をするであろうから。

これで、日本の司法は硬化するであろう。ゴーンが復活する可能性は全くなくなった。

レバノンに対しては、身柄の引き渡しを要求し、入れられないときは大使の引き上げ、国交断絶するべきであろう。日本の矜恃のためにも。



データ
露西亜・スプートニク2019年12月31日 16:00
日産ゴーン事件

レバノン外務省筋は通信社スプートニクに、 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告はレバノンにおり、同国のミシェル・アウン大統領とすでに面会したと語った。

ゴーン被告はレバノン国籍を持っており、幼少期をレバノンで過ごした。

消息筋はゴーン被告について「彼は到着した。詳細はない。だが最近、彼は(レバノンに)戻り、レバノン大統領と面会した」と述べた。

先に、ゴーン被告が、海外渡航を禁じた保釈条件に反して日本を出国し、中東のレバノンに入国したと報じられた。

ゴーン被告はフランス国籍、ブラジル国籍、レバノン国籍を持っている。被告は、日本を出国し、「政治的迫害から逃れた」との声明を表した。

消息筋によると、ゴーン被告は近日中に記者会見を開く予定。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 00:03 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml