CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
露潜水艦2艦が北極海で「決闘」 [2019年11月12日(Tue)]
日本の海上自衛隊の新型潜水艦は、対潜水艦戦に対して強い攻撃力を持っているといわれている。

弾道ミサイルを積む設計になっていないが、魚雷など対潜戦闘能力に重点を置いているという。

誘導ミサイル型魚雷などの性能は機密事項で公表されていないが、戦闘能力は世界でもトップクラスという。

弾道ミサイル、巡航ミサイルを搭載できる潜水艦は日本にはないが、技術水準から言えばいつでも建造できるレベルにあると思う。
rosia8.jpg
データ
露西亜・スプートニク2019年11月11日 19:15

ロシア海軍北方艦隊の原子力潜水艦「プスコフ」と「ニジニ・ノヴゴロド」がバレンツ海(北極海の一部)での演習で「決闘」を行った。北方艦隊のワジム・セルガ広報官が発表した。


この「決闘」は演習の一環として行われた。北方艦隊の広報官によると、第1段階では水中目標に対し探信音が発信され、第2段階で訓練用魚雷が発射された。

さらに、これら2艦の潜水艦は数日間、お互いに仮想敵艦の役割を担い、艦の捜索や追跡演習を行った。また、軍事演習と攻撃演習も行っている。

先に伝えられたところによると、ロシア黒海艦隊の潜水艦「コルピノ」は、黒海での軍事訓練で巡航ミサイル「カリブル」を発射した。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 11:03 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml