CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ランキング東大超え。世界から一流研究者が殺到する沖縄科学技術大学院大学が急成長を遂げた秘密 [2019年10月17日(Thu)]
沖縄県にすごい大学が出現した。沖縄県恩納村にある沖縄科学技術大学院大学、通称OIST

データ
三ツ村 崇志 2019/10/17 05:00

コピーライトマーク 提供:OIST OISTは2011年の設立。初代の機構長は、2002年にノーベル生理学・医学賞を受賞したシドニー・ブレナー博士が務めた。

10月8日、一つの大学院大学の発表が注目を集めた。

沖縄県恩納村にある沖縄科学技術大学院大学、通称OISTがバクテリアを利用した低コストの排水処理装置の製造を目的とした大学発スタートアップ企業、BioAlchemyの設立を発表した。

OISTの設立は8年前。今、急成長を遂げており、アカデミアの世界では脚光を浴びている私立大学だ。

2019年6月にはイギリスのシュプリンガー・ネイチャー社が発表した質の高い論文の割合が高い研究機関ランキングで東京大学の40位を上回る日本トップの9位にも選出された。

同大学院広報は「こういったランキングが出たことで、対外的にOISTの成功をアピールする指標が得られたと思っています」と話す。

急成長支える潤沢な研究資金

2019年6月に発表された質の高い論文の割合が高い研究機関ランキング。発表当初、OISTの順位は10位だったが、8月に修正されて9位となった。

OISTが設立からたった8年でここまでの成功を納めた理由は、なんといってもその豊富な資金力にある。

予算の大部分は、沖縄科学技術大学院大学学園法によって定められた補助金によるものだ。
この潤沢な資金を武器に、OISTは創設時から世界トップレベルの研究機関を目指してきた。

在籍する研究者は74人。うち、外国人は44名。出身国は15カ国以上にのぼる。

また、理事には、素粒子の一つである「クォーク」に関する研究で1990年にノーベル物理学賞を受賞したジェローム・フリードマン博士や、細胞の表面についた「イオンチャネル」と呼ばれるタンパク質の機能に関する研究で1991年にノーベル生理学・医学賞を受賞したエルヴィン・ネーアー博士などが名を連ねている。

OISTではこうした世界的に著名な研究者や最先端分野の研究者の招聘(しょうへい)、大学への設備投資を進めてきた。この補助金は研究費としても利用されている。

2018年度は、大学の運営費や研究費など含めた約200億円が補助金で賄われた。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 17:09 | 読書のすすめ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
露中  新たな軍事協力の段階へ [2019年10月17日(Thu)]
ミサイル攻撃警告システムの開発をロシアと中国で行うという。既にロシアはそのシステムを作り上げ実戦配備している。現在は米ロだけだがそれに中国が加わることになる。

米ロ中にて警告システムが稼働すれば、3国間のミサイルによる先制攻撃はできなくなるであろう。すでに原潜からの弾道ミサイルシステムを作り上げているが、さらに相互の攻撃が難しくなる。

それより、中ロの団結を世界に示す狙いがあるということであろう。


データ
Sputnik2019年10月16日 21:00

安倍首相は、「日本政府はロシアとの会談を、領土問題の解決と平和条約締結に向けて新たなレベルに引き上げる意向」と第二百回国会の所信表明演説の中で再度述べた。

停滞気味な露日関係とは対照的に、順調な露中関係が目立つ。今度は軍事関係においてだ。

ロシアは中国に対し、ミサイル攻撃警告システムの開発に協力する。

プーチン露大統領は第16回ヴァルダイ会議の討論においてそのように発言し、「これは大変大きなことだ。中国の防衛能力を大幅に、根本的に向上させる。現在このシステムを持っているのはアメリカとロシアだけだ」と述べた。

ミサイル宇宙防衛システムの構築を担当する国家間企業「ヴィンペル」のセルゲイ・ボヨフ社長は、現在、同企業の専門家らが中国のミサイル攻撃警告システムのシミュレーションを行っていると伝えた。

パワーバランス
アジアへの米国のミサイル配備 日本は核対立の中心となるのか

ロシアもアメリカも、ミサイル攻撃警告システムは、赤外線センターでミサイル発射を監視する衛星と、数千qにわたって空中および宇宙空間のいかなる動きも追跡可能なレーダーで構成されている。

3つ目の、おそらく最重要な要素はコンピューターセンターだ。ミサイル攻撃の際に発生する膨大な量の情報を迅速に処理し、文字通り数分でその結果を軍・政治幹部に提示する。

それを受けた幹部は、報復攻撃をするか、ミサイル防衛システムで打ち返すかを判断する。

中国は公式に、無条件の核の先制不使用を宣言している。しかし現在まで中国には完全な形でのミサイル攻撃警告システムはなかった。

そのため中国は首根っこを掴まれ、敵からの一発攻撃で終わる可能性もあった。今後、ミサイル攻撃警告システムを展開することで中国の報復あるいは迎撃能力を大きく向上する。

このような可能性は、ソ米関係において機能していた相互の核抑止の基礎となる。

これで中国と米国の核パワーは互角になり、さらに、極東においては中国・ロシアの軍事能力と、米国・日本の軍事能力がより拮抗しつつあると言える。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 11:22 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml