CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
米国のホームレスが2.7%増、カリフォルニア州の増加響く [2019年12月23日(Mon)]
亜米利加という国は、市民・国民にとって幸せな国なのであろうか。

学資ローン、病気になり多額の医療費の負担などにより自己破産の宣言をする人も多いという。

データ
亜米利加/CNN 2019.12.22 Sun posted at 18:00 JST

米住宅都市開発省の調査によれば、一夜でもホームレスの状態を経験した人の数は前年比2.7%増加した

米住宅都市開発省の調査によれば、一夜でもホームレスの状態を経験した人の数は前年比2.7%増加した

(CNN) 米住宅都市開発省は22日までに、全米規模でのホームレスの人数が今年これまで、前年比で2.7%増を記録したと報告した。

カリフォルニア州での増加が押し上げ要因で、ベン・カーソン同省長官は報道発表文で住宅費が極めて高い西海岸地域で増え続けていると指摘。

「同州のホームレスの問題は実際、危機的な水準にあり、地元自治体や州政府は緊急対策に等しい対応を迫られている」と主張した。

同省によると、今年これまで一夜でもホームレスの状態を経験した住民数は全米規模で計56万7715人。前年比で1万4885人増だった。

amerika2.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 12:01 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
北極海の氷河が海へと猛スピードで溶け出す様子 [2019年12月21日(Sat)]
地球温暖化の問題は奥が深い。水面が少しずつ上昇しているが、それが加速すれば、水没する陸地が増大するのではないか。日本の沿岸地帯もそのリスクがある

日本政府は
100年先の子孫のための対策を必要としている

露西亜・スプートニク 2019年12月20日 19:50

米研究者らは、北極海に位置するバビロフ氷帽が、海へと猛スピードで溶け出す様子を宇宙から撮影した。この動画は、ユーチューブの「米国地球物理学連合」チャンネルで公開されている。

研究者らは、年とともに氷の流れはますます速くなり、海面上昇につながる可能性があると指摘している。


研究者らは、バビロフ氷帽の西側のほぼすべての部分が海へ流れ出たと推測している。


そうだとすれば、この氷帽は2013年以降、その質量のほぼ11%にあたる95億トンの氷を失ったことになる。

バビロフ氷帽はセヴェルナヤ・ゼムリャ諸島の1島の西岸に舌のように突き出している氷河の塊。

これが徐々に海へと溶けだしている。

この調査を行った研究者らは、これまで行った氷河の観測の中でバビロフ氷帽ほどの速度で氷が海へと溶けだしている例は他にないと書いている。

この調査結果から研究者らは、現在安定している他の氷河も海に流れ始め、その質量を失うのではという懸念を抱いている。 
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 20:35 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日本の国際競争力のランクはどのレベルなのかーーー国際競争力ランキング日本は世界で30位 [2019年11月13日(Wed)]
日本が国際競争力で外国からどのように評価を受けているのかシッカリ見ておくことだ。甘い判断をして自画自賛しているだけでは世界から遅れていく。

福祉国家といわれる北欧諸国、アイルランド、デンマーク、スエーデン、ノルウエイなども8位ー11位くらいの順位となっている。

「国際競争力ランキング」(スイスのビジネススクールIMDが6月に発表)でも、日本のランクは63か国中30位で、中国(14位)はもちろん、韓国(28位)やタイ(25位)よりも評価が低いという結果になった。

<国際競争力ランキング>

1位 シンガポール
2位 香港
3位 アメリカ
4位 スイス
5位 アラブ首長国連邦
6位 オランダ
7位 アイルランド
8位 デンマーク
9位 スウェーデン
10位カタール
11位ノルウェー
12位ルクセンブルク
13位カナダ
14位中国
……
25位タイ
26位サウジアラビア
27位ベルギー
28位韓国
29位リトアニア
30位日本
……
63位ベネズエラ

「日本はもはや憧れの国ではない」

「こうした指標から見ても『貧しいアジア諸国から憧れの日本に働きにいく』という構図が過去のものであることは明らか。

不動産ビジネスを展開する中国人など、資金力のない日本人に代わって、資金力と商才のある中国人が日本でビジネスを展開しているという構図です」

「日本はもはや憧れの国ではない」という現実を踏まえ、そのうえで外国人が働きやすい環境づくりを目指していくことが、日本が生き延びる道なのだ。

データ
スイスのビジネススクールIMDが6月に発表
ハーバービジネス・オンライン 2019・11・13
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 13:28 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日本は外国人が働きたいと思う國かどうか  外国人が働きたい国ランキング32位という順位 [2019年11月13日(Wed)]
日本が外国人から見て、働きたい国、住んでみたい国となっているのかどうか冷静にみておくことが大切である。

 イギリスの金融大手・HSBCホールディングスが7月に発表した「HSBC2019 Global Report」によれば、各国の企業の海外駐在員たちが「住んでみたい・働いてみたい」とする国のランキングで、日本は調査に必要なサンプル数を満たした33カ国32位という結果となった。

<外国人が働きたい国ランキング>

1位 スイス
2位 シンガポール
3位 カナダ
4位 スペイン
5位 ニュージーランド
6位 オーストラリア
7位 トルコ
8位 ドイツ
9位 アラブ首長国連邦
10位ベトナム
11位バーレーン
12位マン島(英王室属領)
13位ポーランド
14位アイルランド
15位香港
16位マレーシア
17位フランス
18位インド
19位ジャージー(英王室属領)
20位スウェーデン
21位メキシコ
22位タイ
23位アメリカ
24位フィリピン
25位ガーンジー(英王室属領)
26位中国
27位イギリス
28位イタリア
29位サウジアラビア
30位南アフリカ
31位インドネシア
32位日本
33位ブラジル
様々な要因で日本は最下位目前

データ
ハーバー・ビジネス・オンライン 2019.11.13 HSBC2019 Global Report
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 13:17 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
米軍の自殺者、増加傾向止まらず 昨年は541人 [2019年09月28日(Sat)]
先日、アメリカの空母で連続して4名の自殺者を出したことが報じられていた。軍隊という組織の中でなにかの歯車が狂い始めているということである。

軍隊の自壊ともいう現象である。第一次世界大戦の折にもドイツ軍の兵士の厭戦ムードがドイツ軍の自壊を起すきっかけとなっている。

アメリカ海軍のイージス艦などの連続した衝突事故なども、かなりおかしい事態である。最強と言われるイージス艦が単なる衝突を起すこと事態そのものがたるんでいることにもなるが、その軍艦の衝突したあとの創傷も大きい。これも問題となる。

データ
9/27(金) 15:40配信CNN.co.jp

ワシントン(CNN) 米軍で2018年の1年間に自殺した兵士が541人に達したことが、米国防総省が26日に発表した報告書で分かった。

エスパー国防長官は25日、記者団に対して「今後のさらなる自殺を防ぐための答えが出せればいいのだが、それができない。若者の自殺という、いわば国家的疫病にわれわれは足を取られている。しかも若者だけにとどまらない」と語った。

2017年の自殺者は511人だった。18年は特に、現役兵の自殺の増加が目立つ。

18年に自殺した現役兵は325人と、前年の285人、16年の280人に比べて急増した。

一方、予備役の自殺は18年が81人、17年が93人、16年は80人だった。州兵の自殺は18年が135人、17年が133人、16年が122人となっている。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 13:17 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日韓の識者に聞く二国間協議の行方「徴用工問題の進展なければ、WTO紛争は宙に浮く [2019年09月27日(Fri)]
ロシアの通信社の報道だが、筆者は徳川あすかという方が書いている。文政権のブレーンであったたまねぎ男が検察とのバトルとなっているので少しは流れが変わるかもしれない。

文政権は,反日に世論を煽ったつけが自分自身に帰り、政治的に解決することを難しくしてしまっている。

データ
ロシアスプートニク 2019年09月27日 10:25

今月11日、韓国は、日本の輸出管理厳格化は協定に違反するとして、世界貿易機関(WTO)に提訴した。

これに対し日本は20日、韓国が求めた二国間協議に応じると表明した。

両国民の反韓・反日感情も後押しし、ますます先鋭化する日韓対立だが、日本が協議開始に応じたことは、「雪解け」の始まりとなるのだろうか。

スプートニクは二国間協議の見通しと紛争解決の可能性について、日本と韓国の専門家にそれぞれ話を聞いた。

韓国経済に詳しい、日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所の渡邉雄一氏は、「日韓の主張は平行線。徴用工問題で進展がなければ、WTO紛争は宙に浮く」と指摘している。




韓国大統領 国連総会で演説 日本への直接批判避ける

渡邉氏「今回のケースは韓国が日本側の『政治的動機』に基づく報復措置を争点化しているのに対して、日本は『安全保障上』の措置と反論しており、これまでもこれからも、両者の主張は平行線を辿るでしょう。

WTOにとっても、このような外交問題や安全保障が複雑に絡む案件の取り扱いは難しく、審理は難航することが予想されます。」

tamago2.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 11:16 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
カリフォルニア地震で再浮上した「人類滅亡」のシナリオ [2019年09月26日(Thu)]




データ
Forbes 2019.9.26


米国が独立記念日の祝日を迎えた7月4日、カリフォルニア州南部でマグニチュード(M)6.4の地震があった。

現地では過去20年間で最大規模の地震で、少なくとも数人が負傷し、火災も発生した。

さらにその翌日の5日には同じくカリフォルニア州南部でM7.1の余震が発生。40秒以上も続いた揺れにより、ラスベガスで開催中のNBAのサマーリーグでは、一部の試合が打ち切られた。

現地の模様はSNSを通じて広く拡散され、ネット上では恐怖が広がった。その余波はインターネットユーザーの検索動向にも反映されている。

グーグルトレンドでは、地震発生以降に「スーパーボルケーノ(超巨大火山)」関連の検索回数が急上昇したことが確認された。

スーパーボルケーノという言葉は、インターネットの利用時間が長い人々にはおなじみのワードだ。

地震が引き金となり「イエローストーンのスーパーボルケーノ(超巨大火山)が噴火する」という説は、以前から繰り返し述べられてきた人類滅亡のシナリオだ。

米中西部の3州にまたがるイエローストーン国立公園は、かつて巨大な火山があった地域だ。

イエローストーンが万が一噴火した場合、240立方マイル(約1000立方キロメートル)のマグマが噴出し、数十年間に渡って「火山の冬」が地球を覆い、複数の州にまたがるほどのクレーターが出現するとされる。

しかし、米地質調査所の発表によると近い将来、イエローストーンで巨大噴火が起きる確率は73万分の1(0.00014%)で、壊滅的な小惑星の衝突が起きる確率とほぼ同じだという。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 12:00 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
米スリーマイル島原発を正式閉鎖、79年に炉心溶融事故 [2019年09月22日(Sun)]
スリーマイル原発事故から、40年にして閉鎖が決定した。除染に約1300億円かかり、放射性物質の除去されるには2078年までかかるという。

これから約60年間もかかるという。原発事故の後処理がいかに大変かということであろう。

データ
9/21(土) 16:09配信CNN.co.jp

(CNN) 炉心溶融事故を1979年に起こした米ペンシルベニア州のスリーマイル島原子力発電所の運営企業は同原発が20日に正式に閉鎖されたと発表した。

同企業「エクセロン・ジェネレーション」の報道担当者がCNNに確認した。

同社は今年5月、温室効果ガスを排出しない電源としての優遇措置の供与に州政府が消極的だなどして同原発を9月30日までに正式閉鎖すると発表。

2017年5月には原発は5年間採算が取れていないとし、州政府の政策に変更がない場合、閉鎖するとの方針も示していた。

原発では今後数十年間、除染の完全達成を目指す作業が続く見通し。必要な経費は約12億ドル(約1296億円)と想定されている。

全ての放射性物質の除去は2078年までかかるとも推定している。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 13:49 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
7月の米国債保有額、 首位は日本 前月比79億ドル増の1兆1300億ドルで、 2カ月連続で首位 ロシアは85億ドルに減少 [2019年09月20日(Fri)]
日本はアメリカと心中することになるのか。米国債がデフルトで紙くずになれば、日本は1兆1300億ドルが消えてなくなる。100兆円以上がなくなることになるか。

中国も大量の米国債を保有しているが、アメリカの商品を買い取るときには、米国債を売却して支払いに充てているようだ。自由に売却することができるようだ。

日本は、アメリカから売却をストップされているのか、売却できず増加の一途である。

データ
ロシア・スプートニク2019年09月18日 15:47

ロシアの7月の米国債保有額は85億ドルで、減少傾向が続いている。米財務省が発表した。

85億ドルのうち62億3900万ドルは長期債、22億6200万ドルは短期債。ロシアの米国債保有額は6月の108億5000万ドルから23億5000万ドル減少した。

ロシアは、米国債保有国上位30カ国に入っていない。ロシアは2018年4月から米国債保有額を大幅に減らしている。

日本の7月の米国債保有額は前月比79億ドル増の1兆1300億ドルで、2カ月連続で首位。

2位は中国(1兆1100億ドル)、3位は英国(64億ドル減少して3347億ドル)。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 11:26 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
英「強硬的」EU離脱は2008年リーマンショックと匹敵するほど、金融市場に影響する可能性  ソシエテ・ジェネラルの見解 [2019年09月14日(Sat)]
イギリスの強固なEUからの離脱は、その影響は予測不可能としながら、リーマンショックに匹敵する打撃を世界経済に与えるだろうと予測している。

イギリスのトランプと言われるジョンソン首相が強引な離脱を実施すれば、その影響は計り知れないと言うことである。

彼は合意なき離脱を期待されてイギリスの首相になったという経緯があり、おそらく合意なき離脱を来年早々に実行するリスクがある。

フランスはデモ隊に囲まれ、ドイツは右派の台頭が起こり、ヨーロッパは騒然としてくる。

saikuron1.jpg

データ
ロシア・スプートニク2019年09月13日 18:03

「短期的には、2008年のリーマンショックに匹敵し得るグローバル経済の最大リスクは、英国が条件に関する合意の批准をしないままEUから離脱することだ」。

ソシエテ・ジェネラルのロレンツォ・ビニ・スマギ会長はリア・ノーボスチの取材に応じ、このように述べた。

ビニ・スマギ会長は、「グローバル経済にいくつかのリスクが存在する。短期的にはその中で最大のものが、ブレグジット(英国のEU離脱)だ。

なぜなら世界経済に与える影響がどれほどのものか、予測が難しいからだ。ファンダメンタルズ(編集部注:世界経済基礎事項)への精神的影響、景気への影響は非常に強いかもしれない。

金融市場への影響も同じく大変破壊的だろう、過去の例では例えば2008年のリーマンブラザーズのように。大変注意深く、このプロセスを見守っていかなければならない」と語った。


米中の貿易摩擦 2020年の世界経済を0.8%押し下げ=IMF

ブレクジットの文脈でリーマンショックの話が出たことに関連し、英国の「強硬的な」EU離脱による精神的・経済的効果は、本当にリーマンショックと同じくらい強いのか、という質問に対してビニ・スマギ氏は、「予測が大変難しい。(編集部注:リーマンショック時に)人々が職を失い、銀行の行列に並ぶテレビの映像を覚えているかい。あれは本当に投資家の気分に影響を与えた」と答えた。

「今後英国で、人びとが移動する際や店で食品を探すのに何らかの困難が生じるとしたら、今日のグローバルメディアの環境では、グローバル経済、実質経済、同様に金融セクターにも影響する可能性がある」とビニ・スマギ氏は続けた。

英国はEUから10月31日に離脱予定だが、英国議会は、EUとの合意案が10月19日までに承認されない場合、合意なき離脱を防止する法を採択した。

その場合、英国はEU離脱期限の延期を申請しなければならない。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 13:04 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml