CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
中國政府の見方 米朝首脳会談 中止 中国、米揺さぶり警戒 「双方歩み寄り期待」 [2018年05月28日(Mon)]


trump-kim-jong-un-split-cnn.jpg




 【北京・河津啓介】中国はトランプ米大統領が米朝首脳会談の中止を表明した後、米朝双方に歩み寄りを促し、直接対話の実現を呼びかけ続ける姿勢を示した。

北朝鮮の後ろ盾である中国は、同時に対米関係の安定を最重要の外交課題としている。

米朝間の亀裂が深まれば、中国は難しい立場に置かれるだけに、米国の揺さぶりに警戒感がにじんだ。

 中国外務省の陸慷(りくこう)報道局長は25日の定例記者会見で、米朝両首脳が将来の対話の可能性を否定していない点を重ねて強調。

「双方が歩み寄り、対話による解決に取り組むよう強く希望する」と会談の再設定を求めた。

 中国メディアは24日夜、会談中止を速報したが、中国側が公式見解を表明したのは25日午後3時(日本時間同4時)の陸氏の会見が初めて。

事態の急変を慎重に見極める姿勢がうかがえた。

 中国は米朝首脳会談に向け、北朝鮮を後ろ盾として支え、会談後の制裁緩和も見据えて存在感を発揮するシナリオを描いていた。

データ
毎日新聞2018年5月26日 東京朝刊

付記
米朝首脳会談は開催するしかあるまい。

中止の申し入れは、トランプの不動産取引の手法で、相手を驚かせ譲歩を得るための方法なのであろうが、外交にこのような取引手法が登場するとはーーーーー。

水面下でどのような合意がなされるのか。一つの国の体制―独裁政権ー を民主主義のアメリカが保証するとは、どういうことになるのか。

また、大統領権限でそんなことが可能ということにはならないだろう。
リビアの二の舞になれば、朝鮮半島は収拾がつかない戦場となるリスクを負う。

北朝鮮にとっても難しい綱渡りで、外交交渉力が試される時でもある。
pensu.jpg
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 10:07 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/988
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml