CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
米朝会談へ「確固たる意志」=金正恩氏、成功向け韓国大統領と協議 [2018年05月27日(Sun)]

bunn1.jpg


26日、板門店で、握手する韓国の文在寅大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(AFP=時事)

 【ソウル時事】北朝鮮の朝鮮中央通信は27日、金正恩朝鮮労働党委員長が26日に板門店で行われた韓国の文在寅大統領との会談で、「歴史的な朝米首脳会談への確固たる意志」を表明したと報じた。

両首脳は、米朝会談の成功裏の開催や朝鮮半島の非核化実現などに向け、意見交換。正恩氏は「朝米関係改善と朝鮮半島の恒久的で強固な平和体制構築のため、今後も積極的に協力していこう」と述べたという。

北朝鮮、対米交渉へ局面打開図る=「仲介役」と連携


 トランプ米大統領が6月12日に予定されていた米朝首脳会談の中止を表明し、緊張の高まりが懸念される中、対話を維持する姿勢を強調した形だ。

 会談ではまた、4月の前回会談で署名された「板門店宣言」の早期履行のため努力していくことで合意。

6月1日に高官級(閣僚級)会談を開き、軍事当局者会談、赤十字会談など部門別の会談も開催する方針を確認した。

データ
時事通信(2018/05/27-08:58)

付記
韓国の文大統領は、トランプ大統領に平手打ちをくらわらされたが、すぐ金正恩と会談している。

米朝首脳会談には文大統領がその間に立って調整したものであるから、その実現は本人にとっても是非やり遂げたいところである。

韓国は平和のうちに南北を統一するのが悲願であり、文大統領は非核化の問題よりも南北統一が優先していると思われる。

歴史の大舞台となるだろう米朝首脳会談実現までには、さまざまな駆け引きが続行するが最終的には実現するであろう。

北朝鮮はアメリカを交渉のテーブルに着かせることが目的で核開発をしてきたのであり、それを交渉の有力な武器として使うつもりであろう。

リビア、イラク、の例を見るまでもなく、アメリカは決してやさしい国家ではなく、非常に非道な国家であることを認識して、朝鮮民族はアメリカにあたらねばならない。


atorannpu2.jpg
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 10:55 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/986
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml