CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
散歩のすすめ  三浦半島 油壺の湯を散歩 海の見える海洋泉 油壺の湯 観潮荘 [2016年09月09日(Fri)]
散歩のすすめ  三浦半島 油壺の湯を散歩
海の見える海洋泉 油壺の湯 観潮荘
ホテル京急油壺 観潮荘
<
神奈川県 三浦市油壺 海の見える海洋泉 油壺の湯 
海洋泉すなわち汐湯である。海水を沸かして湯としたもので、 日本全国あまりない“汐湯”である。この汐湯が又良いのである。
ご承知の通り、海水には様々な要素が溶け込んでおり、昔から夏に 海水浴をしたら風邪をひかない丈夫な身体が出来ると言われている ように、身体には温泉に入るのと同等な効果が期待できると思う。
 また、観潮荘の浴場からは、オーシャンビューの絶景露天風呂から 海を眺めながら、ゆったりと湯につかるのがよい。眼下に広がる海を眺め、 ヨットとか漁船が行き交うのを眺め、潮風にあたると心地よい気分になる。
湯温は少し高いのが玉に傷で、もっと低い温度の方が良い。サウナ風呂も 併設されておりサウナ好きの人には至りつくせりである。
ホテル京急油壺 観潮荘の名の通り、宿泊施設も有り、もちろん食事もできる。 海の幸をふんだんに取り入れた料理が並ぶので、汐湯につかり、 うまい魚を食するのもよい。
日帰り入浴もでき、1回千円である。時間制限は特にない。休憩所もあり、 入浴の後はごろりと寝て冷ますのもいい。もう海に入って海水浴は ちょっとという方にはこの汐湯がよい。

汐湯凪の音
 小生が汐湯を好むのは、実は九州の佐賀県唐津市にある唐津網元の湯  汐湯凪の音という旅館があり、ここの汐湯につかってから病みつきとなった。
この汐湯は、唐津湾の沖の2km以上先から海水をくみ上げ、沸かしており、 明治の初めから続いている湯である。唐津市の有名な虹の松原の一角にあり、 旅館は砂浜の端に建ち海が一望である。浴場からも砂浜と海が眺望できる。
ここの汐湯は少しぬるめで、この湯につかっていると疲れが取れる。 湯船も昔は浅く、身体を延ばしてゆったりと浸かることが出来た。 これがいいのだ。
すこし柔らかい湯にゆったりと浸かり、海を眺めているとすがすがしい 気分となる。
 小生が通っていた当時は小さな旅館であったが近年は建て替え立派な 旅館となっているようである。昔から、料理も海の幸がいっぱいの おいしい料理であった。 唐津街道の宿周辺には、野崎蒲鉾店、アワビ料理専門店魚又、 銀すし、三郎すし等がある。

唐津網元の宿汐湯凪の音
佐賀県唐津市浜玉町浜崎1613   TEL0955−56−7007 
 露天風呂から海一望
アクセス JR筑肥線 浜崎駅より10分 2食付き14000円から


新鮮活魚と海水風呂の宿 ホテル京急油壺 観潮荘
神奈川県三浦市三崎町小綱代1152 TEL046−881-5211
アクセス 京急線 三崎口より京急バス 終点油壺下車 5分
近くに 京急マリンパークがある。

唐津網元の宿汐湯凪の音の露天風呂
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 08:31 | 街道を走る | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/87
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml