CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
赤身の肉や乳製品の摂取頻度を引き下げるよう勧めれている [2018年02月07日(Wed)]
ukuraina 1.jpg
カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究で、体内組織のコレステロールの量があまりに増大すると、大腸ガンの増殖速度が100倍以上にもなることが明らかにされた。

ポータル「サイエンス・アラート」に研究結果が発表されている。



実験では2グループのマウスが使われた。一方には高コレステロールの食事が与えられ、もう一方には特別な酵素をカットしたため、これにより、コレステロール値が上げられた。

その結果、すべてのマウスで幹細胞の分裂が活性化し、これから腸の組織が成長し、腸自体も長くなった。こうしたすべてが相まって、大腸に急速にがん細胞が生成された。



塩分のとりすぎが認知症を引き起こす理由が明らかに

学説では脂肪、トランス脂肪酸またはある種の炭水化物を豊富に含む食物は体内のコレステロール値を引き上げてしまう働きがあると書かれている。

このことから専門家の多くは、赤身の肉や乳製品の摂取頻度を引き下げるよう勧めれている。
Posted by ゆう東洋医学研究所 at 12:22 | 東洋医学 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/medicalyou/archive/746
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
https://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml